広告

猫よけにキッチンハイターは効果あるの?身近な物で猫よけ可能?!

普段は可愛くて癒される猫ちゃん達。庭にふらっと現れるだけなら癒されますが、そのまま困った落とし物をしていきます・・・・・・。

その困った落とし物、フンやオシッコに悩んでいる方は多いのではないでしょうか??

猫にフンやオシッコをされないためには根気よく継続的な猫よけ対策が必要です。

猫よけグッズは色々売っていますが、まずは自宅にある身近なものから試してみたいという方も多いのではないでしょうか?

そんな猫よけ対策として有名なのがキッチンハイターです。実はキッチンハイターには一定の猫よけ効果があるのです。

 

 

猫よけにキッチンハイターは効果あるの?

まずはキッチンハイターの成分をご紹介しますね。

キッチンハイターの成分

以下の3つがキッチンハイターの主な成分です。

 

次亜塩素酸ナトリウム

水道水やプールの消毒に使用されているキッチンハイターの主成分です。あの独特な臭いのもとですね。

アルコールで除菌できないことで有名なノロウイルスの除菌にも効果がある成分です。次亜塩素酸ナトリウムには、漂白・洗浄・脱臭・殺菌作用があります。

嫌な臭いを発するため、嗅覚のするどい猫にも、猫よけとしての効果がありそうです。

 

水酸化ナトリウム

次亜塩素酸ナトリウムの成分を汚れに浸透させる働きがあります。こちらは猫よけには関係なさそうです。

 

界面活性剤

キッチン用洗剤などにも含まれており、軽い汚れであれば落とすことができる成分です。

毒素があるため、誤飲してしまうと嘔気・嘔吐等、人体に悪影響を及ぼすと指摘されています。

もちろん猫にも悪影響を及ぼすため、猫よけに効果がありそうです。

 

猫よけにキッチンハイターを使った方々の口コミ

キッチンハイターの成分的には猫よけ・消臭効果がありそうなことが分かりました。そこで、実際に猫よけにキッチンハイターを使った方々の意見をまとめてみました。

 

【良い口コミ】

「犬や猫のフン対策には漂白剤が効果ある」

「効果絶大」

「ハイター水はかなり成功率が高い」

【悪い口コミ】

「猫のニオイ消しにはなるけど、猫よけとしては一時的な効果」

「キッチンハイターは一時的な対応策」

「キッチンハイターで消臭することはできたけど、猫よけには向かないみたい」

「雨が降った次の日にはやられていた」

 

猫にも個体差があるため絶対ではありませんが、猫よけとして一定の効果はありそうですね。そして消臭効果には期待できそうです。

フンやオシッコの臭いはかなり困った問題ですよね?猫よけと同時に消臭効果が期待できるのは一石二鳥ですね。

 

 

猫よけにカビキラーも効果あるの?

 

キッチンハイターは塩素系漂白剤で、似たような商品としてカビキラーがあります。

キッチンハイターが猫よけに使えるのであれば、カビキラーも猫よけに使えそうだと思いますよね?

実は、カビキラーにも猫よけに一定の効果があります。

 

カビキラーの成分

カビキラーの主成分はキッチンハイターの主成分と同様、次亜塩素酸ナトリウム、水酸化ナトリウム、界面活性剤です。

これだけ聞いてもカビキラーも猫よけに使えそうですよね?その他に、エタノール・塩化ベンザルコニウム・香料等を含んでいます。

 

エタノール

いわゆるアルコールのことです。人が消毒用エタノールを使うとき、傷口が染みたり嫌な臭いだと感じることがあると思います。そのため、猫よけとしても使えそうです。

ただし、アルコールを猫が誤飲してしまうと亡くなってしまうほど危険な成分なため、取り扱いには注意が必要です。

 

塩化ベンザルコニウム

手指消毒剤等に使用されておりカビへの殺菌効果、点眼薬やコンタクトレンズの洗浄液に使用されており防腐剤としての効果があります。猫よけの効果は薄そうですね。

 

香料

いわゆる香りです。カビキラーの香料は「シトラス」ですね。実は、猫は柑橘系のニオイを嫌がります

猫よけの商品を調べてみると「レモングラス」といったように簡潔系の香りを使っていることが分かります。

「シトラス」の香りのするカビキラーは猫よけの効果がありそうですね。

 

猫よけにカビキラーを使った方々の口コミ

猫よけにカビキラーを使ってみた方の口コミはこちらです。

【良い口コミ】

「一時的には効果があった」

「これは効果的」

「猫の姿が見えないので効いたのかな?」

【悪い口コミ】

「別の猫なのか、今年の春にまた糞が…」

猫にも個体差があるため絶対ではありませんが、キッチンハイターと同様に猫よけとして一定の効果はありそうですね。

 

 

猫よけに効果的なキッチンハイターやカビキラーの使用方法と注意点

 

 

ここまででキッチンハイターとカビキラーには猫の嫌がる成分が含まれており、猫よけとして一定の効果があることが分かりました。そこで使い方、注意点について紹介します。

 

使用方法

キッチンハイターもカビキラーも濃いめに希釈したものを散布して使用します。散布場所は、ずばり猫の生活経路です!!

例えば、猫の通り道、休憩している場所、トイレとして使っている場所等、猫が快適に過ごしている場所に散布します。猫の生活経路に散布することで猫を近寄らせないようにするためです。

 

注意点

原液を容器にいれてそのまま置いておくこと、金属類にかけてはいけません!

なぜなら猫がキッチンハイターもカビキラーも誤飲してしまうと死んでしまう可能性があるからです。また金属類にかけてしまうと金属が腐食してしまうため気を付けましょう。

また、キッチンハイターは散布して使用するため、約1週間程度で効果が薄まってしまいます。雨でキッチンハイターが流れてしまっても効果が薄れてしまうようです。

効果を持続させるためには、定期的に散布する必要があります。

さらに、キッチンハイターやカビキラーでの猫よけは臭いでの対策です。

キッチンハイターやカビキラーの臭いは猫の嫌がる臭いであり、最初は効果が得られても、同じものを使い続けることで、効果がなくなると言われています。

これが、一次的に効果があったといわれる所以です。猫には「慣れる」という習性があり、次第にその臭いを「安全だ」と学習し、認識してしまうためです。

そのため、キッチンハイターだけでの猫よけ対策は難しいかもしれません。

数日置きに散布する薬剤を変えて「慣れ対策」を行い、そこが「嫌な場所」だと学習させることが大切です。

 

 

猫よけにキッチンハイターは効果あるの?身近な物で猫よけ可能?!のまとめ

  • キッチンハイターやカビキラーには猫の嫌う臭い・身体に悪影響を与える毒素が含まれている。
  • キッチンハイターやカビキラーは金属を腐食させてしまう。
  • キッチンハイターやカビキラーには猫よけとして一定の効果がある。
  • キッチンハイターには消臭効果がある。
  • キッチンハイターやカビキラーの散布場所は、猫の生活経路である。猫がトイレとして使っている場所、快適に過ごしている場所等に散布する。
  • 猫よけの効果を持続させるために、定期的に散布する必要がある。

猫よけの基本は、「慣れ対策」「継続性」です。

キッチンハイターやカビキラーにも猫よけ対策として一定の効果はありますが、慣れさせてしまったら意味がありません。

一度慣れてしまうと猫よけ対策として使えなくなってしまいます。

慣れて安全だと認識させないように他の薬剤の併用や、場合によっては他の猫よけアイテムを活用しながら根気よく対策を行いましょう。

© 2021 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5