広告

片栗粉の代用としてつなぎに使えるおすすめの食材12選を大公開!

挽肉料理のつなぎやとろみ付け、揚げ物によく使用されている片栗粉。

使おうと思っていたら片栗粉がなかった!足りない!なんてこともよくあるのではないでしょうか。

もう料理をはじめていたら、つなぎで使うはずの片栗粉がないと困ってしまいますよね。

そんなときに代用できるものを知っていると、とても便利です!

意外と多い片栗粉の代用品。ここではつなぎとして代用できる食材をご紹介します。

 

 

片栗粉の代用!つなぎにおすすめなものは?

 

小麦粉

片栗粉の代用と聞くと一番に思いつくのは小麦粉じゃないでしょうか。

小麦粉はその名の通り小麦挽いてできた粉のことを指します。小麦粉にもデンプンが含まれています

そのため、つなぎには最適な食材と言えるでしょう。

ただ、片栗粉との違いとして小麦粉にはグルテンというタンパク質が含まれており、水分と混ざると粘りが出ます。

小麦粉をつなぎとして使用する場合、その粘りによって片栗粉をつなぎにするより、かための仕上がりになります。

また、片栗粉は香りがありませんが、小麦粉は小麦の香りがあるのも特徴です。

あまり入れすぎると小麦の香りが出てしまったり、食感がしっかりしすぎてしまうので注意しましょう。

 

パン粉

パン粉はパンを粉状にしたもの。乾燥させた乾燥パン粉と、生パン粉があります。

パン粉は水分を吸収させることによって粘りが出るため、つなぎに最適です。

また、パン粉は余分な水分や、肉汁を閉じ込めジューシーな仕上がりにしてくれるのも特徴です。そのためハンバーグに最適なつなぎ食材と言えます。

パン粉がなくても、食パンを細かく砕いても同じ効果のつなぎとして使用できますよ。

 

米粉

米粉は、お米を粉状にしたもの。和菓子などに使用されることが多かったようですが、最近ではグルテンダイエットなどが流行り注目されている食材の1つです。

小麦アレルギーの方にも安心して使用できますよ。(一部商品の中には小麦グルテンが含まれているものもあるのでご注意ください。)

米粉も水分を含むと弾力が出るので、かための食感になります。

ハンバーグに使用する際、表面にもまぶすことでカリッと、中身はジューシー仕上がりになります。

引用:米粉レシピ

 

卵は冷蔵庫に常備されている方は多いのではないでしょうか。卵もつなぎに代用ができます。

卵のタンパク質には、熱を加えると固まる熱凝固性という性質があります。

そのため他の食材と混ぜ合わせ、熱を加えることで固まるのでつなぎになります。

卵には旨味やコクがあるのでより美味しく調理ができそうですよね。

あまり卵の割合が多いとべちゃっとなり形成しずらくなるので、量の調整には注意が必要です。

 

じゃがいも

じゃがいもは片栗粉の原料になっているので代用ができそうですよね。もちろんじゃがいもにもデンプンが含まれているため、すりおろしてつなぎに使用が可能です。

しかしじゃがいもには褐変反応で切ったり擦ったりすると変色してしまう特徴があります。

褐変反応とは、ポリフェノール成分が酸化することによって起こる変色の反応のことです。

この場合の変色はとくに害はありませんが少し気になってしまう方もいるかと思います。気になる方は熱を加えマッシュ状にして使用するといいでしょう。

 

おから

おからは豆腐を作る過程で豆乳を絞ったときに残るカスのことです。ヘルシーなのでダイエットで注目されていますよね。

おからはつなぎとしてだけでなく、お肉を減らしておからを同量入れても旨味が損なわれないため、カロリーが気になる方にもおすすめの食材です。

おからパウダーも同様につなぎとして使用できますよ。

 

豆腐

豆腐もつなぎの代用として使用が可能です。おからと同じく、お肉の量を調整することでヘルシーに仕上げることができます。

おからと違う点は、豆腐には水分がたっぷり含まれているので水切りが必要になります。

豆腐を二枚重ねにしたキッチンペーパーで包み、耐熱皿に乗せラップなしでレンジで2分ほどチンすると、時短で水切りができますよ。

 

麩はグルテンを主原料とした加工食品です。すき焼きなどでよく使われる麩ですが、使いきれずに残っていませんか?

麩も余分な水分や、肉汁を閉じ込めてくれるのでジューシーな仕上がりになります。

細かく砕いてしっかりと他の食材となじませてあげるとしっかりつなぎの役割を果たしてくれますよ。

 

山芋

山芋も擦ることで粘り気が出るため、つなぎとして使用できます。

しかし粘度が高いため、形成しづらくなったり柔らかくなりすぎるので調理の際注意が必要です。

長芋でも代用可能ですが、山芋より粘り気が少なく水分を多く含んでいるのでさらに柔らかくなり調理しづらいかもしれません。

山芋の方が甘みもあるため、私は山芋をおすすめします。

 

水もつなぎとして代用が可能です。水で代用ができるなら、一番身近で便利ですよね。

肉と水が混ざり合うことで乳化し、まとまりやすくなります。

しかし量を入れすぎるとゆるくなりすぎてしまうので、ほんの少量ずつ入れるのがおすすめです。

 

塩にもつなぎになる要素があり、代用ができると言えます。

塩を入れて混ぜ合わせることによって、タンパク質が分解されるため粘度が高まります。

また、保水性もあるためタネが崩れくくなるのでつなぎに適しています。ただし、こちらも入れすぎてしまうと塩辛くなってしまうので注意が必要です。

 

コーンスターチ

コーンスターチはトウモロコシから作られた粉で、見た目も片栗粉と似ています。

もちろん風味や食感に多少違いがありますが、つなぎとして使うような少量であればそんなに違和感なく使えるでしょう。

 

 

そもそもつなぎは絶対必要なの?

ここでは12種類のつなぎで使える片栗粉の代用をご紹介しました。そもそもつなぎとは必ず必要なものなのでしょうか?

もちろんつなぎはあれば崩れにくい、失敗しにくいという利点がありますが、なくてもハンバーグなど挽肉料理はできます!

ぱさつかないようしっかりよく捏ねるのがポイントです。

少しかための仕上がりにはなりますが、つなぎがない分、肉肉しい仕上がりになりますよ。

プロの料理人さんでもあえてつなぎを入れない、むしろ必要ないと言う方もいらっしゃるようです。

 

 

片栗粉とは何からできている?

片栗粉は、元々カタクリというユリ科の植物が原料で、球根から作られたでんぷんの粉のことを指していました。

しかし、現在はじゃがいものでんぷんが原料となっているものが流通しています。

片栗粉は料理だけでなく、お菓子作りにも使用されることがあります。

 

料理では、

  • 挽肉料理などのつなぎ
  • スープやタレ、ソースなどのとろみ付け
  • 肉魚などにまぶして食材を柔らかくする
  • 揚げ物をサクサクに仕上げる

というような役割があります。

詳しくはこちらの記事もご一緒にどうぞ。

片栗粉の代用品はどれ!?ダイエット中ならコレで決まり!!

 

 

 

片栗粉の代用としてつなぎに使えるおすすめの食材12選を大公開!のまとめ

  • 小麦粉
  • パン粉
  • 米粉
  • じゃがいも
  • おから
  • 豆腐
  • 山芋
  • コーンスターチ

 

片栗粉の代用でつなぎにおすすめの食材を紹介しました。

いかがでしたでしょうか?

身近にある食材や、ヘルシー食材、余りやすい食材など幅広くあることがわかりましたね!

個人的にはダイエットのときはおから、豆腐、水、がおすすめです。

ジューシーな仕上がりがお好みであればしっかり肉汁を閉じ込めてくれる麩なんかもおすすめですよ。

私もダイエット中や、ガッツリ食べたい!などそのときの気分でつなぎを変えて作っています!

ぜひ皆さんもつなぎに使う片栗粉がない!なんてときは、料理や仕上がり別に使い分けて調理してみてくださいね!

© 2022 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5