食事

チアシードを戻す時間はどれくらい?効果の出る時間帯や食べ方は?

美容やダイエットに効果があるとして人気のチアシード

スーパーフードとしても有名ですよね。

そんなチアシード、そのままヨーグルトなどに入れて食べる方もいると思いますが、

水で戻した方がもっと効果的なのをご存じですか?

そこで今回は、チアシードを戻す時間や効果的な食べ方などをご紹介します。

 

チアシードを戻す時間はどれくらい?なぜ水で戻した方がいいの?

チアシードは食べることで高い美容効果ダイエット効果があります

しかし、水に戻さずにそのまま食べても、ダイエット効果や便秘解消にはほとんど効果がありません。

せっかく食べるなら、きちんと効果を出したいですよね。

ここでは、チアシードの戻す時間となぜ水で戻すのか、その理由をご説明します。

 

チアシードは水に12時間以上浸して戻そう

チアシードは水に12時間以上浸すことで戻すことができます。

チアシードを水で戻すことで、粒の1つ1つがジェルに覆われ、10倍に膨らみます。

これが、満腹中枢を刺激して、ダイエットや便秘解消に効果を発揮するのです。

チアシードの具体的な戻し方は以下のとおりです。

チアシードの戻し方

  1. チアシードを大さじ1杯準備する
  2. 10℃~42℃の水(150cc)に浸けて12時間以上置く

ここで大切なのは、水の温度です。

チアシードを早く戻したくて、ついつい熱湯を使ってしまいがちですよね。

しかし、チアシードに含まれる美容成分であるオメガ3は熱に弱いため、熱湯を使うとオメガ3がなくなってしまいます。

チアシードの成分を残さず摂取するためにも、チアシードを戻すときは【10℃~42℃】の水を使うようにしましょう。

ちなみに水ではなくてジュースでも戻すことができます

チアシードは無味無臭ですが、ジュースで戻すことでチアシードに味を付けることができます。

戻し方は水と同じですので、無味無臭のチアシードに飽きてしまった方は試してみてください。

 

なぜチアシードを水で戻すの?

チアシードを水で戻す方法をご紹介しました。

では、なぜチアシードを水で戻すのでしょうか。

チアシードを水で戻す理由はいくつかありますが、一番は「チアシードの発芽毒を無効化させること」です。

発芽毒は、発芽する植物なら持っている毒で、「発芽すること」または「水に十分浸すこと」でなくなります。

しかし、チアシードを発芽させるわけにはいきませんので、水に十分浸すのです。

チアシードを水で浸すと1時間くらいでゼリー状になってくるので、「もういいや」と思って食べてしまう方もいると思いますが、

12時間水に浸さないと毒性はなくならないので、必ず12時間水に浸すようにしましょう。

 

チアシードを食べる時間帯とは!?食べる時間で効果が変わる?

チアシードは栄養価が高く、食べることでいろいろな効果を得ることができます。

でも、効果を得るためには、食べる時間帯も大切です。

ここでは、チアシードを食べる時間帯を効果を得たい目的別にご紹介します。

 

チアシードをダイエット目的で食べるときに効果的な時間帯

チアシードをダイエット目的で食べる場合は、朝の食前30分~1時間前が一番効果の出る時間帯です。

チアシードは食べることでお腹の中で膨らみます。

なので、食前にチアシードを食べることで満腹感が得られ、食事の量を減らすことでダイエット効果が得られます。

「夜の食事量を減らしたいから、夜にチアシードを食べたい」という方もいますが、

チアシードは意外にカロリーが高いので、夜に食べるとカロリーを摂りすぎる可能性があります。

チアシードをダイエット目的で食べる場合は、先にお伝えしたように水で戻さないと効果が得られませんので、

そのまま食べないように注意してくださいね。

 

チアシードを便秘解消目的で食べるときに効果的な時間帯

チアシードを便秘解消目的で食べる場合は、寝る前が一番効果の出る時間帯です。

チアシードには食物繊維が豊富に含まれています。

そして、寝ている間は腸の動きが活発になりますので、それに合わせて食物繊維を摂ると便秘解消に効果的です。

ヨーグルトに混ぜて食べると乳酸菌も摂取できて、より効果的ですね。

 

チアシードを栄養補給目的で食べるときに効果的な時間帯

チアシードを栄養補給目的で食べる場合は、基本的にいつ食べても構いません。

ですが、朝食は軽く済ませてしまうという方が多いと思いますので、食べるなら朝がおすすめです。

チアシードは、小さじ1杯で1日中走れる、と言われるくらい栄養価が高い食べ物です。

朝食にチアシードをスムージーやジュースなどに混ぜて食べると、しっかり栄養補給できますし、

一日を過ごす活力に繋がりますので、おすすめです。

 

チアシードの美味しい食べ方を3つご紹介

チアシードは水で戻して手軽に食べられる反面、いつも同じ食べ方をしてしまう方も多いと思います。

せっかく美容やダイエットに効果的なのに、味に飽きて続けられないともったいないですよね。

そこで、忙しい方でも簡単にできるチアシードの美味しい食べ方を3つご紹介します。

 

チアシード入りコーヒー牛乳

こちらは忙しい方におすすめの食べ方です。

12時間を目安にチアシードを牛乳で戻し、そこにアイスコーヒーを入れるだけで完成です。

ゼリー状になったチアシードがタピオカのような食感になるので、おいしく食べることができますよ。

Rakutenレシピ

 

豆乳チアシードプリン

こちらも簡単です。

豆乳230mlにチアシード大さじ3を入れてよく混ぜます。

それを一晩おけば完成です。

お好きなジャムやはちみつをかけて食べると美味しいですよ。

豆乳もチアシードも体に良い食べ物なので、一緒に食べられるといいですね。

Rakutenレシピ

 

チアシード入りパンダ杏仁豆腐

あのカルディコーヒーファームの人気商品「パンダ杏仁豆腐」を使ったレシピです。

温めて溶かした杏仁豆腐に水で戻したチアシード20gとお好きなジャムを型に入れて冷凍すれば完成です。

製氷機で簡単に作れるので、ぜひお試しください。

暮らしニスタ

 

チアシードを戻す時間はどれくらい?効果の出る時間帯や食べ方は?のまとめ

  • チアシードは12時間以上水に浸して戻すのが良い
  • チアシードを水で戻す理由は発芽毒を取り除くため
  • チアシードをダイエット目的で食べる場合は、朝の食前30分~1時間前が効果の出る時間帯
  • チアシードを便秘解消目的で食べる場合は、寝る前が効果の出る時間帯
  • チアシードを栄養補給目的で食べる場合は、基本的にいつでもいいが、朝がおすすめ
  • チアシードの美味しい食べ方は以下の3つ
    • チアシード入りコーヒー牛乳
    • 豆乳チアシードプリン
    • チアシード入りパンダ杏仁豆腐

チアシードは正しい時間で戻せば、良い効果たっぷりのまさにスーパーフードです。

しっかり12時間水で浸けて、健康で理想的な体を手に入れましょう!

検索

-食事

© 2021 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5