暮らしの知恵

ほうじ茶の飲みすぎは身体に悪い⁉デメリットやメリットをご紹介!

香ばしい香りと味が魅力的で、老若男女問わず人気なほうじ茶。

最近では、アイスクリームにチョコレート、スイーツやドリンクなど少し変わったフレーバーとして人気を集め、ほうじ茶ブームが加速中!

健康として、NHKのためしてガッテンでも取り上げられたほうじ茶ですが、

一方で体に悪いなんて噂もチラホラ。

そこで今回は、ほうじ茶のメリット.デメリット、本当に体に悪いのかを徹底調査してみました!!

 

ほうじ茶の飲み過ぎは体に悪いの⁇その理由とされる成分とは

 

ほうじ茶が体に悪いとされている言われている理由は

 

  • タンニン酸
  • アクリルアルミドを含んでいる
  • カフェイン

 

過剰摂取に繋がる可能性があるからなんです!!

では、詳しく解説していきますね。

 

タンニン酸

ほうじ茶に含まれる抗酸化作用を持つカテキンは、美容や健康に効果的な成分である一方、

 

カテキンは一度に大量摂取してしまうとカテキン同士が結びつき、タンニンという成分へと変化します。

 

タンニンは鉄の吸収を妨げるので、食事中など過剰に摂ると"貧血の原因"になります。

 

発がん性疑われるアクリルアルミド

アクリルアルミドは、接着剤の原料やタバコに含まれる物質であり、過剰摂取すると

神経障害を引き起こし、歩行や感覚に異常が現れるなどの中枢神経に障害を引き起こすとされる体に悪い物質なんです!!

 

ほうじ茶を飲んだから必ず癌になるというわけではありませんが、何事も摂取しすぎには注意ですね〜。

 

余談ですが…

ほうじ茶以外の食品でも120℃以上、または高温調理する事でも発生するので、私達は摂取する機会が沢山あるのだとか。

(こ、怖い!!!)

 

カフェインの過剰摂取になる!

 

カフェインを過剰に摂取すると、

  • めまい
  • 頭痛
  • 震え
  • 心拍数の増加や不整脈
  • 下痢や吐き気
  • 自律神経の乱れ

 

などを引き起こす可能性があります。

 

また、長期的な作用として

高血圧リスクが高まったり、妊婦さんが過剰摂取した場合に胎児の発育を阻害(低体重)する可能性も報告されているそうです。

 

ほうじ茶のデメリットとは?

 

ほうじ茶とは日本の緑茶の一種であり、茶葉を焙(ほう)じて飲用するものを指します。

 

煎茶や番茶などを強い火で焙って製造したものをほうじ茶と定義されています。

つまり、緑茶の一分類なのです!!知らなかった(o_o)

 

カテキン、ビタミンCが少ない!

緑茶を焙煎してほうじ茶にすると、熱でビタミンCが壊れます。

抗菌作用のあるカテキンも、少なくなってしまうんです。

 

なので、緑茶に比べるとカテキン、ビタミンCが少ないんですよね〜。

 

ただ、少量ではありますが、カテキン、ビタミンCを含んでいるので、小さなデメリットですね!!

 

飲み過ぎは、農薬中毒にご注意を!!

農産物に比べ、残留農薬の基本値が高いんです!

 

お茶の農薬に詳しい人によれば一部のお茶はその効能よりも農薬の害の方がはるかに大きく、まるで農薬を飲んでいるようなものも中にはあるとの事。

 

安全に楽しむためには、無農薬栽培や有機栽培のお茶を飲むことがマストですね〜!

 

ほうじ茶のメリットは??

 

長らくお待たせしました!!

ほうじ茶のデメリットや身体への影響について見ていきましたが、メリットも調査してみました〜(^O^)

 

ほうじ茶のメリットはデメリット以上にありますよ!

安心してくださいね♪

 

美容効果に期待!

ほうじ茶にはビタミンC、カテキンが入っている為、肌の老化を防いで、ハリ・ツヤや潤いを保つ働きがあります。

 

また、傷ついた肌を修復する効果もある為、美肌作りには欠かせないんですよ〜!

 

健康にも良いとされており、感染症や口臭予防にも効果あるんだとか。

大切だよね〜♪

 

胃酸の出過ぎを抑えてくれる

空腹時の食事でコーヒーやお茶に含まれるカフェインを摂取すると、胃酸が大量に出てしまい胃炎の原因となってしまう事があります。

 

ほうじ茶は他のお茶に比べカフェインの量が少ないため、空腹時でも胃酸の出すぎを抑えることができます。

 

胃への負担が少なくお年寄りや病気療養中の人も飲むことができるほうじ茶は、病院などの食事でもよく利用されているんですよ〜。

 

安心ですな(^^)/

 

血流を良くして、ダイエット効果もあり!?

 

ほうじ茶に含まれる香り成分の "ピラジン" は気持ちを落ちつかせるほか、身体を内側から温め、血流を良くする作用もあるんです♪

 

よって、ほうじ茶は身体の冷えやすい女性や食生活が乱れがちな方に特におすすめのお茶と言えます。

 

また、ほうじ茶にはカテキンが含まれている為、

脂肪燃焼や、血糖値の上昇抑制効果、脂肪吸収などなど、ダイエット効果に期待大ですね〜!!

 

健康に、美容に美BODYに嬉しいメリットの多い ほうじ茶。

 

私も初めて見ようと決心しました〜!!!(楽して痩せたい…)

 

リラックス効果

ほうじ茶に含まれている "テアニン"

アミノ酸の一種である旨味成分は、心身をリラックスさせる働きがあるんだとか。

 

心をほっと落ち着かせてくれるほうじ茶は、仕事の合間や一日の終わりにひと息つきたい時にもぴったり♪

 

温かい湯気から立ち上る香りを楽しめば、ピラジンとの相乗効果でよりリラックス効果が高まりますね〜!

 

ほうじ茶って、女性に嬉しいメリットが たーーくさんあることが分かりましたね!!

 

皆さまも一緒に、ほうじ茶生活をはじめてみませんか〜♪♪

 

ほうじ茶の飲みすぎは身体に悪い⁉デメリットやメリットをご紹介!のまとめ

ほうじ茶は身体に悪いのか、メリット・デメリットを見てきました。

 

デメリット

  • タンニン酸
  • アクリルアルミド
  • カフェイン
  • 農薬中毒

 

などの悪影響があることが分かりました。

 

メリット

  • 美容効果のビタミンCやカテキン摂取
  • 胃酸を抑えてくれる
  • 血流を良くする
  • ダイエット効果
  • リラックス効果

 

ほうじ茶は、手軽に飲めて、嬉しい効果がモリモリ!!(^^)v

 

今日から私もほうじ茶ダイエットしてみようと思います♪

 

是非お口に合うお気に入りのほうじ茶で、元気な毎日をサポートしてもらいましょう!!

 

-暮らしの知恵

© 2021 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5