広告

空腹時間を作ると若返るは嘘?本当のところどうなのか徹底検証!!

空腹時間って、1日のうちどれくらいありますか?

なんだかんだとお腹が空いたら何か食べたくなりますよね。一方で「空腹時間を作れば若返り効果がある」という説があります。

これが本当なら、積極的に空腹時間を作りたくなりますよね。この説が本当か嘘かを検証します!!

 

 

「空腹に若返り効果がある」は嘘じゃない

空腹感が若返り効果があるというのは、本当です。ですが、ただ空腹になれば良いというわけではありません。

最近では「オートファジー」と呼ばれる16時間断食など、空腹感を利用したダイエットが流行りましたよね。

オートファジーとは、

オートファジー (Autophagy) とは、細胞が持っている、細胞内のタンパク質を分解するための仕組みの一つである。酵母からヒトに至るまでの真核生物に見られる機構であり、細胞内での異常なタンパク質の蓄積を防いだり、過剰にタンパク質合成したときや栄養環境が悪化したときにタンパク質のリサイクルを行ったり、細胞質内に侵入した病原微生物を排除したりすることで生体の恒常性維持に関与している

引用:Wikipedia

簡単に言うと、細胞から余分なものを排除し生まれ変わらせる、ということです。

ダイエット効果があるとのことで有名になった言葉です。でも実はダイエットにだけではなく若返り効果もあるんです。

では空腹時間と若返りの関係を、オートファジーダイエットを中心に説明していきます!!

 

空腹時間に若返り効果がある理由

そもそも16時間断食がダイエットに効果があるのは、体の仕組みに関係しています。

脂肪は食後から10時間ほどで分解され始め、エネルギーとして使われるようになります。この時、体に備わっている「オートファジー」が発動し、細胞から余分なものを分解して、新しく生まれ変わらせます。

このように、細胞が生まれ変わることが「若返り」に効果があると言われています。

そして、このオートファジーを起こすには空腹時間が必要不可欠になってきます。

このことから、空腹時間が若返りに関係している、というわけなんです。

 

長寿遺伝子がONになる

人類の長い飢餓の歴史から生まれた「長寿遺伝子=サーチュイン遺伝子」というものがあります。

これは、2003年にマサチューセッツ工科大学のレオナルド・ガレン教授により発見されたものです。

長寿遺伝子には細胞を修復し若返らせる働きがあるほか、動脈硬化や糖尿病などの病気を予防する効果があります。

しかし長寿遺伝子は、普段はオフ状態となっているのでスイッチを入れる必要があります。

このスイッチを入れるために有効な方法といわれているのが、カロリーを25%ほど制限すること!

カロリー制限を3週間続けるだけで、長寿遺伝子の活性化が認められると報告されているのです。

このようにカロリーを制限し、空腹時間を持つと若返りが期待できるというわけです。

 

 

オートファジーがもたらす様々な効果

オートファジーダイエットがもたらす効果に若返りがあることがわかりました。

ですが、他にもたくさんの嬉しい効果があるんです!!どんな効果があるのか知りたいですよね。

では、どんな効果があるのかみていきましょう!

 

肌や筋肉の老化を抑える

まずは若返り効果について説明していきます!

人間の体は、低酸素や飢餓状態になると働きが活性化します。

断食を取り入れることで、細胞内の不要物が排出され、循環のスピードが上がるのだとか。

16時間空腹の時間を毎日作ることで細胞が活性化され、肌や筋肉の老化を抑えることができるんです!!

このことによって、

  • 肌にツヤが出る
  • 便秘が改善される
  • 不眠改善
  • 自己免疫力の向上
  • がんや高血圧予防

など、体にとって嬉しい効果ばかりです。

 

脂肪燃焼効果

空腹時間を作ることは、脂肪の燃焼にもつながります。

脂肪燃焼は食後10時間程度から始まるとされています。そのため、食後から10時間以上時間を空けるだけで、ダイエット効果は期待できます。

脂肪には内臓脂肪と皮下脂肪があるとされています。体脂肪をいかに効率的に分解するかがダイエットは必須になってきますよね。

また、人間の体には「ケトン体」物質があります。これは脂肪を分解する時に発生する物質のこと。

食後12時間ほどで体に蓄えられた糖が完全に消費された後、この「ケトン体」がエネルギー源として使われるようになります。

このことを「ケトン体代謝」といい、

  • 傷ついたDNAの修復
  • 抗酸化作用が発揮される

といった体に嬉しい効果があるんです!!

若返り効果にも「抗酸化作用」や「DNAの修復」は関係してきます。体の内側から綺麗になっていくというわけですね。

そして、16時間が経過すると、「オートファジー」が活躍し始めます。

 

 

オートファジーダイエットの正しい方法

さて、ここまでオートファジーダイエットの嬉しい効果を見てきました。

この効果を見ていると、「明日からやってみよう!!」と思っている人もいるのではないでしょうか。

ですが、正しい方法を知らないと、せっかくの効果を最大限に引き出せません。始める前に正しい方法を知っておきましょう!!

 

8時間は好きなものを食べて良い

オートファジーダイエットの良い点は、「8時間は好きなものを食べられる」という点です。

基本的に食事ができる時間帯は、午前10時から午後18時の間、とされています。「朝ごはんが遅く、夕ご飯を早めに」というイメージですね。

日中の時間を食事に充てることができるので、それほど空腹感を感じずに済むのではないでしょうか。

 

生活リズムに合わせられる

ですが、なかなか朝10時から夜18時の間に食事を摂れない、という人もいますよね。

そんな人は自分の生活リズムに合わせて時間の設定をしましょう。また、空腹時間を長く感じてしまうとストレスにつながるので、少しでもストレスのない時間帯に設定することをオススメします。

 

食べ過ぎない

いくら好きなものを食べられると言っても、暴飲暴食しても良いというわけではありません。

カロリーは意識しつつオートファジ―ダイエットを行わないと、かえって太ってしまう危険性があります。

まず、胃腸の調子や便通が良くなっていない場合、食事を見直す必要があります。

1日2000キロカロリーを目安にし、食物繊維を積極的に摂るようにしましょう。食事で摂ることが難しい場合は、サプリメントで摂る方法もあります。

また、排出を促すために、水分もこまめに補給してあげてくださいね!

 

無理をしない

オートファジーダイエットは空腹時間を作ることが必須ですが、体調が悪くなってしまった場合は、必ず中断してください。

食事の量を減らしたり、日中に空腹時間を充ててしまう場合、血糖値が下がってしまうことがあります。めまいや吐き気といった症状があらわれてしまった場合は、すぐに中断し様子を見てくださいね。

 

空腹が辛いときの対策

人間なので、ストイックに頑張れないこともありますよね。

そんな時に「食べても良い物」を紹介します!!我慢できない時に食べても良い物を知っておくと、少し安心してダイエットを始められますよね。

オススメの食べ物としては、

  • ナッツ類
  • 糖質の少ない果物(グレープフルーツなど)
  • ヨーグルト
  • コーヒー(ブラック)
  • 炭酸水
  • スムージー(糖質を控える)

空腹になると、ついつい糖質を求めがちですが、そこはぐっと我慢しましょう。また、ナッツ類はカロリーが高いので、食べ過ぎないように注意してくださいね。

また、空腹を紛らわせるのに、ガムを噛んだり歯を磨いたりすることも効果的です。

うまく空腹を紛らわせるなど工夫をしながら、オートファジーダイエットを続けていってくださいね。

 

 

空腹時間を作ると若返るは嘘?本当のところどうなのか徹底検証!!まとめ

空腹時間を作ることは、若返りと関係していることが分かりましたね。

また、オートファジーダイエットについても紹介をしてきたので、ここまでの内容をまとめてみましょう!

  • 空腹時間を作ることで「オートファジー」が働き、若返り効果がある。
  • オートファジーは肌や筋力の老化の抑制にも関係している。
  • 脂肪燃焼効果があるため、オートファジーダイエットは効果的。
  • オートファジーダイエットは8時間以内であれば、好きなものを食べて良い。
  • 空腹が辛い時に食べて良いものもある。
  • 体調に合わせ、無理をしない。

若返りは誰しもが興味のある話題ですよね。

毎日のオートファジーが辛ければ、週一回の断食でも効果があるそうです。無理しない範囲でやってみましょう。

空腹時間を利用することで、若返り効果だけでなく、健康にも良い影響を与えるので、正しい方法で生活に取り入れてみましょう!!

© 2022 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5