広告

【ヤリスクロスの内装が安っぽい?】その理由と人気の秘訣を大公開

ヤリスクロスとは、トヨタのスポーツタイプの多目的車のひとつです。

そんなヤリスクロス、実は内装のプラスチック感が半端なく安っぽいという評価が多いという情報が入って来ました。

その他の車の内部にもプラスチックは沢山使われていても、安っぽく見えないように仕上げられているのですが、ヤリスクロスの内装はその点パッとしないよう。

しかしグレードによって、冷めた手や座面、背もたれを温めるヒーターが搭載されていたり、運転席の座席の位置を電動で整える等、その細やかな機能に関しては高い評価を得ています。

ヤリスクロスにはラグジュアリー感はないけれど、行動派の方にはピッタリの内装装備が充実しており、安っぽく見える以上の高い価値が人気の秘訣なんですね。

今回はそんなヤリスクロスの魅力に迫って行きたいと思います。

 

 

内装が安っぽい?!ヤリスクロスってこんな車

TVコマーシャルとかでよく観てはいるけど、実際どんな車なの?

TOYOTAのYouTubeチャンネルを見つけたので、是非ご覧ください。

引用:トヨタ自動車WEBサイト

 

 

ヤリスクロスの内装が安っぽい!と口コミされる理由

引用:トヨタ自動車WEBサイト

全てを完璧に整えるなんてことは不可能です。

予算を守りたいならそれなりのグレードを押さえたりする必要はありますよね。そんな中でも、【内装が安っぽい】と言われる理由があるはず。

ここでは、その理由について考察してみたいと思います。

 

しいて挙げるならここ?

考察してみますと言いながら、「しいて挙げるなら」なんて心細い書き方になってしまいました。(笑)

  • 内装のカラーの選択肢が少ない。
  • 高いグレードとの差が明確。
  • 機能が素晴らしいだけに、プラスチック感が目立つ。

私個人の意見としましては、ドリンクホルダーやステアリング周囲の色合いや模様は確かに、造りが簡素でオモチャのような印象は受けました。

人間の違和感は、理想と現実のギャップによって築かれて行くものです。

エンジンや機能性が高いだけに、期待感が膨れ上がって、内装を見て残念な気持ちになるのかな?と思います。

 

エクステリアと内装の統一感がない

ヤリスクロスと言えば、【力強いSUV】という印象のエクステリアです。

しかし、内装がZグレードだと、ダークブラウンの落ち着いた感じで、力強さとはちょっとかけ離れたイメージ。

Zグレードと言うと、最上のグレードなので高級感を演出してあるのかも知れませんが、上でも述べたように人間はギャップを感じてしまうと、違和感を感じる生き物ですよね。

違和感を感じる結果、このような「安っぽい」などの評判が出て来る要因のひとつとなり得るのです。

せめて、色合いを選んでカスタマイズできると満足度が上がるのかも知れません。

 

 

ヤリスクロスは安っぽく見えるけど多機能

引用:トヨタ自動車WEBサイト

しかし、安っぽく見えると言っても、こんなに人気なのはなぜでしょう?

そうは言われつつも、ヤリスクロスには消費者の気持ちを汲んだ機能が沢山備わっているんです。そこに隠された魅力を見て行きましょう。

 

コンパクトでも収納ベースは大容量

コンパクトなボディなのに、設けてある荷室は高さ732mm×長さ820mm(5名乗車時)×幅1,400mmの容量390L

しかも、載せる荷物に応じて荷室の高さも調節でき、背の高い荷物も載せることができます。

その上、グレードによって異なりますが、ベルト付き!!カーブする時に、「卵落ちないかしら...」なんて心配もしなくていいなんて......。

これで気懸りも最小限になり、安心して運転に集中できますね。

 

エンジン・サスペンションなどは評価が高い最新式

エンジンもサスペンションも高性能なものを使用しており、燃費もいい!

細かな比較は、引用サイトからご覧ください。

トヨタヤリスクロスとライバル車エンジンとの比較

ガソリン同士の比較

ヤリスクロス CX-3 ヴェゼル
排気量 1.5L 1.5L 1.5L
最高出力
*kW[PS]
rpm
88[120]
6,600
82[111]
6,000
95[129]
6,600
最大トルク
*N・m[kgf・m]
rpm
145[14.8]
4,800~5,200
144[14.7]
4,000
153[15.6]
4,600
トランスミッション Direct Shift-CVT 6AT CVT
駆動方式 FF
4WD
FF
4WD
FF
4WD
燃料 レギュラー レギュラー レギュラー

ヤリスクロスと同じく、1.5Lノンターボエンジンを採用するライバル車の、パワートレインスペックをまとめた。

ヤリスクロスのガソリンエンジンスペックは、CX-3とヴェゼルの中間だ。とはいえ3車、スペック大きな差はない。

ハイブリッド同士の比較 *FF車準拠

ヤリスクロス ヴェゼル キックス
排気量 1.5L 1.5L 1.2L
最高出力
*kW[PS]/rpm
67[91]
5,500
97[132]
6,600
60[82]
6,000
最大トルク
*N・m[kgf・m]/rpm
120[12.2]
3,800~4,800
156[15.9]
4,600
103[10.5]
3,600~5,200
モーター
最高出力
59[80] 22[29.5]
1,313~2,000
95[129]
4,000~8,992
モーター
最大トルク
141[14.4] 160[16.3]
0~1,313
260[26.5]
5,000~3,008
トランスミッション CVT 7速AT
駆動方式 FF
E-Four
FF
4WD
FF
燃料 レギュラー レギュラー レギュラー

ハイブリッドモデルがラインナップするライバル車と、ヤリスクロスハイブリッドのパワートレインを比較した。

ヤリスクロスとヴェゼルのスペックは近い。キックスはe-POWERモデルのため、エンジンは発電用。その分、モーターのスペックが高い。

ディーゼルエンジンとの比較

ヤリスクロス
ガソリン
ヤリスクロス
ハイブリッド
CX-3
排気量 1.5L 1.5L 1.8L
最高出力
*kW[PS]
rpm
88[120]
6,600
67[91]
5,500
85[116]
4,000
最大トルク
*N・m[kgf・m]
rpm
145[14.8]
4,800~5,200
120[12.2]
3,800~4,800
270[27.5]
1,600~2,600
モーター
最高出力
前:59[80]
後:3.9[5.3]
モーター
最大トルク
前:141[14.4]
後:52[5.3]
トランスミッション Direct Shift-CVT CVT 6AT
6MT
駆動方式 FF
4WD
FF
E-Four
FF
4WD
燃料 レギュラー レギュラー 軽油

ディーゼルエンジン仕様があるCX-3と、ヤリスクロスのそれぞれのパワートレインスペックを比較した。

ディーゼル車はトルクが太いが、出力はヤリスクロス ガソリン車と近い。また、CX-3のディーゼル車にはMT仕様がある。

引用:モビMOBY

 

 

ヤリスクロスはその他、便利な機能が満載

引用:トヨタ自動車WEBサイト

収納やエンジン以外にも、消費者の求めてた昨日が盛りだくさん!

他社ではなかなか見れない機能もあり、以下にまとめてみましたのでどうぞ。

 

ハンズフリーパワーバックドア(HYBRID Z、Z、HYBRID G、Gに標準装備)

両手に大荷物を抱えて、しかも雨!!なんて時。

荷物は下ろせないし、鍵も開けられないし...なんてご経験はありませんか?そんな困った事態の時の救世主とも言える機能です。

スマートキーを携帯していれば、リヤバンパーの下に足を出し入れするだけで、バックドアが自動開閉するんです!!

これはまさに、かゆい所に手が届くありがたい機能ですね。

 

コンセントがついている

これ、意外と重宝されます。うちもキャンプに行った時なんか、スマホやイヤホンの充電器の取り合いになるので、喉から手が出るくらい欲しい機能です。(笑)

車に備え付けてあるシガーソケットに挿すタイプの3連型充電器など、すぐに埋まってしまうし。

コンセントでしか使えない電気ポットや、IHクッキングヒーターなども使えると、アウトドア好きの行動派さんにはとても便利ですよね。

あればいいなと思ってはいても、なかなかあまり見かけない装備ではないでしょうか。

 

運転席のポジションを記憶

快適な運転席のポジションを、レバーひとつで再現でき、調節するストレスを軽減できるようになっているようです。

調節する小さなストレスが軽減できる上に、その時間が省ける分、荷物の確認や出発前の周囲のチェックに時間をあてられるので、とても運転者に優しい機能だと思います。

 

 

【ヤリスクロスの内装が安っぽい?】その理由と人気の秘訣を大公開のまとめ

ヤリスクロスの安っぽく見える理由と、その他魅力について書いて来ましたが、いかがだったでしょうか。

まとめ

  • 力強い見た目と、高級感を演出する色合いのギャップが違和感を生み出している可能性も
  • 機能性が高いだけに、内装への期待感が膨らむことで、実物を見て安っぽく感じる消費者心理が働いているかも!
  • ヤリスクロスはエンジンも最新式で、行動派の人にピッタリの装備と、かゆい所に手が届く機能が人気で評価が高い

一言に「安っぽい」とネガティブな言葉で決めつけて見ては、他の溢れる魅力に気づけなくなり、もったいないな~と思います。

というかそもそも、エンジンも内装もこだわって欲しい!というなら、それなりにお値段も高騰するでしょうし、消費者がどっちを取るかですよね。

ご自分のライフスタイルや価値観に沿ったものを選んで、上手にお買い物をしたいですね。

では!現場からは以上です!

© 2022 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5