広告

寝癖の直し方をご紹介!水なしできれいに直る方法があります!

あなたは日々、寝癖を直すのにストレスを感じていませんか?
どれだけ寝る体勢に気をつけても、朝起きたら髪の毛が大爆発!なんてことありますよね。

時には、「朝から出勤の準備でバタバタしていて忙しいのに、髪の毛を濡らしてる暇なんてないよ!」と怒りがわいてくることも…。

そんなあなたのために「水なしで寝癖を直す方法」をご紹介します!

 

 

水なしで寝癖を直す方法とは?寝癖直しのアイテムもご紹介!

 私がオススメする、水なしで寝癖を直す方法は3つ!

水なし寝癖の直し方

  • ドライヤーを使う
  • 帽子をかぶる
  • 寝癖直しのスプレーを買う

それぞれの方法を詳しく解説しますね!

 

ドライヤーを使う

ドライヤーを使う時のコツは「根元から毛先に向けてゆ~っくりと温風を当てること」です。髪先のうねりやハネが気になって、そこだけにドライヤーの温風を当ててしまいがちですが、それではなかなか寝癖は直りません。

髪の毛はどんどん毛先に向かって広がっていきますから、根元からまっすぐにしないとシャキッとしないんです。そして、寝癖が直らないと焦って至近距離で強い温風を当てる人がいますが、それは髪の毛や頭皮に悪影響なのでやめましょう。

 

帽子をかぶる

帽子の種類はどれでも構いませんが、ハットやキャップ、ニット帽がオススメです。私はいつも水泳帽をかぶっていました。
帽子で髪の毛を押さえつけ、自分から出る湿気で矯正します。

帽子の良いとこは、朝起きてからすぐかぶっても、かぶったまま日常生活を送れることです。そして会社に行く前に帽子を脱げば良いだけなので、とても簡単です。

ひどい寝癖の時は、そのまま外に出ても恥ずかしくない帽子をかぶれば、出かけながら寝癖を直すことができます。

帽子を使って寝癖を直すときは、まっすぐ帽子をかぶらないとさらに癖がつくので、そこだけは気をつけましょう!

 

近くのお店で寝癖直しのアイテムを買う

朝、きれいに寝癖を直したはずなのに気づいたらまた髪の毛がうねっていた!という経験ありませんか?

出先でドライヤーもないし帽子も持っていないし、途方に暮れたという時はドラッグストアやコンビニなどで売られているアイテムが役に立ちます。

引用:マツモトキヨシ

このようなかばんに入れておけるサイズの商品がたくさん販売されていますので、備えとしてひとつ持っておくのもアリかもしれませんね。

 

 

どれだけ気をつけていても寝癖がつくのはなぜ?

寝癖ってなんでつくの?

寝癖がつく理由

髪の毛が水分を含むと、寝癖がつきやすくなります。
すなわち、睡眠中は自分から出る汗や部屋の湿気が寝癖の原因となるのです!

また、寝返りによって髪の毛が生えているのと違う方向に圧をかけてしまったり、枕で擦ってしまったりすると、きつく型がついた寝癖に…。

「寝相に気をつけよう」というのはなかなかできないので、寝る前にできる「寝癖を予防する方法」をご紹介します!

 

 

寝る前に寝癖予防!翌朝イライラしないためにできることとは?

寝癖を直すための朝の時間がもったいないと思っているあなたへ、ちょっとした工夫で朝が楽ちんになる寝る前の簡単な寝癖防止法をお伝えします!

これで朝スッキリ!寝癖防止法

  • お風呂上りにしっかりと髪の毛を乾かしてから寝る
  • 寝汗をかかにように、寝室は快適な室温を保てるようにする
  • (ロングヘアにオススメ!)髪の毛が広がらないように軽く結んで寝る
  • (ショートヘアにオススメ!)フードつきパーカーのフードできれいに頭を包んで寝る

寝癖の原因「水分・汗・圧」から髪の毛を守るのが1番の寝癖防止法です!

ロングヘアは寝返りをした時に、枕との摩擦で髪の毛が絡まったり、毛先が折れたりして寝癖がつくと同時に髪の毛の痛みにもつながります。
シュシュのような、あまりきつくないヘアゴムを使って軽く髪の毛を結ぶのがコツです!

ショートヘアにオススメのフード包み法は、フードをかぶる時に髪の毛に型をつけないように「ゆっくり、丁寧に」を心がけてくださいね。
私はフードをかぶって寝ると心が落ち着くのもあって、この方法がお気に入りです。

 

 

寝癖の直し方をご紹介!水なしできれいに直る方法があります!のまとめ

水なしで寝癖を直す方法を3つご紹介しました。

  • ドライヤーを使う
  • 帽子をかぶる
  • 寝癖直しのスプレーを買う

そして、寝癖がつく原因は

  • 水分
  • 自分の汗
  • 髪の毛を押さえつける圧

などです。この原因にさえ気をつければ、翌朝の寝癖直しが楽になります!

  • お風呂上りにしっかりと髪の毛を乾かしてから寝る
  • 寝汗をかかにように、寝室は快適な室温を保てるようにする
  • (ロングヘアにオススメ!)髪の毛が広がらないように軽く結んで寝る
  • (ショートヘアにオススメ!)フードつきパーカーのフードできれいに頭を包んで寝る

このような対策をしっかりして、気持ちの良い朝を迎えましょう!

私は、会社に行く前や出かける前に前髪がピシッときまらなかったり、寝癖でパックリと分け目ができてしまったりして、鏡の前で寝癖と格闘したことが多々あります。

そして私は悩んだ結果、ショートヘアにしました。そういう大胆な決断も時にはアリかもしれませんよ!ヘアスタイルを変えると気分転換にもなります。

寝癖に悩まされているあなたも、いろいろと試してみて、自分に合った解決法が見つかればいいですね。

© 2022 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5