広告

湯煎のやり方レトルト食品の場合を解説!レトルト食品をおいしく仕上げるには?

あなたは「湯煎」でレトルト食品を加熱したことはありますか?レトルト食品のパッケージには、「電子レンジ」か「湯煎」で加熱するように書かれていることがほとんどです。
電子レンジを持っているご家庭が多いので、「湯煎」をする機会ってほとんどないですよね。「電子レンジの方がボタンひとつで簡単に加熱できるから、湯煎なんてしないよ!」と思っている人も多いです。

そういえばレトルトのカレーって、レトルトパウチごと電子レンジで加熱できないものが多いですよね。
大手メーカーが販売しているレトルトのカレーには、お皿に移さずに袋ごと電子レンジにかけられる商品がありますが、そんなに数多くはありません。

「湯煎は面倒だ」と思われがちですが、実はそうではありません。ここでは湯煎で加熱する方法やメリットを解説します。

 

 

湯煎のやり方を解説!レトルト食品の湯煎方法とは?

いきなり「湯煎して」と言われても、鍋にどれぐらいの水を入れて沸かせばいいのか、水のうちからレトルト食品の袋を入れておくのか、よく分かりませんよね。
どの商品にも「中袋(パウチ)の封を切らずに、熱湯に入れて3~5分間沸騰させてください」と書いてあります。

私の経験上、鍋に入れる水の量や入れるタイミングで出来栄えは変わりません!こだわらなくてOKです。
なぜならレトルト食品を湯煎するのは、「温める」のが目的だからです。焼いたり煮たりするわけではないので、火加減や温度に気をつけなくても良いのです。

沸騰した鍋の中に、レトルトの袋をポーン!と入れて3~5分入れておくだけです!

 

 

湯煎のやり方で気をつけることはあるの?

沸騰したお湯でやけどに注意する以外で気をつけることはあるのでしょうか?

なべのふちに直接レトルトパウチが触れると穴があく恐れがあります。

・鍋底に直接レトルトパウチが触れると、パウチの印字が鍋に転写されることがあります。

レトルトパウチ全体がお湯につかるようにして温めてください

・印字されてしまった場合は、中性洗剤を使って洗い流してください。万が一インクの成分が口に入ったとしても、人体に影響はありません。

・レトルトパウチを温めた残り湯は、他の料理には使用しないでください。パウチの成分が溶け出るようなことはありませんが、残り湯を再利用することは想定していません。

引用:ハウス食品株式会社 レトルト商品を温めるときの注意点

 

Q.レトルトを湯煎する場合、フライパンでもいいですか?

A.フライパンのように浅い調理器具は沸騰水が周りに跳ねやすく、やけどしてしまうおそれがあるためおすすめできません。また、中袋(レトルトパウチ)を鍋底や鍋のふちに当てたまま湯煎すると、中袋(レトルトパウチ)に穴が開いてしまう可能性があります。湯煎する場合は、中袋(レトルトパウチ)全体がお湯につかるようにして温めてください。

引用:エスビー食品株式会社 Q&A

大手の食品メーカーがたくさんの注意をしてくれています。

  • レトルト食品のパウチが全部浸かるぐらいの量の湯を沸かす
  • 深めの鍋で湯煎するのが好ましい
  • 鍋のふちにレトルト食品のパウチが直接触れないようにする

この3点を守って湯煎するのが成功のコツですね!

この注意書きを見るまで、私は卵焼きのフライパンで湯煎していました!

ぴったりサイズで愛用していたのですが、ダメだったみたいです…。
危険なことはやめましょう。

 

 

実際にレトルト食品を湯煎してみた

私がよく食べているレトルトのカレーを湯煎してみました。
「沸騰した湯に入れて3分」温めました。

結構大きめの鍋でないと、「レトルトパウチ全体をお湯に浸ける」を実現できませんでした。
家にあった直径20cmの鍋では、はみ出してしまいました。

鍋のふちにレトルトパウチがあたらないように、少し折り曲げて対応しました。
家に両取っ手付き鍋がないときは軽く折り曲げてみましょう。

取り出すときは、ザルにあげた方がやけどをするリスクが下がります。
レトルトパウチは滑りやすいので、菜箸やトングでつまむと鍋の中に落ちて熱湯が跳ねますからね。

あとははさみで切って、お皿に出せば完成です。

 

 

レトルト食品を湯煎するメリットってなに?

レトルト食品を湯煎するメリットは2つあります。

  • 均等に加熱できる
  • 大きな鍋さえ準備できれば、何袋も一緒に加熱できる

たしかに、電子レンジはボタンひとつ押すだけで加熱できるので湯煎よりも人気があります。しかし湯煎に比べて、加熱のムラができやすかったり、油分が分離したりすることがあります。

それが1番わかりやすいのは、ソースを絡めてあるレトルトのハンバーグです。電子レンジで加熱するとソースが焦げたり、ハンバーグの一部がぬるかったりすることがあります。それに対して、湯煎をするとジューシーできっちりソースがかかったハンバーグが出来上がります。

レトルト食品をおいしく仕上げるには、湯煎がオススメです!

 

 

湯煎のやり方を解説!レトルト食品をおいしく仕上げるには?のまとめ

湯煎の目的は「温める」ことなので、火加減やお湯の量にこだわらなくてOKです。
沸騰した湯にレトルトパウチを入れて3~5分加熱して、取り出します。取り出すときはやけどに要注意です。菜箸やトングでレトルトパウチをつまみ出すと危険なので、鍋の湯ごとザルにあげましょう。

ほかの注意点は、このようなものがあります。

  • レトルト食品のパウチが全部浸かるぐらいの量の湯を沸かす
  • 深めの鍋で湯煎するのが好ましい
  • 鍋のふちにレトルト食品のパウチが直接触れないようにする

家に小さな鍋しかないときは、レトルトパウチを軽く折って鍋に入れましょう!

レトルト食品を湯煎するメリットは、この2点です。

  • 均等に加熱できる
  • 大きな鍋さえ準備できれば、何袋も一緒に加熱できる

電子レンジで加熱すると加熱にムラができたり、油分が分離したりするので、湯煎の方がオススメです。

面倒だと思っていた湯煎の良いところは、発見できましたか?あなたも湯煎マスターの仲間入りですね。

湯煎している鍋で、私はいつもゆで卵を作っていますよ!湯と時間の有効活用が出来て、満足しています。最後に湯ごとザルにあげるので、卵を先に鍋に入れて、10分後にレトルトパウチを入れています。
こうやって、湯煎している間に「何かできないかなあ」と考えるのも楽しみのひとつですよね。

もうひとつ私がいつも思うことがあります。レトルトパウチごと電子レンジで加熱できないレトルトカレーって、お皿の洗い物が増えませんか?
カレーライスにしようと思ったら、先にお皿にごはんをよそってからカレーをかけるのに、電子レンジで加熱するために先にカレーをお皿に出してしまわないといけなくて、「ごはんはどうしたらいいの?また新しいお皿使うの?」などと考えて、「カレーライスってこんなに手間がかかるのね…」みたいな気持ちになってしまうんです…。

湯煎のメリットを知ったあなた!これからはもっと湯煎を活用して、おいしい食事をたくさん作っていきましょう!

© 2022 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5