テレビ

松本宗志福岡第一高校バスケ選手の経歴・プロフィール

松本宗志選手は福岡県福岡第一高校のバスケットボール選手です。中学時代には同じ福岡県の西福岡中学で、全国制覇。そんな選手が高校に入るわけですから注目にならないわけがない。そして、中学時代のチームメイトと別の高校に進学し、高校生どおしで試合するなんて、スポーツの世界ではよくあることなのかもしれませんね。



松本宗志福岡第一高校バスケ選手の経歴・プロフィール

中学時代は、全国優勝。将来を注目されるバスケット選手です。

中学時代のチームメートと、別の高校に入っても非常に高いレベルで切磋琢磨されています。





福岡第一高校ってどんな学校?

福岡第一高等学校(ふくおかだいいちこうとうがっこう)は、福岡県福岡市南区玉川町にある私立高等学校。運営母体は、学校法人都築学園。

運営母体を同じくする純粋な姉妹校である第一薬科大学付属高等学校とは100mほどしか離れておらず、一般には同校を合わせて「一高」または「第一」(ダイイチ)と呼ぶことが多いです。

間際らしい感じですね。

バスケットボール部の活躍

バスケットボール部は2009年、2016年、2019年のインターハイで優勝、2016年に旧ウインターカップ、2018年にもウインターカップ(選手権)制覇を果たしている。

もう、バスケットボールの世界では大変な活躍をしている高校です。出場すれば全国制覇を狙えるようなレベルと言っていいでしょう。

今年は、コロナの影響も多く全国大会は、冬のウィンターカップしか開催されませんが、当然活躍が期待されます。

2011年もウインターカップに出場したが、セネガル人留学生2人が欠場したのも響いたためか2回戦(1戦目)で敗退している[1]。

年齢詐称疑惑なんてこともありました。

学校関係者の中では触れられたくない問題かもしれませんね。

2004年の全国高校総合体育大会優勝時に在籍し当時留学生だったディアン・ティエルノ・セイデゥ・ヌロが来日当時に年齢詐称していた疑惑が浮上。

当初はパスポートを理由に否定していたものの、2008年に虚偽の出生証明でパスポートを取得した事がセネガル当局の調査で判明した。

高校総体の出場資格が年度末までに19歳以下と定められているのに対し、4年9ヶ月詐称していたディアンは来日時21歳だったため、2011年9月3日付けで2004年の全国高校総合体育大会の優勝及び2005年の同大会3位の成績が取り消される事態となった。

福岡第一の都築仁子校長は都内で「何らやましいことはない。一方的な処分だ」として、法的手段に訴える意向を示した。

全国高等学校体育連盟専務理事は処分について「勝利至上主義は誤りと認識させなければならない、よってこの処置とした」と説明している。

野球部も活躍しています

野球部は全国高等学校野球選手権大会(夏の甲子園)に2回、選抜高等学校野球大会(春の甲子園)に1回出場している。

夏の甲子園は1974年の第56回大会にて初出場、2回目の出場となった1988年の第70回大会では準優勝している。しかし、2010年に部内暴力及び喫煙行為が発覚し、3か月間の出場停止となったため、この年の第92回大会への参加が不可能となる事態も発生している。

春の甲子園は1988年の第60回大会に出場しています。

うーん、表の顔以外にも、色んな顔?を持っている学校かなあ。

吹奏楽部も活躍しています

吹奏楽部は日本代表としてウィーンで行われた世界大会で2度の優勝を果たし、2度目は大会の賞を独占し、翌年ウィーンから正式招待を受けて演奏旅行を行っている。数年前まで吹奏楽連盟が主催する全日本吹奏楽コンクールで全国大会に出場し、全国大会の常連校としてその名を知られている。

全体的にお金持ちの学校なのかな?




卒業した西福岡中学ってどんな学校?

 

-テレビ

© 2021 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5