広告

クッキングシートの代用3選!パンを焼くときに使えるものをご紹介!

パンを焼きたいとき、クッキングシートが家にないと困ってしまいますよね。

パンを作るときクッキングシートの代用品って何があるのでしょうか。身近なもので代用できないかになるところ。

ここではパンを焼くときに使用できる、クッキングシートの代用品を3つご紹介します。

 

 

パンを焼くときに使えるクッキングシートの代用3選

クッキングシートの代用でパンを焼くときに使えるものを3つご紹介します。

 

パンを焼くときに使えるクッキングシートの代用

  • アルミホイルに油を塗る
  • オーブンの天板に油を塗る
  • パンを焼くこともできるパンマット(クッキングマット)を使う

 

まずはアルミホイルに油を塗る方法です。アルミホイルはパン生地がくっつきやすく、油を塗り忘れてしまうと大変なので注意しましょう。

 

次にオーブンの天板に直接油を塗る方法です。これが一番手っ取り早く便利ですよね。

表面が加工されているものは油を引かなくても使えます。使用する油はパンの種類にもよるでしょうが、オリーブオイルがおすすめですよ。

 

最後にパンマットを使用する方法です。基本的にパンマットは焼くときに使えないので代用できないのですが、中にはオーブンで使えるものもあります。

手元にない場合は上記の2つで代用する必要がありますが、今後持っていると便利かもしれません。

 

おすすめのシリコン製・クッキングマットを2つご紹介しますね。

クッキングマット 製菓マット パンマット シリコンマット 大きいサイズ目盛り付きマット 食品級シリコーン 滑り止め 製菓道具 (レッド, 50×70㎝)

製品の素材:食品級シリコン

耐熱:-40℃ー+220℃

引用:Amazon

 

SUPER KITCHEN シルパン クッキングシート オーブンシートクッキングマット 製菓マット 食品級シリコンマット キッチン パン/クッキー/ピザ ベーキングマット 電子レンジ 対応 耐熱 プレースマット (赤,42×30cm )

材質:シリコン、ガラス繊維

耐熱:-40℃から250℃

引用:Amazon

シリコンなどの耐熱性のものでないとオーブンで使用できないのでご注意ください。

 

パンマットってそもそもどう使うもの?

パン作り初心者の場合、パンマットがそもそも何なのかわからないという方もいるのではないでしょうか。

私もパン作り初心者のため、見たことはあってもパンマットという名前は初めて知りました。

 

基本的にパンマットというのは、シリコンのものと布製のものがあります。

シリコン製等の場合、パンの生地を捏ねたり伸ばしたり、耐熱性のものであればオーブンにも使用できます

そのため、パンを焼くときにクッキングシートがないという場合にも代用ができます。また、パンだけでなくお菓子作りやピザ生地を作るときにも使えます。

 

布製のものは成形した生地を寝かせたりする場合に使用します。

形が崩れにくかったり、余分な水分を吸い取ってくれる役割があり、1つあるととても便利ですよ。

しかし布製のパンマットはオーブンには使用出来ません。

それぞれ使用できる役割が少し違っているので、1つずつ持っているとさらに便利です。

パンを焼くときにも使いたい場合は耐熱性のあるシリコンのものを選ぶようにしましょう。

 

 

何故家庭ではクッキングシートが必要なのか?

実はプロの職人は、クッキングシートなどを使うことがありません。

しかし家庭でパンを焼く場合、クッキングシートやその代用がないと天板にパンがくっついてしまいます。

その違いは何かというと、それは鉄板の違いにあります。

プロが使う天板はテフロンやシリコンなどの加工がされており、クッキングシートを使わなくてもパンがくっつかないようになっているからです。

しかし家庭用のオーブン付属の天板は非常にくっつくため、クッキングシートなどが必ず必要になるのです。

 

 

これは使わないで!代用にNGなものと注意したいこと

クッキングシートの代用と聞くとラップが思い浮かぶ方もいると思います。

でもオーブンでパンを焼くときは、ラップは溶けてしまうため使用しないようにしましょう。

 

また、最近では発酵などで電子レンジを使用する場合もありますが、電子レンジを使う場合は、上記でご紹介したアルミホイルを使用してはいけません。

火花が飛んだり発火の原因になる可能性があるからです。

また油を塗ることもそのような原因になる場合があるので、アルミホイルは使用しないようにしましょう。

あくまでもオーブンで使用する場合の代用品ですのでご注意くださいね!

 

 

代用できるものがない!そんなときでも作れるパンをご紹介します!

身近にクッキングシートの代用になりそうなものがない!もっと簡単に作りたい!

そんなときでも作れるパンをご紹介します。

 

フライパンで作れるパンのレシピ

フライパンで作れるパンのレシピを2つご紹介します!

フライパンパン

材料

大きなボウル

強力粉 150g

砂糖 10g

塩 2g

小さなボウル

牛乳(常温) 70g

水 25g

インスタントドライイースト 2g

トッピング、その他

バター 10g

引用:YOSHINAGAMAIKO

 

フライパンで♪ホットケーキミックスでちぎりパン

材料

ホットケーキミックス 200g

ヨーグルト(低糖) 100g

塩 ひとつまみ

サラダ油 大さじ1

引用DELISH KITCHEN

 

フライパンでパンが焼けるのは簡単でいいですよね!

フライパンでもしっかり発酵させてじっくり作りたい方には1つ目のレシピが、発酵に時間がかかってしまうのでもっと簡単に作りたいという方は2つ目のレシピがおすすめです。

ぜひ自分に合っていそうなレシピで作ってみてくださいね!

 

フッ素加工されていないフライパンだとくっついてしまうこともあるのでご注意ください。

 

ホームベーカリーだけで作れるパンのレシピ

簡単!ホームベーカリーでデニッシュ食パン レシピ・作り方

材料

強力粉 230g

薄力粉 50g

バター 15g

砂糖 大さじ3

スキムミルク 大さじ1

塩 小さじ1

溶き卵 1/2個

約5℃の冷水 160ミリリットル

ドライイースト 小さじ1

後入れ用のバター 110g

引用:楽天レシピ

 

ホームベーカリーを持っている方はこちらのレシピもおすすめです。

ホームベーカリー1つで焼き上げまでできるのは、基本食パンだけなので飽きてしまうところですよね。

ですが、こちらのレシピはデニッシュなのでまた違った味わいがあります。ホームベーカリー1つでできるのでぜひ作ってみてくださいね!

 

 

クッキングシートの代用3選!パンを焼くときに使えるものをご紹介!のまとめ

  • アルミホイルに油を塗って代用する
  • オーブンの天板に直接油を塗って代用する
  • 耐熱性のあるパンマット(クッキングマット)を使って代用する
  • ラップは使用しない
  • 電子レンジを使用する場合はアルミホイルは使わない

 

いかがでしたでしょうか?クッキングシートがなくても身近なものでパンを焼くことができるのがわかりましたね。

私はオーブンの天板に直接油を塗って焼く方法は、思いつかなかったので驚きました!

しかし天板で直接焼く場合は天板のお手入れが少し面倒かもしれません。お手入れの面倒さが気になる場合はアルミホイルで代用するようにしましょう。

簡単に作れるものやじっくり時間をかけて作るパンなど色々作ってみてパン作りを楽しみましょう!

© 2022 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5