広告

ブルーノの自転車について知りたい!どこの国のメーカーなの?

「天気のいい日におでかけがしたい」

「在宅ワークだから息抜きに体を動かしたい」

「休みの日に気軽に運動がしたい」

そんな風に思ったことはありませんか?

わかります。私も家で仕事をしていると、天気のいい日に外で何かしたいと思う時があります。

最近では、手軽に運動ができるサイクリングを始める方が多いそうです。

初心者にもおすすめの自転車といえばミニベロ。ミニベロとは、タイヤが20インチ以下の小型の自転車のことで、タイヤが小さく、町中での小回りがきくため街乗りに最適です。

そこで今回はミニベロを主に作っている、ブルーノの自転車についてまとめました。

「ブルーノってどこの国のメーカー?」

「ブルーノのミニベロはどれがおすすめ?」

「実際に乗ってから買いたいけど、取扱店はどこ?」

ブルーノの魅力をたくさんお伝えしていきます。

 

 

ブルーノの自転車が人気!どこの国のメーカー?

ブルーノ(BRUNO BIKE)は、2004年にスイスで誕生した自転車メーカーです。

「旅」をテーマに様々な種類の自転車を作っています。

ですが、レースや競技指向ではなく、街乗りからツーリングをコンセプトに掲げています。

ブルーノの自転車は北欧ならではのスタイリッシュなデザイン暖かみのある色使いが人気です。

近年日本でもその知名度を上げ、幅広い層に人気です。

 

 

ブルーノのミニベロが人気!その理由は?

冒頭でお伝えしたように、ミニベロとはタイヤが20インチ以下の小型の自転車のことです。

ブルーノのミニベロといえば、レトロなフォルムカラーラインナップが魅力です。

かわいらしい色合いで、男性だけでなく女性にも人気です。

ベーシックなモノトーンはもちろん、個性的なカラーもあるので、好みの1台がきっと見つかります。

また、ひとりひとりに合った個性豊かなミニベロが揃っているのも人気の理由です。

ロードバイクのような走行性能が期待できるモデルや、スカートでも乗り降りしやすいモデルなど、個性豊かなミニベロがあります。

適応身長150cm〜185cmと、小柄な方から大柄な方まで無理のなく楽しむことが可能です。

ブルーノは、小回りのきく自転車を探しているなら必見のメーカーです。

 

 

2022最新!ブルーノのミニベロの種類は?


2022年の最新モデルは、全部で8種類です。

VENTURA、MINIVELO、MIXTE、SKIPPERの4つのシリーズがあります。シリーズごとに詳しく紹介します。

 

上質な乗り心地「VENTURA」

引用:BLUNO online

「VENTURA BLACK EDITION」は、黒がメインでキリリとした雰囲気。サドルはレトロなBROOKS製C17です。

2分程度で輪行スタイルにできるので、旅のお供やツーリングに向いています。

・カラー:ブラック
・サイズ:385mm

・タイヤ:20インチ
・変速:16段

 

ブルーノの定番シリーズ「MINIVELO」

もっともモデル数が多いシリーズが「MINIVELO」です。

カラーバリエーションも豊富で、定番のシリーズです。

 

MINIVELO TOOL

引用:BLUNO online

フレームが長く、フラつきにくいロングホイールベースです。リアキャリア付きで、荷物をたくさん積めます

またダブルレッグスタンドなので、重い荷物を載せたまま駐輪しても倒れにくいです。お買い物に行くときにぴったりです。

・カラー:マットグレー、マットピンク、マットモスターコイズ
・サイズ:385mm

・タイヤ:20インチ
・変速:7段

 

MINIVELO 20 ROAD DROP

引用:BLUNO online

ロードバイクのようなハンドルのため、走行性能を重視する方におすすめです。

ロードバイクで使われるコンポーネントがついていて、16段変速のため細かくペースを調整できます。

クールな3つのカラーラインナップがあるのも魅力的です。

・カラー:クロームプレート、ブラック、ブラックCP
・サイズ:クロームプレート/510mmのみ、ブラック、ブラックCP/460、510、540mm

・タイヤ:20インチ
・変速段数:16段
・車体重量:10.2kg

 

MINIVELO 20 ROAD STI

引用:BLUNO online

こちらも、ロードバイクのようなハンドルのモデルです。

さらにブレーキと変速操作が1つのレバーで行える「STIレバー」がついています。

MINIVELO 20 ROAD DROPよりもロードバイクに近い操作感です。

・カラー:マットブラック、マットモスグレー
・サイズ:510mm

・タイヤ:20インチ
・変速:14段

 

MINIVELO 20 FLAT

引用:BLUNO online

アルミフレームのミニベロで、重さはシリーズ最軽量の9.7kgです。

漕ぎ出しがよりスムーズで、ストップ&ゴーが多い街乗りにピッタリです。

カラーは、かわいらしいマットピンクなので女性にもおすすめです。

・カラー:マットピンク
・サイズ:510mm

・タイヤ:20インチ
・変速段数:7段
・車体重量:9.7kg

 

お散歩自転車といえば「MIXTE」

フレームがサドルにかけて下がった形状で、またがりやすいシリーズです。

気軽に乗り降りできるため、「自転車散歩」にもってこいのミニベロです。

 

MIXTE SILVER EDITION

引用:BLUNO online

お散歩自転車の定番モデルです。6つの落ち着いたカラーラインナップなので、レトロなブラウンのサドルやハンドルが似合います。

オプションのカゴをつければ、買い物にもぴったりです。

・カラー:ゴールド、マットレッド、ピールブラック、メタリックグリーン、メタリックスカイブルー
・サイズ:410mm


・タイヤ:20インチ
・変速段数7段
・車体重量:10.3kg

 

MIXTE BLACK EDITION

引用:BLUNO online

スポーティーなデザインが特徴です。ブラックのパーツが使われているため、スーツや制服で通勤通学するのにもおすすめです。

・カラー:ブラック、ブルー、レッド、チョコ、サンド、コンクリートホワイト
・サイズ:410mm

・タイヤ:20インチ
・変速段数7段
車体重量:10.3kg

 

復活した人気シリーズ「SKIPPER」

引用:BLUNO online

一度は廃盤になったものの、根強いファンの声で復活しました。細身のクロモリフレームがスタイリッシュな印象です。

カラーリングは、服装に合わせやすいシルバーとブラックの2色となっています。

・カラー:スチールシルバー、スチールブラック
・サイズ:510mm

・タイヤ:20インチ
・変速段数7段
車体重量:10.7kg

 

 

ミニベロの選び方は?カゴを付けたいときはどうすればいいの?

ブルーノのミニベロはどれも可愛いものばかりですよね。ミニベロ選びに迷った時に、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

漕ぎ出しがスムーズ!もっとも軽いものは?

軽さ重視ならMINIVELO 20 FLATがおすすめです。

ブルーノには、やや重さのあるクロモリフレームのモデルが多くラインナップされていますが、MINIVELO 20 FLATは、軽量なアルミのフレームです。

漕ぎ出しがよりスムーズで、段差の乗り越えもスイスイできます。

 

値段が気になる!お手頃価格はどれ?

もっとも価格が安いのはMIXTE SILVER EDITIONMIXTE BLACK EDITIOSKIPPERです。

価格はどれも、税込み59,950円です。

スカートでも乗るならMIXTEシリーズ、シンプルなフォルム重視ならSKIPPERがおすすめです。

 

カゴをつけたいときはどうすればいいの?

引用:BLUNO online

カゴをつけたいときは、オプションでつけられます。ブルーノの魅力はオプションパーツの豊富さです。

他にもキャリア、スタンドなど、レトロでかわいらしい雰囲気に馴染むデザインばかりが揃っています。

 

 

ミニベロが欲しい人必見!取扱店はここ!

ブルーノの自転車が気になった方は、自転車ショップに行って実際に触れてみるのがおすすめです。

ちなみに私のおすすめは、ブルーノ販売台数日本NO.1のミニベロ専門ショップFLAMEbikeさんです。

「FLAMEbike」さんの1番の魅力は、ブルーノのミニベロが全車種・全色が揃っていることです。

そして、オリジナルペイントを施した貴方仕様のオリジナル・ブルーノや、BLOOKS仕様などの世界で1台だけのブルーノをつくれます。

「FLAMEbike」さん以外の取扱店は、Bruno自転車の 公式サイトのショップリスト(Shop)から調べることが出来ます。

大手ECサイトでも取り扱いがありますが、自転車ショップに行くとサイズの相談を聞いてくれることもあります。

とくに初めてのミニベロなら、自転車ショップに行って実際に見てみることをおすすめします。

 

 

ブルーノの自転車について知りたい!どこの国のメーカーなの? まとめ

  • ブルーノ(BRUNO BIKE)はスイスで誕生した自転車メーカー
  • 北欧ならではのスタイリッシュなデザインと暖かみのある色使いが人気
  • 2022年の最新モデルは全部で8種類
  • ブルーノのミニベロはカゴやキャリアなどのオプションパーツが豊富
  • ミニベロを買うなら「FLAMEbike」さんがおすすめ

ブルーノのミニベロでサイクリングを楽しみましょう!

© 2022 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5