広告

マクドナルドのモバイルオーダーで楽天ポイントを貯める方法を伝授!

今や多種多様な決済方法が増え、どの決済方法を選ぶかによってポイントを貯めることができたり、大きな還元を得られたりします。

知らないと損してしまうかもしれないポイント事情。マクドナルドのモバイルオーダー時の楽天ポイントの貯め方について調べました。

普段マクドナルドの店頭で楽天ポイントを貯めていらっしゃる方もいるのではないでしょうか?

しかし、アプリでどこからも注文可能なマクドナルドのモバイルオーダーでは、楽天ポイントが貯まらない思わぬ落とし穴があるようです。

楽天ポイントが大幅にゲットできるキャンペーンも過去に開催されています。

モバイルオーダーでポイントが上手く貯められなかった、なんてことにならない様、仕組みについて理解しておきましょう!

楽天ポイントユーザーの方必見です!

 

 

マクドナルドのモバイルオーダーでは楽天ポイントが貯まらない?!実は支払い方法が重要!

マクドナルドのモバイルオーダーでは楽天ポイントがつかないのでしょうか?
マクドナルドのモバイルオーダーを利用したが楽天ポイントもdポイントもついていません。どうしてですか?

ヤフー知恵袋でもマクドナルドのモバイルオーダーについての質問で多かった内容でした。

このような質問が出るのはそもそも何故なのでしょうか。

マクドナルドでは店頭にて、楽天ポイントカードを提示することで、商品購入金額200円につき1ポイント貯めることができます。

ですが注意書きを見てみると、モバイルオーダー、マックデリバリーやその他一部サービスではご利用いただけません、との記載があります。

普段店頭で楽天ポイントを貯めている方からすれば、マクドナルドのモバイルオーダーでも楽天ポイントは貯まると考えてしまうこともあるようです。

実際のところ、注意書きのようにモバイルオーダーでは楽天ポイントは貯まりません。

認識ができていないと、モバイルオーダーで注文したらポイントが付いていない!ということに繋がると考えました。

おとうさん
楽天ポイントが貯まらないなら、マクドナルドのモバイルオーダーは使うと損してしまうんじゃない?

実はそんなことはありません。

正しい支払い方法を選べば、支払いに対し楽天ポイントを貯めることができます!

 

楽天ポイントを貯めるには楽天のクレジットカードか楽天Payで支払う!

マクドナルドのモバイルオーダーで対応している支払い方法は以下の通りです。

クレジットカード

・VISA

・MasterCard

・JCB

・Diners Club

スマホ決済サービス

・PayPay

・D払い

・楽天Pay

・au Pay

・LINE Pay

・Apple Pay

お手持ちの楽天のクレジットカードで支払えば、毎月の支払いに対して楽天ポイントを貯められます。

楽天Payでも楽天キャッシュへのチャージや支払いで還元ポイントがありますよね。

直接マクドナルドでの購入に対してのポイント付与はありませんが、クレジットカードや楽天Payでの支払いに対する楽天からのポイントは貯めることができる、という訳です!

楽天ポイントからの支払いもできます。ポイント支払いでも楽天ポイントの獲得ができます。

楽天Payは2021年8月から利用ができるようになった為、知らない方も多いかもしれませんね。

 

店頭で注文VSモバイルオーダー!どちらが楽天ポイントを多く貯められる?

マクドナルドのモバイルオーダーでも楽天ポイントを貯められる方法があるのがわかりました。

どっちがポイント付与率が高いの?

より楽天ポイントを貯めたい人には気になる点です。

結果は引き分け

モバイルオーダー 楽天payにて支払い

楽天カードから楽天キャッシュへのチャージ 0.5%

楽天キャッシュからの支払い 1%

【合計 1.5%】

店頭 楽天ポイントカード提示で0.5%(200円につき1ポイント)

楽天カード支払い 1%

【合計 1.5%】

※楽天Payの支払元を、直接楽天カードにしている場合は、支払いに対する1%しか楽天ポイントを貯められませんので、一度楽天カードから楽天キャッシュにチャージしてください。

 

 

マクドナルドのモバイルオーダーとは?やり方を確認!

そもそもマクドナルドのモバイルオーダーってどんな仕組み?

モバイルオーダーとは、スマートフォンアプリから事前にオーダーをして商品を受け取るサービスです。

2019年からマクドナルドでも導入が始まりました。やり方について、わかりやすく動画での紹介もあるので参考にしてみてください。

マクドナルド公式

モバイルオーダーのやり方もはとっても簡単!iPhone・Android共に利用可能です。

まずはマクドナルド公式アプリをダウンロードしてください。

※利用にはログインが必要です。

後はアプリの流れに沿って注文を進めていきます。

  1. 受け取る店舗を選択
  2. メニューを選択
  3. 受け取り方法を選択
  4. 支払い方法の選択

 

マクドナルドのモバイルオーダーを利用するメリット

マクドナルドのモバイルオーダーを利用するメリットとは何なのでしょうか。

店頭でカウンターで注文するのと同じように楽天ポイントが貯められて、更にメリットがあるなら、モバイルオーダーでの注文も検討してみたいですよね。

マクドナルドのモバイルオーダーは使って損なし!魅力的なメリットがたくさんありました。

メリット

・カウンターで並ばなくてよい

・ドライブスルー・カウンター受け取り・座席での受け取り・駐車場での受け取りが可能

・ゆっくり商品を選ぶことができる

・複雑な注文も受け取り番号を伝えるだけで簡単

モバイルオーダーの専用アプリも必要ありません。マクドナルドの公式アプリで利用可能です。

モバイルオーダーを使用しなくても、お得なクーポンの配布もあるのでマクドナルドを利用する方には必須のアプリです。ダウンロードしておきましょう!

たくさんのメリットもある中で、一番大切なのが使いやすさです。実際に私も操作をしてみたのですが、混乱することなく楽しみながら注文することができました!

実際の画面と共にメリットについて紹介していきます。

 

待ち時間の短縮に繋がる!

 

特に休日のお昼時など、マクドナルドの注文カウンターには行列が…なんて光景は想像しやすいかと思います。

モバイルオーダーを利用すれば、事前に決済も済んでいます。商品が出来上がるのを待つだけです。

注文するための行列には並ばず、受け取りカウンターにて、自分の番号が表示されたら注文した商品を受け取ることができます。

 

多彩な受け取り方法から自分に合った方法を選べる!

商品の受け取り方法はテイクアウト・イートインどちらも選択可能です。

テイクアウトであれば、店内カウンター受け取りか、ドライブスルーでの受け取りも可能です。※ドライブスルー対応店舗のみ。

駐車場受け取り対応店舗(パーク&ゴー)では、店内に入らず専用の駐車スペースに車を停めて注文を行います。商品が出来上がり次第、店員さんが商品を車まで運んでくれます。

イートインでは、同じようにカウンターでの受け取り、または座席での受け取りができます。

もはや受け取りカウンターで商品の出来上がりを待つこともなく、自分の座席で待っているだけで商品が受け取れるという訳です。

特に座席が一杯になりそうな場合は、先に座席を確保できるというメリットもありますし、子供連れの家族さんに非常に便利だと思います。

商品を乗せたトレーを持ちながら、座席を探した経験が思い浮かびます。モバイルオーダーならそんな経験もしなくていいんですね。

 

詳細な商品選びもラクラク!

カウンターで自分の番が来てから、メニューをいざ見ると瞬時に思い浮かばなかったり、そんな経験はありませんか?

マクドナルドのモバイルオーダーでの注文画面は画像付きで分かりやすく、好きな場所で焦らず選ぶことができます。

ドリンクやサイドメニューのサイズ変更も簡単!

ハンバーガーのカスタマイズもできるのね!

ハッピーセットのおもちゃの種類もモバイルオーダーでの画面で簡単に選ぶことができました。

商品詳細でアレルギーの使用品目や栄養情報もチェックできます。商品を選ぶときにわざわざ自分で調べる必要が無いのはとても便利だと感じました。

 

 

注文番号を伝えるだけで簡単に商品受け取りができる

モバイルオーダーを使って商品を注文すると、注文番号が発行されます。

マクドナルドでの注文は、ハンバーガーの種類からサイドメニューのサイズ、ドリンクの種類など意外と伝える項目が多いです。

特にドライブスルーでは全て口頭で伝える必要がありますよね。

モバイルオーダーでは注文番号を伝えるだけで、オーダーの全ての内容が伝わるので、とても簡単です。

マクドナルド公式

聞き間違いも防げるので、注文ミスも少なくなりそうですね。

 

マクドナルドのモバイルオーダーを利用するのに注意点はある?

非常に便利なマクドナルドのモバイルオーダー。注意すべき点はあるのでしょうか。

受け取り時間の指定ができない

マクドナルドのモバイルオーダーでは受け取り時間の指定ができません。

決済が済んだ時点で商品が作られ始めるので、お店に到着するまで時間が掛かる場合は注意しないと、できたての商品を受け取ることができません。

自分が受け取れる時間を逆算して、注文を確定する必要がある。

キャッシュレスでの支払いに限定される

モバイルオーダーは現金での支払いに対応していません。また、電子マネー楽天EdyやIDでの支払いも不可です。

 

店頭とモバイルオーダーで使用できる支払い方法の違い

支払い方法でもう一つ注意しておきたいのが、店頭とモバイルオーダーで利用できる支払い方法が統一されていない、ということです。

モバイルオーダーで使える支払い方法なら、お店で注文する場合も使えると思ってしまいます。

私自身も店頭で楽天Payで支払おうと思ったら断られた経験があります。

店頭にて使用可能な支払い方法

・現金

・電子マネー

ID/楽天Edy/WAON/nanaco/QUICPay

・交通系ICカード

・クレジットカード

・商品券

モバイルオーダーで使えていたスマートフォン決済は使えないようですね。逆に電子マネーは店頭でしか使用できません。

 

 

楽天ポイントがザクザク貯まるキャンペーン!これからも実施されるかも!

マクドナルドのモバイルオーダーで、楽天Payを利用すれば通常より楽天ポイントが貯まるキャンペーンが数々実施されてきました。

こちらで紹介するのは過去のキャンペーンになってしまうのですが、これまで実施があったということは、これからもキャンペーンが実施されることが期待できそうです。

楽天Pay利用で最大4%還元

※2022年3月実施 キャンペーンは終了しています。

条件達成で楽天ポイント最大6倍

※2022年6月実施 キャンペーンは終了しています。

楽天のキャンペーンは事前エントリーが必要な場合が多いです。これからの情報もチェックして、マクドナルドのモバイルオーダーで楽天ポイントを貯めていきましよう。

 

 

マクドナルドのモバイルオーダーで楽天ポイントを貯める方法を伝授!まとめ

まとめ

・マクドナルドのモバイルオーダーで楽天ポイントを貯めるには、楽天クレジットカード/楽天ポイント/楽天Payのいずれかで支払う。

・マクドナルドのモバイルオーダーの画面は非常に使いやすく作られている。

・モバイルオーダーを利用すればマクドナルドでの食事がより便利で楽しみなものになる。

・マクドナルドのモバイルオーダーでは時間指定ができない点に注意する。

・店頭とモバイルオーダーで利用可能な支払い方法に違いがある。

・キャンペーンを上手く利用すれば、モバイルオーダーで楽天ポイントを通常より多く貯めることができる。

マクドナルドのモバイルオーダーは今後も期待できそうなとても良いサービスです。

サービス開始当初に楽天ポイントを貯めるには、クレジットカード支払いか貯めた楽天ポイントのみに限られていました。

今では楽天Payでの支払いも可能になり、より便利さも広がっています。

便利なだけでなく、商品選びも楽しみながらできるのが魅力的な部分でした。

マクドナルドによく行かれる方も、少し気になった方も、是非楽天ポイントを貯めながら、モバイルオーダーを使ってみてくださいね!

 

© 2022 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5