広告

スープジャーの温め直しに電子レンジはキケン!?保温性を高めるコツ

お弁当と一緒に食べようと思って用意したスープジャーがすっかり冷めていた!なんて経験はありませんか?

汁物を温めるのに、私たちはよく電子レンジを使いますが、実はスープジャーのまま電子レンジで温めると危険なんです!

ケガや故障もなく安全に、そしてもちろんスープが冷めないように使いたいですよね。そのためには、どのようにしたらいいのでしょうか?

実は、明日からすぐできるちょっとしたコツがあるんです。

というわけで今回は、スープジャーを電子レンジで温め直すと危険な理由と、保温性を高めるちょっとしたコツを紹介します!

 

 

スープジャーを電子レンジで温め直すのは危険?

スープジャーを電子レンジで温めると危険です。

電子レンジで温めると、火花が飛んで、ケガや故障の原因になります。

スープジャーは、内側がステンレスでできているものが多いのですが、それが関係しています。こちらについては後で説明しますね。

それでは、どうやって温め直すのがよいのでしょうか?

スープジャーが冷めてしまったときの安全な温め方として、いくつか方法があります。

 

別の容器に移し替えて温める

とても単純で簡単な方法ですが、電子レンジOKの別の容器に移し替えて温める方法です。

普段から使っている器や容器に入れて温めれば、不安になることなく安全に使えますね。

ですが、洗い物も増えますし、電子レンジOKの器がないときは不便かもしれません。

 

電子レンジOKのスープジャーを使う

電子レンジOKのスープジャーを使うことも、1つの方法です。

今では電子レンジ対応のスープジャーも販売されています。「ランチジャー」とも言うそうです。

【Only Meier 保温ランチジャー】

引用:楽天市場

電子レンジ対応のスープジャーは、ステンレス製ではないので、保温性は落ちてしまいます。

スープジャーを使うメリットは、時間がたっても、熱いまま入れたスープが冷めないところですよね。

電子レンジOKだとしても、スープが冷めやすかったら、熱いスープを入れた意味がないように感じてしまいます。

 

 

スープジャーの保温性を高めるコツとは

やはり、スープジャーが冷めてしまうと、温め直すのに少し手間がかかります。

スープジャーの使い方に気を付けて、冷めないように、温度をできるだけキープするのがよさそうです。

保温性を高めるために、すぐできるちょっとしたコツを紹介していきますね。

 

沸騰したお湯で予熱をする

スープを入れる前に、沸騰したお湯を入れて、スープジャーそのものを温めておきます

お湯を入れたら、ふたを開けたまま2~3分おいて温めましょう。こうすることで、入れたスープが冷めにくくなります。

 

しっかり加熱したスープを入れる

スープは入れる前にしっかり加熱して温めておきましょう。

十分に温めておくことで、冷めにくくなります

予熱したスープジャーがさめる前にスープを入れて、すぐにふたを閉めましょう。

そして、入れるスープの量は「たっぷり」です。スープジャーは、内側に止水部があります。その1センチ下まで入れましょう。

入れすぎると溢れてしまいますが、少なすぎは冷めやすい原因になります

 

専用のケースを使う

スープジャーもスープもしっかり温めたら、最後の一押しですね。専用のケースを使いましょう!

スープジャーの専用のケースは、スープジャーがさめないように、保温性の高い素材が使われています。保温効果をさらに高めてくれるアイテムです。

専用のケースを使うことで漏れを防ぐことができますし、かばんの中に入れても安心感がありますよね。

使っているうちにできてしまう、スープジャーの外側の傷も防ぐこともできます。

より長くきれいに使うためにも、専用のケースを使うことをおすすめしたいです

 

専用のケースがない場合は、スープジャーをタオルでくるんでゴムで留める方法でも代用できます

家にあるものでできますので、簡単ですね。

 

 

スープジャーってなんで冷めにくいの?

ところで、なぜスープジャーは時間がたってもスープが冷めにくいのでしょうか?私はサーモスのスープジャーを愛用していますが、改めて調べてみました。

スープジャーは、ステンレスが使用されていて二重構造になっています。

内側と外側のステンレスのあいだが真空になっており、熱を外へ逃がさない構造になっています。

ステンレスという素材が使われていることと、この真空の空間があることで、冷めにくくなっているんですね。

 

 

スープジャーの温め直しに電子レンジはキケン!?保温性を高めるコツのまとめ

  • スープジャーを電子レンジで温め直すと火花が飛んでケガや故障の原因になる
  • 冷めないように保温性を高めるコツが必要
  • 沸騰したお湯で予熱することで保温性が高まる
  • 熱々のスープを止水部の1センチ下まで入れよう
  • 専用ケースを使うことでさらに保温性アップ
  • ステンレスの二重構造が冷めるのを防いでくれている

いかがでしたか?私は、専用ケースに保温効果があることを初めて知りました。

どれも明日からできるちょっとしたコツですよね。ぜひやってみてくださいね!

© 2022 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5