暮らしの知恵

花粉が少ない時間帯は?これを知っていれば花粉を避けることができる?


春になると花粉が気になるという方増えてきましたよね。そんな方へ向けて今回は花粉の少ない時間帯について記事にしてみました。

いったいどの時間帯にどのような対策を立てれればいいのか、そういった目線でお送りしますのでぜひ目を通していただければと思います。

 

 

花粉が少ない時間帯というのは一体いつ?

怖がらずに聞いてください!!

結論から申し上げますと、一般的に言われている花粉の量が少ない時間帯というのは【夜9時以降から早朝にかけて】です。これは天気の関係や様々な条件を除いきます。

というのも、そもそも花粉というのは山の高い木から都市部に降りてくるもので、花粉が早朝に出てきてから都市部へ来るまでに若干の差があります。早朝出た花粉は午前中(8時~10時前後)に都市部に到着し、12時から14時前後の気温が高い時に飛散します。

 

そのため【夜9時以降から早朝にかけて】は気温も日中より下がっていてそれでいて人の同行も少ないために花粉の飛散が少ないといえます。【12時~15時】頃というのは気温が上昇し、花粉が飛散しやすい時間帯になっているため最も花粉量が多くなります。

この時間帯に関しては室内にいても目が痒くなったり、鼻水が止まらなくなったりしますよね。おまけに昼食も食べて眠気が襲ってくるというラッシュの魔の時間帯です。ただでさえ仕事の集中力がかけるこの時間帯に花粉が取んで来ると思うと、ぞっとして机の下で震えて過ごしたくなります。

 

気温が下がっていく夕方(16時~18時)頃は花粉は比較的落ち着く傾向にありますが、人の出入りや同行が多い地域に関しては下に落ち着いた花粉が人の動きによってまた舞ってしまうといった現象も起きるみたいです。

 

こういった夕方の事象は春先の花粉がピーク時期に起こりやすいので、春が落ち着いたら夕方は花粉は収まることが比較的に多いです。春はあったかくて、花見やツーリング、散歩やお酒のおいしい時期ですよね。花粉が無ければ本当に最高なのにと思っている方多いはずです。

 

花粉を避けるために散歩に行くべき時間はこの時間?

こんな機会に!!
例えば主婦の方でしたら、毎日の買い物に、ペットを飼っている方でしたらお散歩など日中外に出る機会が多くある方がいらっしゃると思います。

花粉の飛散量がピークに達する前、つまり午前中の早い時間または、午後の6時以降に行動するのがベストではないかと思います。

午前中であれば8時半~10時までの間、午後であれば夕方を超えて18時や19時ごろなどがおすすめです。そして日中のちょっとした外出、外へのランニングや散歩もこれらの時間帯を活用して行うと比較的、体も花粉の負担を感じずにいれると思われます。

 

 

しかし気を付けなければいけない点としては、必ずこの時間帯が花粉が少ないかと断言できるわけではないのです。気候や気温によって花粉の飛散量や飛散時間というものは少し変わってきます。

まず、雨の降った日というのは雨水によって花粉が落ち着いているため、花粉の飛散がかなり収まります。ですが雨が振った次の日、天気が良くて風が強かったりすると、前日地上に落ち着いていた花粉が風によって舞ってしまい、より飛散してしまうことがあります。逆に言えばこういった春先のシーズンでも、湿度が高い日や雨が降っているときは近くの行ったことのないカフェや、傘をさしての散歩などはいいのかもしれませんね。

花粉が少ない時間帯は?についてのまとめ

まとめとしてはこれだけ頭の中に入れておきましょう。

  1. 基本、花粉の量は気温によって左右されるので、お昼前後12時~14時前後が花粉量のピークになることが多いです。
  2. 例外もあって気温、気候によって飛散量に差異があります。そのため、前日や当日の気温、気候をしっかりチェックしながら外出しましょう。もちろんマスクや薬の服用をしている方はお忘れなく。

これらの情報をまとめて花粉とうまく付き合いながら時間帯を確認して外出をしましょう。現在コロナ禍真っ只中のため、家にいるだけではリフレッシュできませんよね。私は人並みの花粉症で、この時期は外出自体を控えていましたがコロナの緊急事態宣言も出ていたため家にこもりっきりで頭がおかしくなりそうでした。

 

その中で花粉を避けながら、外出する方法はないかと探していてその結果を人に伝えるためにこの記事を書きました。恐らく花粉症の程度が軽度であれ、重度であれ家にずっといて日光にも当たれず健康に悪影響を及ぼすと思われます。ですので花粉を避けた時間帯をうまく活用して、ご自身の趣味や生活に当てていきましょう。

 

かといって花粉症の方は外に出てみるはいいものの目や鼻がつらいという方も多いはずですので、ぜひこういった情報を活用してご自身の健康管理をしていきましょう。

 

 

 

 

 

 

検索

-暮らしの知恵
-, ,

© 2021 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5