広告

縁起の悪い印鑑ってどういうもの?良い印鑑・悪い印鑑ってどういうもの?これを避けて縁起の良い印鑑作り

印鑑にも縁起を担ぐものと、反対に縁起の悪い印鑑があることをご存知ですか?

実印や銀行印を今から作る人は、せっかくなら縁起が良いものを使いたいですよね。

そこで今回は、縁起の悪い印鑑はどういうものを指すのか、反対に縁起の良い印鑑はどんなものなのか調べてきました。

 

 

縁起の悪い印鑑である5つの特徴とは?

以下、5つが縁起の悪い印鑑の主な特徴です。

  • 欠けや汚れがある
  • 他者から譲り受けた
  • 文字の配置が斜め
  • 指輪印
  • 輪郭と文字に接触する部分がない

欠けや汚れ、傷がある印鑑は特に縁起が悪いです。

劣化などにより傷がついた印鑑は、持ち主の代わりに不幸を吸収したと考えます。

つまり、傷がついた時点で不幸を吸収し切り、寿命がきたということです。

欠けや汚れ、傷がついた印鑑を修理しようと考えている場合、買い直す方が縁起が良いでしょう。

今も使い続けている人は、今が買い替えのチャンスです!

 

 

縁起の悪い印鑑について詳しく解説!

縁起の悪い印鑑について、より詳しく見ていきましょう。

 

欠けや汚れがある印鑑

印面の欠けは、運勢の破壊を意味するため運気が逃げると言われています。

印鑑は自分の分身のため、印鑑に傷がつくと自分に傷がつく同然です。体調不良や、社会的信用に関わる不運が訪れるといいます。

 

譲り受けた印鑑

親を含めた他者から印鑑を譲り受けると、前の持ち主の欠点までも引き継ぎます。

譲り受ける他者が成功していても、その人以上の成功ができません。

親から子供へプレゼントすることは往々にしてありますよね。この場合、新品をプレゼントするため問題ありません

あくまで使っていた印鑑の運が、次の持ち主に影響を与えるためです。

 

文字の配置が斜めの印鑑

斜めに文字が彫られた印鑑は、「鬼門の印」とも呼ばれます。

鬼門線に沿った斜め掘りは、印鑑を通して鬼門のエネルギーを受けます。

縦書きが横書きの印鑑を、使うようにしましょう。

 

指輪印

金やプラチナの指輪に名前を彫った印鑑が、指輪印です。

別名「借金印」と言われています。金銭トラブルを引き寄せる大凶印です。

 

輪郭と文字に接触部分がない印鑑

輪郭と文字が離れていることから、運気全てに見放されると言われています。

さらに文字が離れていることにより余白が多いと不安定になり、財にも見放されるそうです。

 

印相体、篆書体以外の書体を使った印鑑

印相体や篆書体は、最強運の書体と言われています。

そのためかえって行書体や楷書体の印鑑は、縁起が良くありません。

 

アタリ付きの印鑑

くぼみを付けたり金属を埋めたりし、印鑑の前後がわかるようにした印鑑が、アタリ付き印鑑です。

アタリが付いていることは、傷がついていることと同じように見ます。そのため傷がついている印鑑同様、さまざまなトラブルを舞い込みます。

 

蓋がついている印鑑

蓋やキャップがついている印鑑は、頭を押さえつけている状態です。

そのため、成長や業績が伸び悩むと言われています。

 

三文判・小判印

三文判を使うと、三文判の人生を送ると言われています。

三文判の人生とは、三文の値打ちもない人生ということです。身を粉にして働いても出世できない貧相印です。

三文判と言われる小判印も、同じように金運が低いと言われています。銀行印には特に向かない、縁起の悪い印鑑ですね。

 

継ぎ合わせた印鑑

折れた印鑑を修理したなど、2つ以上の材質を用いて作った印鑑は、運命が挫折すると言われています。

繋いでもまた離れてしまうことから、家族や夫婦など家庭のトラブルを引き寄せます。実印に特に向いていませんね。

 

角型の印鑑

四角形の印鑑は、財産を失うと言われています。

好調な時があっても持続せず、ムラのある運気になります。会社印ではなく、個人印の場合のみ縁起の悪い印鑑です。

 

枠が太い印鑑

印鑑の輪郭つまり枠が太いと、その分名前が細くなります。

その様子から、八方塞がりになると言われる縁起の悪い印鑑です。

対人関係が悪く、財運が低くなると言われています。実印にも銀行印にも向きませんね。

 

人工素材の印鑑

風水では、天然素材のものを良しとします。そのため印鑑でも、天然素材のものが縁起が良いです。

プラスチックなどの合成樹脂や、チタンなどの人工素材のものは避けましょう。

 

 

縁起の良い印鑑である【開運印鑑】とはどんなもの?

縁起の悪い印鑑の反対である、縁起の良い印鑑とはどのようなものがあるのでしょうか。

縁起の良い印鑑には、開運印鑑というものがあります。開運印鑑には、大きく分けて2種類あります。

 

開運印材

運勢が良いと言われる印材を使うと、運気がアップすると言われています。

天然素材やパワーストーンが、開運印材です。天然素材は縁起が良い、と風水では考えられています。

中でも象牙や本柘(ほんつみ)、水牛がおすすめです。

またパワーストーンは、縁起が良いことで有名ですよね。最近はパワーストーンで印鑑を作れます。

天然石の種類によって開運効果は異なるため、自分の願いに合わせると良いでしょう。

パワーストーンは見た目もおしゃれなので、女性人気が強いです。好きな色や、開運効果によって買う印鑑を決めても良いかもしれません。

 

開運書体

書体にも、運勢が良いとされている書体があります。

印鑑は基本的に、どんな書体でも作ることができます。

その中でも特に人気高いのが、印相体です。開運印鑑に、最も使用されている書体です。

引用:ハンコヤドットコム

枠に向かって八方広がりの字形が、運勢の良い書体と言われています。八は末広がりのため、縁起の良い数字でもありますよね。

開運効果以外にも、読みづらいため偽造されにくい実用性も備えています。

次に人気な開運書体は、篆書体です。最古の書体と言われている、歴史ある書体です。

引用:ハンコヤドットコム

パスポートや日本銀行発行紙幣にも用いられているため、身近に感じますね。

縁起の良さだけでなく、偽造の危険性が少ないことがポイントです。

隷書体も、人気のある開運書体です。篆書体を簡素化し、実用的にした書体です。

引用:ハンコヤドットコム

今から2000年前の中国発祥と言われています。文字のはねやはらいが、まるで波のようになっていることが特徴です。

縁起が良い上に、なんだかオシャレですよね。

 

 

縁起の悪い印鑑ってどういうもの?のまとめ

いかがでしたか?今回の記事では、縁起の悪い印鑑について調べてみました。

  • 欠けた印鑑や傷の付いた印鑑は縁起が悪い
  • 書体や印材も縁起に関わる
  • 実印や銀行印には開運印鑑がおすすめ

印鑑自体の状態や、書体などさまざまな部分が縁起に関わっていることは驚きですよね。

現在縁起の悪い印鑑を使っている人は、修理ではなく開運印鑑に買い換える方が良さそうです!

© 2022 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5