広告

クッキングシートの代用にラップ!使っても大丈夫な時とそうでない時

お菓子作りやパン作り、私はフライパンで魚を焼いたりする時なんかもクッキングシートを使います。

クッキングシートを使うと、フライパンに引っ付いたりしないので、油を使う必要がなくなりますし、後片付けも楽になりますよね。

 

しかし!こんな経験ありませんか?

料理をしている最中に、「あ!クッキングシートがなかった!」と気づくことです。

料理をしていると意外と使うクッキングシートですが、うっかり買い忘れて、使いたい時になかったという経験があると思います。

そんな時、クッキングシートの代用にラップが使えます。ラップはツルツルしているので、クッキングシートの代用品としてはオススメです。

 

クッキングシートの代用にラップを使える調理方法

クッキングシートの代用にラップを使えると述べましたが、どんな料理にも使えるというわけではありません。

では、どんな料理に使えるのでしょうか。

 

冷やして固める料理

ゼリーやレアチーズケーキを作る時には容器にくっつかないように、クッキングシートをひくことがあると思います。この場合はラップでも代用可能です。

ラップはツルツルしていて、食材がくっつきにくいため、オススメです。

 

蒸し料理

蒸し器にクッキングシートを敷くことがあると思いますが、こちらもラップで代用できます。

ここで注意です!蒸し料理でラップを代用する場合は、蒸し器にラップを敷くというわけではなく、電子レンジで蒸します。

 

巻き料理

巻き寿司やお菓子を作るときの巻く作業、これらにもラップは代用できます。

巻きすの代用としてもラップは使えてしまうんです。

 

クッキングシートの代用でラップを使う時に、注意すべきことは耐熱温度です!

基本的に高温にならない調理にはクッキングシートの代用としてラップが使えます。

 

クッキングシートの代用にラップを使えない調理方法

では、逆にクッキングシートの代用にラップを使えないのはどんな料理でしょうか。

 

クッキングシートの代用でラップを使うときには耐熱温度に注意と述べましたが、クッキングシートの耐熱温度は250度なのに対して、ラップの耐熱温度は110〜140度です。

ですので、オーブンやトースターではクッキングシートの代用としてラップを使用できません。

また、当たり前ですが、フライパン調理にもラップは代用できないということになります。

 

電子レンジ程度なら、ラップの耐熱温度でも問題ありませんが、あまりに高温になるとラップが溶けてしまうので注意が必要です。

 

クッキングシートの代用としてラップ以外で使えるものは?

ラップは耐熱温度が、クッキングシートと比べると低いので、高温になる調理には代用できません。

では、オーブンやフライパンなど高温調理には何をクッキングシートの代用として使えるのでしょうか。

それぞれの調理方法ごとに見ていきましょう!

 

オーブンとトースター

オーブンとトースターに使える代用品は同じと考えて問題ありません。

 

クッキーなど焼き菓子を作りたいときは、アルミホイルを敷き、さらに油を塗ります。

油を塗ることで、アルミホイルと食材がくっつくことを防ぎます。

油の代わりにバターやマーガリンを塗ってもOKです。

 

他にも、天板に直接油を塗るという方法もあります。

ただし、天板に直接となると汚れてしまったり、焦げ付いてしまう可能性もあるため、アルミホイルがある場合はアルミホイルを敷くことをオススメします。

 

また、パウンドケーキなど型を使う場合は型に油を塗り、小麦粉をはたく方法もあります。

これでクッキングシートの代用ができちゃいます。

 

オーブンに関してはシリコン製のオーブンシートも使用することができます。

シリコン製なので、洗えば何度でも使用することができます。便利な上に、エコなグッズです。

 

フライパン

フライパンで魚や肉の下にクッキングシートを敷きたい場合は、くしゃくしゃにしたアルミホイルが代用できます。

くしゃくしゃにすることで、食材とアルミホイルが接触する面が少なくなり、よりくっつきにくくなります。

フライパンに直接油を塗ってもよいのですが、ハンバーグを焼くときなど、お肉から油が出てくるので、極力油は使いたくありませんよね。そんな時、アルミホイルを敷けば油を塗るより、ヘルシーに仕上がりますね。

また、アルミホイルは落とし蓋としても代用することができます。

 

ちなみに、クッキングシートの代用品としてコピー用紙という手もあります。意外ですよね。

私もこれを知ったときはびっくりしました!

コピー用紙にはザラザラした面とツルツルした面があります。このツルツルした面はクッキングシートの代用品として使うことができます。

しかし!コピー用紙は食品用ではないため、健康的にオススメはできません。

コピー用紙を水分や油分に浸したり、加熱したりすると、紙に含まれる化学物質が食品に移行してしまうのです。

なので、コピー用紙はあまり使用しないようにしましょう。

 

ラップのクッキングシートの代用にラップ!使っても大丈夫な時とそうでない時まとめ

・クッキングシートの代用としてラップを使えるのは、冷やして固める料理、蒸し料理、巻き料理です。

・ラップは耐熱温度がクッキングシートより低いため、高温の調理には使用できません。

・オーブンやトースターで調理するときは、アルミホイルに油を塗る、天板に直接油を塗ることでクッキングシートの代用ができます。

・型を使うパウンドケーキなどは、型に油と小麦粉をはたくことでクッキングシートの代用ができます。

・オーブンに関してはシリコン製のオーブシートも代用できます。エコにもなります!

・フライパンでは、くしゃくしゃにしたアルミホイルでクッキングシートの代用ができます。

・落とし蓋にもアルミホイルは代用できます。

・コピー用紙でも代用できますが、健康的にオススメできません。

 

いかがでしたか?クッキングシートがないという緊急事態が発生してしまったときは、調理方法によりますが、ぜひラップを代用してみてください!

© 2022 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5