テレビ

平岡和徳監督の経歴・プロフィール

平岡和徳監督は熊本県立大津高等学校サッカー部の総監督を務める方ですが、この高校、Jリーガーを50人近くも生んだとんでもない学校です。どうしてそんな事ができたんでしょう。当然指導者である平岡和徳監督の手腕による所も多いはずですが、どんなところが優れているのか気になるところです。

平岡和徳監督の経歴・プロフィール

  • 氏名:平岡和徳(ひらおか・かずのり)
  • 生年月日:1965(昭和40年)7月27日生まれ。
  • 出身地:熊本県下益城郡松橋町(現・宇城市)出身。
  • 松橋中学―帝京高校―筑波大学体育学部卒。

高校時代には名門・帝京高校サッカー部の選手・主将として2度の全国制覇を果たすと、筑波大学進学後も主将として総理大臣杯準優勝や関東大学リーグ優勝などの戦績を残す。
大学卒業後は熊本商業高校で5年間指導。1993年から大津高校へ赴任。同校を高校サッカーを代表する強豪校に育て上げ、さらに50名近いJリーグを輩出。
日本高校選抜の監督を務めるなど多方面で人材育成に尽力。その指導力には全国から注目が集まり学校や企業での講演もこなす。
日本サッカー協会技術委員会(日本代表強化部)にも籍を置き、日本オリンピック委員会教科スタッフとしの委嘱を受ける。 2017年4月、宇城市教育長に就任。

-テレビ

© 2020 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5