広告

ナノケアEH-NA0JとEH-NA0Gの違いは何?パナソニックのドライヤーを選ぶ理由は⁉

みなさんは家電を買う時はどこをポイントにして選びますか?

デザイン?それとも機能ですか?

 

先日、私が長年使っていたドライヤーが壊れました。

 

「髪のパサパサも気になるし、髪のケアもできるドライヤーが欲しいな」

 

そう思って、新しいドライヤーを検討することにしました。

 

ドライヤーを買う機会ってそう頻繁にないですよね。

 

「こっちの方がよかったな」

と後で後悔しないためにも、しっかり検討して買いたいと思いませんか?

 

そこで、パナソニックから最近発売されたナノケアEH-NA0Jと旧型のEH-NA0Gの2つを比較してみることにしました。

 

また、パナソニックのドライヤーが選ばれる理由についてもお話しします。

 

今、ナノケアEH-NA0JとEH-NA0Gどちらか買おうか迷っている人は必見ですよ!

 

 

ナノケアEH-NA0JEH-NA0Gの違いは何?

 

 

パナソニックのヘアードライヤーナノケアEH-NA0J は2022年9月EH-NA0Gは2021年 9に発売されました。

 

EH-NA0JとEH-NA0Gの違いは7つあります。

 

本体の大きさ 高さ22.1×幅14.8×奥行7.4cm【EH-NA0J】

高さ22.4×幅21.6×奥行8.9cm【EH-NA0G】

高浸透ナノイー&ミネラルの吹き出し口 髪から近い【EH-NA0J】

髪から遠い【EH-NA0G】

搭載されているモード

【EH-NA0J】

  • スマートセンシング
  • 4つのモード(温冷リズム 、毛先集中ケア 、スカルプ 、スキン)

【EH-NA0G】

  • 5つのモード(温冷リズム 、毛先集中ケア、インテリジェント温風 、スカルプ 、スキン)

風量

1.6㎥/分【EH-NA0J】

1.5㎥/分【EH-NA0G】

温風温度

約95℃ スカルプモード約60℃【EH-NA0J】

約125℃ スカルプモード約60℃【EH-NA0G】

付属品 根元速乾ノズル、セットノズル【EH-NA0J】

セットノズル【EH-NA0G】

重さ(本体のみ) 550g【EH-NA0J】

595g【EH-NA0G】

 

本体の大きさ

 

引用 パナソニック公式

 

EH-NA0JとEH-NA0Gの一番の違いはここだと思います。

EH-NA0JはEH-NA0Gに比べ、コンパクトになり、折りたたんで収納するということがなくなりました。

体積はなんと、27%も減ったそうです。

写真で比べると、大きさの違いがよく分かりますね!

 

高浸透ナノイー&ミネラルの吹き出し口

 

引用 パナソニック公式

 

EH-NA0JはEH-NA0Gより高浸透ナノイー&ミネラルの吹き出し口がより髪に近くなっています。

 

そのため、高浸透ナノイー&ミネラルが髪に届きやすくなり、よりまとまった髪へ仕上がります。

 

搭載されているモード

 

引用 パナソニック公式

 

EH-NA0Jはスマートセンシングと4つのモード、EH-NA0Gは5つのモードとなっています。

EH-NA0Jでは、EH-NA0Gに搭載されていたインテリジェント温風モードがなくなりました。

インテリジェント温風モードは約60℃~約110℃の温風で夏の暑さや熱の暑さを低減できるモードです。

 

EH-NA0Jではこのモードがなくなりましたが、スマートセンシングというモードが追加されました。

このスマートセンシングは温風と環境温度のセンサーで自動的に風温をコントロールしてくれます。

 

つまり、EH-NA0Gでは温度調節を手動でしていましたが、EH-NA0Jでは自動になりました。

 

風量

 

EH-NA0Jでは1.6㎥/分とナノケア至上最大の風量となっています。

風量が大きいと乾かす時間が短くなるので助かりますね。

 

温風温度

 

EH-NA0JはEH-NA0Gに比べ温度が低くなりました。

スマートセシングにより過度な熱を防いでくれます。

この機能で、暑い夏でも快適に乾かすことができるのが嬉しいですね。

 

付属品

 

セットノズルは髪をセットするときに使いやすい幅広のノズルです。

 

EH-NA0Jはセットノズルとは別に根元速乾ノズルがついています。

こちらは、風を絞ることにより根元まで届くので、毛量の多い人におすすめです。

 

重さ(本体のみ)

 

EH-NA0Gは、今までパナソニックで発売されたドライヤーの中でも重めです

 

EH-NA0JではEH-NA0Gに比べて45gの軽量化となりました。

 

 

ナノケアEH-NA0JとEH-NA0Gの共通点は何?

 

 

では、EH-NA0JとEH-NA0Gの共通点は何でしょうか?

共通点は大きく分けて4つあります。

 

高浸透ナノイー&ミネラル

 

引用 パナソニック公式

 

ナノイーとは空気中の水分を細分化したイオン、ミネラルはミネラルマイナスイオンのことです。

 

高浸透ナノイーは 髪に水分を与え、潤いと滑らかさをもたらします。

 

従来のナノイーに比べ、高浸透ナノイーは発生方式を変えたので髪の内部まで浸透しやすくなりました。

 

引用 パナソニック公式

 

ミネラルによりキューティクルを守ることで、ヘアカラーや白髪染めの持ちをよくします。

 

キューティクルの密着性が高まり、UVケア効果やブラッシングなどの摩擦ダメージを抑えることができます。

 

カラーは3色

 

引用 パナソニック公式

 

EH-NA0Jはディープネイビー 、ラベンダーピンク、 ウォームホワイトの3色となっています。

引用 パナソニック公式

 

EH-NA0Gはディープネイビー 、モイストピンク、 ウォームホワイトの3色となっています。

 

4つの搭載モード

 

  • 温冷リズムモード

温風と冷風を自動で切り替えます。

  • 毛先集中ケアモード

周囲の温度をセンサーで検知して温風冷風を自動で切り替えます。

  • スカルプモード

約60℃の(室温が30℃の時)風で地肌に優しく髪を乾かします。

  • スキンモード

高浸透ナノイー&ミネラルを含んだ風を顔にあてることで、肌のうるおいを保ちます。

 

消費電力、電源、電圧

 

消費電力はどちらも最大時に1200Wとなっています。

電源は100V、電圧は50⁻60Hzです。

 

 

ナノケアEH-NA0JEH-NA0Gの口コミは?

 

 

これまでは機能や性能など商品について比較をしてきました。

 

実際に使ってる人の口コミが知りたい

 

そうですよね。

 

それでは、実際に使った人の口コミをまとめてみました!

 

ナノケアEH-NA0G

 

良い口コミ

  • 音が静かです。
  • 早く乾くのに熱くならないのでこどもがドライヤーを嫌がらなくなりました。1,2分は時短になったと思います。
  • スキンモードがついているので美顔器の代わりにもなります。
  • スカルプモードの使用で長年悩んでいたフケが改善されました!

 

悪い口コミ

  • サイズが少し大きいため、片手でボタン操作をするのが大変です。
  • 今まで使っていたドライヤーより重く、腕が疲れてしまいました。
  • 値段が高く、期待したほどの効果はありませんでした。

 

ナノケアEH-NA0J

 

良い口コミ

  • 温風の温度が下がり、風量も強くなったことで髪が傷まずとてもいいです。
  • デザインがシンプルでかっこいい。
  • 頭皮のスカルプモードと顔のスキンモードもあって、ナノケアシリーズが格段に進化を遂げていると思いました。
  • 旧型より片手でボタン操作できるようになり、楽になりました。

悪い口コミ

  • 温冷リズムモード時に、温も冷も同じホワイトライト点灯なのでどちらか分かりづらいと思いました。
  • 持ち手部分が折りたためないので意外と収納の場所をとり、旅行用には適していません。
  • ナノイーやミネラルの効能が目に見えないので、壊れた時に正常かどうか自分でわからないのが嫌です。

 

 

ナノケア以外にも人気商品がたくさん!パナソニックのドライヤーが選ばれる理由は?

 

 

ドライヤーは安いもので数千円から買うことができます。

 

正直、パナソニックのドライヤーは値段が高い方です。

 

しかし、それでも人気なのはなぜでしょうか?

 

たしかに、機能や性能もかなり魅力的です。

 

他にも、パナソニックのドライヤーが選ばれる理由を口コミから探してみました。

 

  • パナソニックの製品だったので安心して買いました。
  • 他のメーカーと迷いましたが、結局日本のメーカーを選びました。
  • パナソニックの商品はスタイリッシュで、品質がいい。
  • パナソニックというブランドに魅力を感じます。

 

口コミを見ていると、安心感ブランドという言葉がありました。

パナソニックは、1937年にヘアードライヤーの1号機を発売しました。

ドライヤーの開発の歴史は85年以上にもなります。

その歴史が、信頼や安心感となり、パナソニックというブランドを確立しているのではないでしょうか。

 

ナノケアEH-NA0JとEH-NA0Gの違いは何?パナソニックのドライヤーを選ぶ理由は⁉まとめ

  • ナノケアEH-NA0JとEH-NA0Gの違いは本体の大きさ、高浸透ナノイー&ミネラルの吹き出し口、搭載されているモード、風量、温風温度、付属品、重さ(本体のみ)の7あります。
  • ナノケアEH-NA0Jの方がコンパクトで風量も大きくなっています。
  • ナノケアEH-NA0J ではEH-NA0Gのインテリジェント温風モードがなくなり、スマートセンシングが追加されました。
  • 高浸透ナノイー&どちらも搭載され機能的にはさほど変わりはありません。
  • パナソニックのドライヤーが選ばれる理由は、歴史に培われた安心感やブランド力があるからでしょう。

 

いかかでしたか?

 

最近発売されたナノケアEH-NA0Jと旧型のEH-NA0Gの2つを比較してみました。

 

パナソニックのドライヤーはどんどん進化をしていることが分かりますね。

 

髪を乾かしながら髪だけでなく、肌もケアをしてくれるので値段が高いというのもわかる気がします。

 

値段はやはり旧型というのもあり、ナノケアEH-NA0Gの方が安くなっています。

 

おすすめポイント

  • 値段が少し高くてもコンパクトで風量がある方が好みならナノケアEH-NA0J
  • 少しでも安く、髪をケアできるドライヤーを買いたい人や折りたためるドライヤーが好みならナノケアEH-NA0G

 

どちらのドライヤーも髪をきれいにしてくれます。

 

機能的にはあまり違いはありません。

 

あとは、みなさんの好みで決めるのもいいですね。

© 2022 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5