広告

シャインマスカットを離乳食で使えるのはいつから?時期別に解説!

シャインマスカットを子どもにも食べさせてあげたいけど、離乳食からあげても大丈夫かな?どのようにあげたらいいのだろう?と悩んでしまう方もいるのではないでしょうか。

この記事ではそんな悩みを解決するべく、シャインマスカットを離乳食で使用する方法について書いています。ぜひ参考にしてみてください。

 

シャインマスカットを離乳食で使えるのはいつから?

シャインマスカットは、離乳食初期(生後5~6ヶ月)から使うことができます

その他のぶどうも、この時期から使用することができ、消化が良く酸味が弱いので離乳食に向いている食材です。

果肉もやわらくて調理しやすいので離乳食で使用しやすい食材といえます。

 

 

シャインマスカットを離乳食で使う時は生でもいいの?

間違いの無料写真

離乳食初期~中期は加熱してから使うのがおすすめです。離乳食を作るときは手を使って作ることが多いですよね。

また、加熱することでアレルギー反応が出るのを抑えることができます。加熱しなければいけないという決まりはありませんが、加熱してから与えてあげるのがおすすめです。

 

 

シャインマスカットを離乳食で使う時の注意点

拡大の無料写真

シャインマスカットを早速、離乳食で使ってみようと思われたら、ぜひ次の2点に注意してあげてください。

 

アレルギー

どの果物もアレルギーが出る可能性があります。シャインマスカットも例外ではありません。少量から始めて、様子をみながら徐々にあげる量を増やしていきましょう。

赤ちゃんに初めてのものを与えるときは、平日の午前中がいいといわれています。

それは、もし何かあった場合にすぐ病院に連れて行けるからです。もしも何かあった時のために頭に入れておきましょう。

 

誤嚥(ごえん)

シャインマスカットは弾力がありつるっとしていますよね。そのままの丸い形であげてしまうと誤嚥する可能性があります。

誤嚥について消費者庁からも注意喚起が出ています。あげるときは注意しましょう。

 

ミニトマトやブドウ等の球状の食品を丸ごと食べさせると、窒息するリスクがあります。乳幼児には、4等分する、調理して軟らかくするなどして、よくかんで食べさせましょう。

引用 消費者庁 消費者への注意喚起 

シャインマスカットを離乳食で使おう!時期別に解説!

食品の無料写真

シャインマスカットを離乳食に使う場合、時期で調理方法が変わってきます。時期別に解説していきますね。

 

離乳食初期(生後5~6ヶ月)

「ごっくん期」ともいわれ、赤ちゃんが母乳やミルクからの栄養だけでなく食べ物から栄養をとれるようにするための練習を始める時期です。

離乳食初期でシャインマスカットを使用する場合は、実を潰して果汁のみからはじめましょう

シャインマスカットは甘みが強いため、湯冷ましなどで少し薄めてからあげるのが良いですね。

赤ちゃんは甘い物を好むので、強い甘みに慣れてしまうのを防ぐためです。

果汁をとるのが面倒だな~と感じる方は、お茶パックを使うといいですよ。お茶パックの中につぶしたシャインマスカットを入れ、果汁を搾ります。

使った後はそのまま捨てられるので片付けも楽々です!

調理するときには手を使うことが多いですよね。衛生面、アレルギーのことを考えると加熱してから与えてあげるのがおすすめです。

加熱することでアレルギーを引き起こす原因となるたんぱく質を分解して、アレルギー反応が出るのを抑えることができますまた、皮や種は取り除いてあげましょう。

 

離乳食中期(生後7~8ヶ月)

離乳食にも慣れて上手にごっくんと飲み込めるようになってきたら、次の段階にステップアップしていきましょう。

離乳食中期のこの時期は「もぐもぐ期」ともいわれ、赤ちゃんが舌を上下に動かして食べ物をつぶし、飲み込む練習をする時期です。

離乳食初期に与えるペースト状のものを口を閉じてごっくんと上手に飲み込める、もぐもぐと口を動かすようになる、などの様子がみられたら離乳食中期に移っていいタイミングです。

離乳食中期では、果肉も食べられるようになってきます。

ですが、シャインマスカットの果肉は弾力があるため細かくみじん切りにしたり、すり鉢などでピューレ状にして与えます

この時期も離乳食初期と同じように、アレルギーの心配があるため加熱してから与えてあげるのがおすすめです。

また、加熱することで果肉が柔らかくなり調理しやすくなります

 

離乳食後期(生後9~11ヶ月)

口をもぐもぐ動かして食べる様子がみられたり、1日2回の離乳食のリズムが整ってきたら後期の食事に移行していきましょう。

「かみかみ期」ともいわれるこの時期は、食べ物に興味を持ち、手を伸ばして触ったりつかんだりする様子がみられます。

自分で食べたい!という気持ちを大切にして、少しずつ自分で食べられるようにサポートしてあげましょう。

離乳食後期からは、形を残したままあげることができます。ですが、皮や種は取り除き5~8mmくらいの角切りにしてあげましょう

この頃になると自分でつかんで食べようとするので手づかみ食べを始める良いタイミングといえます。

食べこぼしの片付けなどが大変になりますが、子どもの自分でやりたい気持ちを見守ってあげたいですね。

 

離乳食完了期(生後12~18ヶ月)

この時期は「ぱくぱく期」ともいわれ、ほとんど大人と同じものが食べられるようになり必要な栄養を食事からとれるようになります。

自分で食べる食事へと本格的に移行していく時期なので、フォークやスプーンをもたせて自分で食べる練習をさせてあげましょう。

シャインマスカットをあげるときは、1/4の大きさに切って与えまそのままでは誤嚥の危険性があるためです。

子どもの様子をみてさらに小さくするなど、大きさは調節してください。

 

シャインマスカットを離乳食で使えるのはいつから?時期別に解説!のまとめ

  • シャインマスカットは離乳食初期(生後5~6ヶ月)から使うことができる
  • 離乳食初期~中期では加熱してから使うのがおすすめ
  • 離乳食初期で使うときは果汁のみから始める
  • 離乳食中期で使うときは細かいみじん切りやピューレ状にして与える
  • 離乳食後期で使うときは5~8mmの角切りにして与える
  • 離乳食完了期で使うときは1/4の大きさに切って与える

月齢はあくまでも目安です。また、時期によって適した形状が違うので子どもの様子をみながら子どもに合った食事ができるようにサポートしていきましょう。

悩むことが多い離乳食ですが、子どもが自分で食べられるようになるのはあっという間です。子どもの成長をそばで見守りながら一緒に楽しい食事ができるといいですね。

© 2022 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5