広告

山形の雪はいつからいつまで降るの!?山形の雪事情と積雪量がスゴイ!?

さくらんぼ、ラフランス、米沢牛、芋煮。
蔵王に銀山温泉など、魅力たっぷりの素敵な所、雪国山形県。

でも、実は山形県は「隠れ豪雪日本一」と言われるほどの豪雪地帯ということを知っていますか?

私は定期的に山形に行くのですが、たまに観光客と見られる車が雪で立ち往生してる姿を見かけます。

山形に住んでいる親戚でさえ、「ホワイトアウトで怖い目にあった」ということも。こ、怖い…。

そんな怖い目にあわない様に、山形県の雪事情と積雪量を徹底的に調べました!

この記事を見ないと山形の雪で怖い目に遭ってしまうかも!?

でもこれを読んでしっかり雪対策すれば大丈夫!

山形に住んでいる方、これから山形に行かれる方は必見です!

 

山形県の雪はいつからいつまで降るの?

山形県の雪はいつからいつまで降るのでしょう?

例年ですと11月の下旬頃に雪が降り始め、3月下旬頃には雪はなくなります。

雪の降り始めは11月、雪のピークは1月~2月、雪の終わりが3月下旬頃。

遅くとも4月には山形の雪はなくなっているのが例年の傾向です。

11月から3月、遅くて4月まで雪が降るということは山形県では約5か月間の雪との生活になります。

山形県では毎年雪とは結構長いお付き合いになりますね。

そこで今度は、山形県内を地域別に「雪がいつからいつまで降るのか」を調べました。

合わせて「積雪量」もお伝えします!要チェック!

雪も山形の魅力の一部。雪と上手に付き合いたいな。


 

 

 

 

山形県の過去の雪はいつから降った?(2020年、2021年、2022年)いつごろ積もる?

山形県の過去の雪はいつから降ったのか?
初雪情報を直近の3年間でまとめました。

 

山形県の初雪情報(平年比)
2020年 11月29日 (平年より13日遅い)
2021年 11月27日 (平年より12日遅い)
2022年 11月30日 (平年より14日遅い)

直近の3年間だと、やはり山形では11月下旬から雪が降っているようです。

しかも2022年12月(初雪の翌日)には山形県大蔵村の肘折で8センチの積雪があったそうです。

山形は初雪で本格的な雪が降っちゃう所があるんですね。山形の雪すごい。

 

山形県の雪はいつごろ積もるの?

山形県の雪がいつ頃積もるのかは地域差があります。

早いところだと初雪と同時に8cmも積もってしまう
ところもあります。(例:大蔵村)

県庁所在地のある山形市では比較的積雪量は少ないですが、雪のピークの1月~2月頃には数センチ積もっている可能性は高いです。

積雪の多い地域でも少ない地域でも、いずれにせよスタッドレスは必須です!

どこの地域でも山沿いは積雪量が多いので、山に向かわれるかたはチェーン装備もあると安心ですね。

 

 

山形県の例年の積雪量はどのくらい?


山形県の積雪量は地域差があり、少ない所で0cm~30cm。

多い所で1m~4m以上になるところもあります。

実は山形県は県内全域が「豪雪地帯」に設定されています。

その山形県の中でも、より積雪量が多い地域を「特別豪雪地帯」とされています。



 画像 引用 国土交通省 豪雪地帯の指定状況

薄い青色の地域が「豪雪地帯」、濃い青の地域が「特別豪雪地帯」です。

なんと特別豪雪地帯の方が多いではありませんか!

ちなみに、昨シーズンの冬(2022年11月~2023年3月)の豪雪っぷりはこちらです↓↓

積雪量8mって…!?

私はおばあちゃんの家を思い出します。

前も後ろも、右も左も、一面雪に覆われて真っ白な光景です。

雪と空しか見えない。
雪で車も走っていないのでシーンとした山形の雪景色
が記憶に残っています。

それにしても積雪量8mはものすごいですね!
隠れ豪雪日本一です!

山形県の積雪量ランキング(地域別)

次は地域別の積雪量です。ランキングにしてみました!

山形県内の地図を見ながら読んでもらうと分かりやすいと思います。

※雪が少ないとされている地域でも、山沿いへ行くと積雪量はぐっと増えますのでご注意ください。

山形県の積雪量ランキング〈地域別〉

画像 引用 山形県庁HP

第4位 山形市(村山地域)


積雪量10cm~30cm
山形県の県庁所在地があり、山形県の中心です。

30cmくらいの積雪量なら、山形県民にとってはどうってことないようです。

山形市や上山市は樹氷で有名な蔵王山を含めています。

蔵王に入るとビックリするくらい積雪があるので注意です。

 

第3位 酒田市(庄内地域)


積雪量30cm

日本海側に面する酒田市と鶴岡市は比較的雪が少なめ
です。

海から吹く風が強く、雪が下から舞い上がることも多いようです。

鶴岡市にはクラゲで有名な「鶴岡市立加茂水族館」があります。ここは世界一のクラゲ水族館です。行ってみたい!

 

第2位 米沢市(置賜地域)


積雪量30cm~1.5m

東京方面から山形新幹線に乗ると、まずこの置賜(おきたま)地域の米沢市に入ります。


福島と山形の県境のトンネルを抜けると、雪で真っ白な山が広がっています。

山形新幹線から見る景色だけでも雪深いのが分かります。

この地域では冬は雪かきが日常的に行われています。ブーツや長靴は必須です!

 

第1位 最上町、大蔵村(最上地域)

積雪量1m~4m

特に大蔵町の積雪はすごい
です。雪の壁(雪回廊)を見るならここ!


積もりに積もった雪を目の前にすると、もう言葉も出ません。圧巻です。


山形県大蔵町周辺は全国でも有数の豪雪地帯で、立派な観光資源となっています。


この地域では雪かきだけではなく、屋根の雪下ろしも日常的な光景です。

除雪にブルドーザーが登場したりします。規模がスゴイ!

 

山形県の雪情報システムを活用しよう!

山形県では毎年11月~3月までの間、「雪情報システム」を運用しています。

リアルタイムで山形県各地域の積雪量が確認出来ます。
(こちらは画像なのでクリックしても情報は出ません)↓↓

降雪予測は、各地点名をクリックして下さい。
(各地点の3時間毎の予測が表示されます。)
2023/11/13 20:00発表

画像 引用 山形県雪情報システム

このように雪情報システムでは、山形県内12地点の降雪量予測、主なゲレンデの天気と気温・積雪量情報などを発信しています。

インターネットに接続出来る環境があれば、24時間どこからでも雪情報システムを確認出来るのでとても便利です。

山形県にお住まいの方や、冬に山形県に向かわれる方には必須の情報が詰まっています。

雪情報システム参考に雪対策を万全にしましょう!

山形県雪情報システムはこちら

 

 

山形の雪はいつから降るの!?山形の雪事情と積雪量がスゴイ!?まとめ

ここまでの情報をまとめますね。

まとめ

  • 山形県の雪は11月下旬頃から降り始める。
  • 山形県の雪は3月か遅くとも4月にはなくなる。
  • 山形県の積雪量は少ないところで30cm、多い所で4メートル以上のところもある。
  • 山形県の雪情報システムは便利。ぜひ活用しよう!

いかがでしたか?

山形県で雪が降るのは11月下旬頃から3月下旬頃までで、雪とは長いお付き合いになります。

積雪量は地域によって差がありますが、山形県内全域が「豪雪地帯」ですので注意が必要です。

山形県雪情報システムを活用して、山形の雪と上手にお付き合いしましょう!

 

マルチプル広告

© 2023 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5