広告

喪服の代用はユニクロでもOK!大事なのは故人を偲ぶ気持ちです!

ご不幸の知らせはいつも突然にやってきます。

いざ喪服が必要となったら太ってしまって着れない!なんてこともありますよね。

改めて買うにも高すぎてとてもそんな余裕はない、急すぎて時間もあまりない!

そんな時、喪服の代用にユニクロがおすすめですよ。

 

 

喪服の代用はユニクロでもOK!そもそも喪服の定義は?

喪服とは、葬儀や法事で着る服です。

そして、故人を偲んで「喪に服す」ための服でもあります。

葬儀や「法事だから」とただ着用する服ということではなく、故人を偲び、弔意を表す服なのです。

喪服を着る意味…意外に知らない方も多いのではないでしょうか?

 

喪服には格式がある

喪服には3つの格式があります。

 

正喪服

1番格式が高い喪服です。基本的に、喪主やご遺族が着用します。参列者は着用しません。

 

準喪服

正喪服に準する服のことです。

正喪服と同等の意味ですが、違いは正喪服より高級な素材を使用していない、装飾が控えめなものです。

一般的に喪服とは、この準喪服を指します

 

略喪服

1番格式の低い服です。「平服」といわれますね。

暗めの色のスーツなど、就活でも使えるような日常に普段使いできる服です。

ほとんどは通夜などで着用します。

 

 

喪服の代用はユニクロでもOK!ユニクロがおすすめの理由とは

男性の場合、喪服の代用としてユニクロの上下セットアップスーツが最適。おすすめです!

 

引用:ユニクロ ストレッチウールジャケット

価格:15,900円

引用:ユニクロ ストレッチウールパンツ

価格:7,990円

 

女性の場合は、残念ながらユニクロにはワンピースのアンサンブルがありません

でも、ジャケットとパンツまたはスカートの上下セットアップがおすすめです!

 

引用:ユニクロ ストレッチテーラードジャケット(ミドル丈)

価格:7,990円

こちらのジャケットはロング丈もありました。↓↓↓

引用:ユニクロ ストレッチテーラードジャケット(ロング丈)

価格:7,990円

 

引用:ユニクロ ストレッチパンツ

価格:3,990円

引用:ユニクロ ストレッチフレアスカート(ロング丈)

価格:2,990円

 

基本的に既製品ですが、カスタムオーダーしてサイズ調整をすることも出来るので、体形に合わせた服を揃えられます。

ただし注意点も。

靴、バック等の小物はユニクロでは揃いません

基本的にユニクロで取り扱っているものはスーツ、シャツ等の洋服なので、小物系は別のネットショップや販売店で購入しておきましょうね。

 

リーズナブルな価格で高品質

特に男性はほとんどの方が喪服にブラックスーツを着用します。

男性はブラックスーツばかりの中ではその品質の良し悪しがわかりやすいので、品質は良いものを用意したほうがベストです。

生地の質感で体のラインに沿ってシワが目立ってしまったり、サイズも合わない場合は形が崩れてシルエットがきれいに見えなかったりと、結構品質の違いがわかってしまうんですよね。

女性の場合はアンサンブルだったり、ブラックスーツだったり多種多様なので、男性ほどにパッと見でも品質の違いは分かりづらいようですね。

気になるお値段ですが、専門店で喪服を購入する時、【3万~5万円】くらいはかかります。急な出費でこの金額はキツイ…。

ユニクロなら上下揃えたとしても【男性なら3万円以下】、【女性なら2万円以下です。

これでも痛い出費ですが、喪服としてだけではなく、結婚式など他のシーンでもインナーのシャツを変えたり、アクセサリーを添えたりとおしゃれに楽しんで着こなせるので重宝します

 

ユニクロはジャケットだけ、パンツだけ等必要な服を購入できる

専門店では喪服は基本的にセット販売です。

ジャケットだけ、パンツだけをチョイスして購入できたとしても非常に高くつきます。

ユニクロでは個別に購入できるので、必要な服だけを揃えることが可能なのが助かります。

 

ユニクロのカスタムオーダー

ユニクロには既製品とカスタムオーダーできる服がある

既製品でもサイズがあれば良いのですが、難しい場合は店頭でサイズを測ってもらいサイズを調整してもらえるカスタムオーダーができます

ただ時間が本当にない場合は、カスタムオーダーだと最低でも3日はかかるので少し余裕がある場合に限られてしまうかもしれません。

本当に緊急に必要な時はおすすめしません。

カスタムオーダーで補正した場合は、商品価格にプラス料金がかかりますのでご参考までに。

注意

袖丈補正:2,000円

ボトムス裾上げ:無料(カットオフ、ミシン縫い)

スカート裾上げ:1,500円

 

ユニクロのカスタムオーダー:男性の場合

引用:ユニクロ

 

参考

  • レギュラーフィット、スリムフィットの2種類から型を選びます。
  • ボディサイズを選びます。 40(XS)〜56(3XL)の9サイズがラインナップされています!
  • 袖丈は1cm単位、着丈は2cm単位で自分に合った丈を選択できます。
男性用のおすすめはどのジャケット?

 

ストレッチウールジャケット!実際触ってみると、感動シリーズより高品質な感じだよ。

スリムフィットよりレギュラーフィットが使いやすく、着回ししやすいと思うよ。

おとうさん

 

ユニクロのカスタムオーダー:女性の場合

引用:ユニクロ

 

参考

  • 1つボタン、2つボタンの2種類から型を選びます。
  • 1つボタンはウエストが絞ってあり、フェミニンな印象。スカートスタイルにおすすめです。
  • 2つボタンはフォーマル、ビジネスに最適なスタンダード。パンツスタイルにおすすめです。
  • サイズは 34(XS)〜48(3XL)から選ベます。豊富なサイズ展開が嬉しいです。
  • 男性同様、袖丈は1cm単位、着丈は2cm単位で自分に合った丈を選択できます。

 

サイズも豊富!カスタムすると体に合ったものが購入出来ていいな。

 

 

喪服の代用はユニクロでもOK!参列の際の身だしなみとマナー

葬儀に参列する際の、男性と女性それぞれのマナーの注意点があります。

 

葬儀に参列する際のマナーとは:男性の場合

ブラックスーツ

光沢の少ない漆黒のスーツが無難です。

今回はユニクロのストレッチウールジャケットのセットアップをおすすめしています。

現代、男性はほとんどの方がブラックスーツです。その中でも品質が良くないものだと安っぽくなってしまいますので、品質は重要ですね。

 

黒いネクタイ

ネクタイピンなどのアクセサリーはつけないようにしましょう。

 

黒い靴

黒ならなんでもいいということではなく、できるだけ金具や装飾がない、ファッション性が高くないシンプルな靴がいいでしょう。

 

黒い靴下

靴下も黒で統一しましょう。

 

ワイシャツは白の無地

ボタンダウンは避けましょう。カジュアルな印象になるので葬儀にはふさわしくないですね。

長袖がいいとよくいわれますが、真夏に長袖で気分を悪くしてしまってはいけないので、状況に応じて半袖のシャツで良いと思います。

 

葬儀に参列する際のマナーとは:女性の場合

アンサンブルなどのブラックフォーマルまたはブラックスーツ

ユニクロにはアンサンブルがないので、ブラックのセットアップスーツがおすすめです。

 

インナーは白のブラウス又は黒のカットソー

当然ですがカラフルな色や、装飾が華やかなものは避けましょう。

 

黒い靴

ピンヒールやハイヒールは避けましょう。

 

黒の薄手のストッキング

冬の寒い時期、最近は黒タイツでも問題ないようです。

 

アクセサリーはつけない

真珠系のシンプルなものはよしとされています。二連以上のタイプは、不幸を重ねることを連想させるためタブーとなっています。

 

ネイルやメイクはシンプルに

ネイルは葬儀の際、ナチュラル系に塗り直した方がいいです。故人を偲ぶのに派手で華やかなネイルはおかしいですからね。

すぐに落とせない場合、手袋を着用する、ネイルシールを貼るなどするといいですよ。

 

葬儀に参列する際の共通マナー

殺生をイメージさせるものは避ける

毛皮や、動物の皮とわかる爬虫類系の皮革はNGです。

どうしても革製品を身に着ける場合は、ツヤを抑えたものを選びましょう。

 

光沢のある装飾品などはNG

華やかかで派手な印象となるような装飾品は弔事にふさわしくありませんので、ネックレスなら白又は黒のパール系がにしましょう。

 

必要以上に肌を露出させない

これは常識的なことですかね。

 

喪服の代用はユニクロでもOK!大事なのは故人を偲ぶ気持ちです!まとめ

  • 喪服の定義とは、故人を偲び、弔意を表す服
  • 喪服には格式がある
  • 喪服の代用にユニクロがおすすめの理由はリーズナブルで高品質、必要な服だけ購入可能
  • 靴、バック等小物はユニクロ以外で揃える必要がある
  • ユニクロのカスタムオーダー
  • 葬儀に参列する際のマナー

今回は喪服について私も色々と勉強させていただきました。

正直、濃いめのブラックスーツであれば問題ないのではないか?と個人的に思っていました。

ただ、薄手すぎてシワが目立ってしまったりチープな印象を持たれてしまうような素材は避けた方がいいですね。

なんにせよ、どのような服装でなければいけない。という決まったルールはないんです。

地域によっても違いがあったり、故人との関係性や式の形式によっても正喪服が好ましいとか、準喪服でも問題ないとか言われます。

参列してみないとお葬式の形式もわからないですし、準喪服としてユニクロのブラックスーツを着ていくのが無難だと思います。

普段使いできそうなのもいいですしね。

もちろん、急なことに備えて正喪服は高品質なものを専門店で準備しておくことも大切。

一番大事なことは故人を偲ぶこと。みなさんのお悩み解決の参考になれば幸いです。

 

© 2022 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5