広告

猫よけにカビキラー?効果とリスク!安全で効果抜群な対策は?!

猫って、人懐っこく来たと思えば、気分屋で自由気ままに遊びにでかけ、でもご飯の時間にはしっかり帰って来たりと、可愛くて憎めない動物ですよね。

ですがそんな可愛い猫ちゃんでも、発情期のヒステリックな鳴き声や、所構わず排泄したりと、糞尿被害の犯人になっていることも事実です。

今回は、そんな犯人に悩まされているあなたのお役に立てる記事になっています。

あなたは、そんな猫ちゃん達を寄せ付けない猫よけグッズとして、あのカビキラーを使う方法が巷で有名だということをご存知でしたか?

カビキラーって、人体にも害がありますよね。それを害があるとわかっていながら、猫よけとして使うってどうなの?

という事で、今回カビキラーの猫よけへの効果とリスク・その他安全で効果のある方法がないか調べてみました。

 

猫よけに効果的なカビキラーの成分を分析

カビキラーって、お風呂やトイレ、キッチンの流しの掃除などに使われるアレですよね。

カビが発生した所に散布して、サランラップで密封したら、薬剤が浸透してより効果的~なんてお掃除業界でよく言われています。

ですが、カビキラーっていうだけあって、生き物に害があるイメージがあり、猫よけとして売られているものでは、断じてないですよね。

実際にカビキラーを使う際に、手袋をして、換気もしっかりしましょう!と注意書きで書いてあります。

そこら辺に散布することで、猫だけでなく何もわからない子どもや赤ちゃんにも被害が及ぶ可能性だってあるんです。

なのになぜ、そんなカビキラーが猫よけとして使われることになったのでしょうか。

それは、カビキラーの中に含まれている成分に答えがありました。カビキラーの成分として、エタノール・塩化ベンザルコニウム・香料が主に調剤されています。

その中の香料が主に猫よけとして効果があるようなのですが、使われているものが一体どんな成分なのか、ひとつひとつ見て行ってみましょう。

 

エタノール

人間の消毒用にもエタノールが販売されていますが、傷口に塗ると痛いですよね。エタノールというのは、アルコール成分です。

カビキラーでは、主に殺菌・消毒用として使われているみたいですね。

猫は肝臓でアルコールを分解できず、ほんの少量であれば、さほど問題ありません。

しかし、ある一定量を超えてしまうと、呼吸が出来なくなったり、致死量に至り、大変危険な事態を招くことにもつながるのです。

 

塩化ベンザルコニウム

一般的に殺菌剤として用いられていて、カビキラーの成分としては主に殺菌用として使われているようです。

一般的にはコンタクトレンズの洗浄や、点眼液の中にも少量含まれています。

しかし、こちらも皮膚刺激性・粘膜刺激性は弱めですが、濃い状態の液を皮膚や粘膜に用いると、刺激症状が出現します。

また、それが長時間になったり、広範囲に用いられた場合には、筋脱力を起こすこともあるようです。

実際に、ウサギの舌の粘膜で生体実験して、皮膚刺激性について発表されています。

 

香料

カビキラーには、シトラス系・無香料タイプなどがあります。

人間にとったら、シトラス系や爽やかな柑橘系のにおいって、元気が出たり、リフレッシュできたりなどいい効果がありますね。

しかし、猫は特に柑橘系のにおいが苦手だと言われていて、しかも、猫は人間の10万倍程度の嗅覚を持っているとのこと!

なので、ほんの少量でもシトラス系のにおいをつけることが猫よけに効果があるそうなんです。

しかし、実は、それだけではないようなんですね。

猫ちゃんが酸っぱいにおいを「毒」だと判断する理由は、この酸っぱいにおいの成分の中に入っている『リモネン』という有害物質の影響なんだそう!

人工的に作られた香料だけなら問題ないのかも知れませんが、猫ちゃんも「毒だ」と判断するだけに、しっかり本能として命の危険を察知しているんですね。

猫よけの前に、命を守る正しい知識は人間側もつけたい所です。

 

 

猫よけグッズでカビキラー以外に期待できる対策は?

はい、猫よけにカビキラーが有効な理由を見ていきました。

効果はあるのはわかったけど、でもぶっちゃけ、猫にも人間にもそんなに害があるものなんだったら、別の方法でもよくない?って思いませんか?

だって、わざわざお金を支払って害になるものを使うくらいなら、害にならない上に、お金もかからず、効率のいい方法がわかれば、そっちを試したくありませんか?

そういう意見も出るかと思い(笑)、カビキラーを使わずに猫よけできる方法を見つけました!

猫も人間も、お互い安全な方法で済むんだったら、それに越したことはないですもんね。

それでは、対策を講じるのにお手頃な手段から紹介して行きますので、一緒に見て行きましょう。

 

水を撒く

猫は、自分で体温調節ができず、水に濡れる事で体温が下がります。そのため、嫌いとか苦手とかいう前に、水に濡れることで、生命の危険を感じます。

つまり、猫ちゃんがよく通る場所に水を撒くだけでも不快感を与えることができるんですね。

もちろん1回では効果はないかも知れませんが、繰り返し水を撒いて嫌な気持ちを植え付けることで、「この場所は嫌な場所だ。」と足が遠のいて行く可能性大です。

出来るだけ広範囲に、毎日撒くようにしてみましょう。

 

アルミホイルを敷く

ご存知でしたか?どのおうちにもあるアルミホイルで猫よけができるそうなんです!

アルミホイルって言えば、焼き芋を焼いたりオーブンやグリルを使う時に、食材がくっつかないように敷いて使う、アレですよね。

他にも、ぐちゃぐちゃに丸めてゴボウやジャガイモの皮を剥いたりにも使える便利なアルミホイルですが、猫よけにも効果があるなんて!

スーパーでも安価で売られていて手に入りやすく、今すぐにでも試すことができます!そして何より、害がない!これは有益な情報です。

さて、ではなぜアルミホイルが猫よけになるのでしょうか。

アルミホイルって、ちょっと固めの素材で出来ていて、丸めたり破ったりしてもカシャカシャ音がしますよね?

実は、あれが猫ちゃんにとってすごく不快な音なんだそうです。

あと、踏んだ時の感触が、自然界にはない不自然な感触の為、猫ちゃんが本能的に避けるといった効果があります。

敷く時のポイントとしては

音が出やすいように、一度ぐしゃぐしゃにしてから敷く。
敷く場所は、トイレをする場所・ブロック塀の上など猫がよく通る場所に敷く。

 

しかし、これにはやはり、デメリットもあります。それは、何度も踏まれることでヘタって来て音がならなくなるので、定期的にこまめに取り替える必要があること。

そして、ご近所迷惑にならないように、風で飛ばされないように固定する必要があることです。

 

超音波が出る装置を設置する

ちょっと意外...というより、犬は鼻がいいのは有名ですけど、猫は耳がいいっていうのは、私は今回初めて知りました!

耳の先に生えている房毛という部分で、風向きや音波を感じることができるからなんだそうです。

特に「超音波のような人間には聞こえない高い音」「飛行機の音」などの音を嫌いますよね。

そんな猫ちゃんの特性を活かして、ホームセンターなどでは、猫を察知したら超音波を出して猫を追い払うという装置も売られています。

ものによっても異なりますが、お値段は【3,000円~8,000円】で、電池式とソーラー式があります。

少しお値段が張りますが、調査の結果どの口コミを調査した結果

「半信半疑で購入してみたけど効果はあった。」

「昨日までのウンチやオシッコの被害がピタリと止みました。」などの声が聞かれていました。

何をしても効果がないようなら、多少お金がかかってもこのような装置を購入した方が、返ってストレスもかからずにいいのかも知れません。

 

 

猫よけグッズやカビキラーを使わず、猫と歩み寄る

猫はプライドが高く、気分屋ですが、自分が今何をしたらいいのかじっくりと周りの状況を見て判断する、賢い動物です。

なので、どれだけ猫よけ対策を講じても一時的で終わり、人間と猫のいたちごっことなり、結局疲弊してしまうかも知れません。

実際に、犬猫が口にしたら死に至るというネギや玉ねぎを食べ物に混ぜて与えては!?と考える方もいらっしゃるようですので。

それだけ猫の被害に精神的に追い詰められ、悩まれている事実も存在しているということですですね。

そんな猫と人間が、うまく付き合っていく方法はないのでしょうか。その方法をここではご紹介して行きます。

 

猫が過ごしやすい環境をつくる

最初にも述べた通り、猫は本来、綺麗好きで頭のいい生き物です。

よく自分の前足で顔も洗って(?)いますよね。トイレだって、どこそこ違った場所にしたりはしません。自分のテリトリーの範囲内でマーキングをしています。

そんな猫の特性を生かし、猫の公衆トイレを作ったらいいと提案している方がおられます。

NPO法人「猫の避妊と去勢の会」の理事長 桐畑陽子さんです。

桐畑さんは、必要以上に猫が嫌われ者にならないようにという想いのもと、トラブルを回避する「猫よけノウハウ」を紹介しています。

猫の公衆トイレは、庭の一角にスペースを設け、柔らかい土・砂を入れることで、そこで排泄をする習慣ができる。

猫に歩み寄ることが出来れば、他での被害も減るはずだと講演会でも言われています。

参考記事「猫よけ」のノウハウ教えます 猫と円満な関係を築くには | 犬・猫との幸せな暮らしのためのペット情報サイト「sippo」

 

野良猫を増やさない努力をする

そんな被害を起こす猫が増える原因のひとつとして、家の周りにやってきた野良猫に同情し、避妊・去勢をせずに餌を与えることが上がっています。

猫は繁殖力の高い生き物です。手術しないで放置すると、1年後には1頭が20頭以上、2年後には80頭以上に増えると言われているそうです。驚きですよね。

猫の被害が...と猫を疎ましく思う前に、

飼い主が責任をもって避妊・去勢手術を受けさせる。
可愛いからという理由だけで安易に飼わない。

といった、殺処分される猫を増やさない努力をしないことには、いつまでも問題解決はせず、それこそ、いたちごっこでいつまでも悩まなければならないのかも知れませんね。

 

 

猫よけにカビキラー?効果とリスク!安全で効果抜群な対策は?!のまとめ

さて、今回は猫よけグッズのうち、カビキラーの効果とリスク・また、その他に安全で効果的な対策がないかどうか調べてみました。その結果、

  • カビキラーは猫よけとしての効果はあるけど、有害物質が含まれていて猫にも人間にも害がある。
  • その他の手頃にできる対策もあるが、管理面を見ると面倒になってくる。
  • どうしようもない時には、超音波を発生させる装置を購入することも視野に入れる。
  • 猫よけ対策は根気強い繰り返しの対策が必要なので、諦めずに自分のストレスが最小限になる方法を選択する。
  • そもそも、被害を起こす猫が増える原因が人間にもあるということを理解して、根本からの解決方法を考えて行く必要がある。

という事が分かりました。

ライオン以外のネコ科の動物は、普段なわばりを作り生活しています。

そのなわばりを他の猫に宣言するために、オシッコやウンチ、爪とぎを目立つところにすることで「マーキング行動」を行っています。

その場の殺菌作用、猫よけ作用として、カビキラーが効果があるとのことでした。

しかし、これらの習性を見ても、自分の快適な環境を守る為にマーキングしていることがわかりますね。

そんな猫ちゃんと上手く付き合って行くためには、猫の気持ちも尊重しつつ、お互いきもちのよい関係性を築いていきたいですね。

© 2021 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5