広告

高カカオチョコレートは食前何分前に食べると効果を発揮するの?

チョコレートってついつい食べてしまったり、時には食べ過ぎてしまうことってありませんか?

私も疲れた時や小腹が空いた時、チョコレートをつまむ癖があります。だってチョコレートを食べると、なんだかお腹だけでなく、心が満たされたような気持ちになるんですよね。

ただチョコレートをたくさん食べると、ニキビが出来たり体重が増えたり、そんなお悩みを抱える人も多くいるでしょう。だから、どうしても罪悪感を持ちながら食べざるを得ません。

でも、どうせなら罪悪感なんて持たずに、美味しく食べたいと思いませんか??

そんなあなたにオススメしたいのは、「高カカオチョコレート」。

このチョコレートには嬉しい効果がたくさんあるんです!どんな効果が期待できるのか、どのタイミングで食べると良いのかを知って、美味しく健康になりましょう!!

 

 

高カカオチョコレートは食前の20分前に食べるべし!!

高カカオチョコレートにはたくさんのメリットがあります。ですからいつ食べても良さそうに思えますよね?

しかし、そのメリットを最大限にするためには、食べるタイミングがとても大切です。

では、そのタイミングがいつかと言うと「食前の20分前」に食べることで、最も効果を発揮すると言われているんです!

高カカオチョコレートには「カカオポリフェノール」という成分があり、その中には「レプチン」というものが入っています。

レプチンは、脳にある食欲を司っている視床下部に作用し、満腹中枢を刺激することで食欲を抑制してくれる働きがあります。

よくゆっくり噛むと良いと勧められますが、普通に満腹中枢を刺激するには食べ始めてから20分かかるからです。

つまり食前に高カカオチョコレートを食べておいて、20分後に食事をすると、すでに満腹中枢が刺激されているので食べ過ぎ防止につながるというわけですね。

 

 

高カカオチョコレートは何に効果があるのか?

いくら体に良い点が多いからと言って、食べすぎは禁物です。そして気になるのは「何に効果があるか」ですよね。では、高カカオチョコレートは何に効果があるのか見ていきましょう。

 

ダイエット

一見、ダイエットとは正反対なイメージを持つチョコレート。しかしミルクチョコレートと違い、高カカオチョコレートに関しては、食前に食べることでダイエット効果が期待できるんです!!

それは、カカオポリフェノールの摂取が基礎代謝をアップさせることが理由です。同じ運動などをしても、基礎代謝がアップすることでエネルギーが消費されやすくなります。そのため、効率的にダイエットができるんです。

また、適度に高カカオチョコレートを摂取することで、食欲の抑制にもつながります。ダイエットで辛いのは、血糖値の低下を引き起こすことで、ふらふらしてしまったり、かえって一気食いをしてしまったりといったことが挙げられます。

食前に適度なチョコレートを摂取しておくことで、血糖値が上がり、脳の満腹中枢に刺激が与えられて食べ過ぎを防ぐことができます。

ちなみに、高カカオチョコレートは低糖質であり、低GI食品です。そのため糖質の吸収がおだやかで、血液中のブドウ糖の濃度が急上昇しないため健康にもとても良い食品なんですよ!

 

美容に効果抜群

シミやシワ、たるみに悩まされている方はたくさんいますよね。そんな肌にお悩みの方にも、ぜひ高カカオチョコレートをオススメします!!

それはカカオポリフェノールに抗酸化作用があり、それが肌トラブルのもとである「活性酵素」を取り除いてくれるのです。

この活性酵素は本来は体に必要なものです。ですが、増えすぎることで老化現象を引き起こしてしまいます。活性酵素は現代人の生活習慣によって増えると考えられています。

たとえば

  • ストレス
  • 喫煙
  • 睡眠不足
  • 電磁波
  • 紫外線

こういった現代人の日々の生活の中でも、活性酵素が増えるというわけですね。

また、高カカオチョコレートのポリフェノールは、赤ワインの約15倍含まれていると言われています。しかし、ポリフェノールは徐々に体外に排出されてしまうので、一度に摂取せずに1日数回に分けて摂取しなければいけません。

老化現象を防ぐためにも、高カカオチョコレートを毎日の美肌習慣としてぜひ取り入れたいですね!

 

がん予防

がんは体内の活性酵素により引き起こされると言われています。日本人のがん患者は、男性が2人に1人、女性の3人に1人だと言われています(厚生労働省より)。誰もが関係のある病気なので、他人事ではないですよね。

カカオポリフェノールの抗酸化作用が、がんを防ぐ効果があるので積極的に摂取したいですね!!

 

便秘

特に女性で悩みを抱えている人の多い「便秘」。その年齢層も幅広く、約480万人が便秘に悩まされていることが分かっています(厚生労働省より)。

便秘はお腹の不快感だけでなく、お腹が出ているように見えるんですよね。私も何度も悩まされました。ひどくなると、腹痛にもつながりますし、イライラしたり精神面にも悪い影響を与えます。

さらに、日本人にも多く発症している大腸がんの原因としても便秘が挙げられます。また、肌荒れを引き起こす原因にもなるので、なんとしてでも解消したいですよね。

そんな便秘の悩みにも高カカオチョコレートは効果的です。「カカオプロテイン」という成分が「カカオポリフェノール」と同じく、人体に良い効果をもたらします。

カカオプロテインの一部は難消化性であり、大腸にそのまま届くことで便通が良くなります。さらに、整腸作用もあるため、便秘で悩む人にはもってこいですよね。

 

冷え性の改善

冷え性で悩む人に、高カカオチョコレートはオススメです。こちらも便秘同様、女性に多い悩みです。高カカオチョコレートを摂取すると、カカオポリフェノールが血流を促進してくれるので、冷え性の改善が期待できます。

また、同様に血行不良で引き起こされる「むくみ」にも効果があります。特に立ち仕事が多かったり、反対に座ってばかりの仕事をしている人は、むくみやすくなります。むくみは皮下脂肪がつく原因にもなるため、解消していきたいですよね。

 

 

食前の20分前に食べると血糖値の上昇が抑えられる!!

高カカオチョコレートを食前の20分前に摂取して、最も効果を発揮するのはダイエットです。ここまで高カカオチョコレートの効果を見てきましたが、食べるタイミングが大切です。

ダイエットしているとなかなかチョコレートなんて食べられないですよね。ですが、高カカオチョコレートに関しては食前に食べることで満腹中枢が刺激され、食欲抑制につながります。

そして、その血糖値を上昇させ食欲を抑制するには食前20分前がベストなタイミングなんです。

 

1日数回に分けて食べると効果的!!

ダイエットをしている人にとって、食前20分前が高カカオチョコレートを食べるのに最適なタイミングです。

ですが、その他の多くの効果も最大限にするため、朝・昼・晩・間食などに取り入れるのも良いんです

カカオポリフェノールは体内から排出されてしまうため、1日数回に分けて食べるのがベスト。もちろん多く摂取してしまうと良くないので、適量を守りましょう。

 

チョコレートの適量は1日に25グラム

食前に食べたり、朝昼夜に分けて食べたり、数回に分けて食べるときには適量を守ることが大切。では、具体的に適量はどれくらいかと言うと、「1日に25グラム」だと言われています。

体外に排出されやすいため、なるべく回数を分けて食べたほうが良いとされており、朝・昼・間食・夜など数回に分けて「1回5グラム」程度食べるのが良いでしょう。

 

 

高カカオチョコレートは食前何分前に食べると効果を発揮するの?のまとめ

ここまで高カカオチョコレートにはたくさんの効果があって、食べるメリットが多いということを紹介してきました。内容のまとめると、

  • 高カカオチョコレートにはダイエット、美容、がん予防、便秘、冷え性に効果がある。
  • チョコレートは血糖値が抑えられるため、食前20分前に食べると良い。
  • カカオポリフェノールは体外に排出されるため、1日数回に分けて食べるほうが良い。
  • 1日の適量は25グラム程度

健康を気にしてチョコレートを食べない人、美味しくチョコレートを食べながら健康になりたい人、そんな人に高カカオチョコレートは最適です。

苦味が苦手な人は70パーセント程度の高カカオチョコレートから始めてみるのがオススメです。ぜひ、毎日の習慣に取り入れてみてくださいね!!

© 2022 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5