暮らしの知恵

休職中の転職活動は不利になる?!休職のメリット・デメリットを解説

休職中、一度は頭を過ぎるのが
「転職」の二文字です。

そうは言っても、そもそも休職中って
転職活動をしても大丈夫なの?
不利になることは無いの?と
不安になります。

この記事では休職中に転職する場合の
メリット・デメリットや
影響について解りやすく解説しています。

 

 

休職中の転職活動は法律違反になる?

休職中に転職活動をしても
法律違反にはなりません。

もちろん転職に向けて活動する事は、
たとえ休職中でも可能です。
法的には何の問題もありません。

意外とこの部分で不安を感じる人も多く、
一歩を踏みさせない場合があります。

ただし、企業によっては独自の社内ルールを作り
「禁止」としている事があるので要注意が必要です。
しかし、本来は自分がどんな職に就き
どこで働くのかを決めるのは自由なのです。

 

 

休職中の転職活動するデメリット

休職中に転職活動をするデメリットはあります。
活動自体を行なう事は、もちろん自由ですが、
それがもたらすデメリットがある事も
忘れてはいけない現実なのです。

会社独自のルールに違反してしまう

前述した「会社独自の規則」がある場合
トラブルに発展してしまう事があります。

最悪の場合、社内規則に乗っ取て
何らかの処罰を受ける可能性もあるのです。
退職を決意した状態で、これは避けたいですよね。

人間関係が上手くいかなくなる

特に人手不足や忙しさが目立つ職場では
珍しくありません。

休職するだけで、周りの態度が冷たくなり、
退職する事や、既に転職活動を始めた事を
何かのきっかけで知られてしまった場合、
より一層、冷たい眼差しを向けられる事があります。

管理者や、退職手続きを行なう立場のスタッフからも
非難を受け、退職手続きが上手くいかなくなる事すら
あり得るのです。

又、情報社会になった現在では、
「転職活動を開始しました!」
という発信をSNSで自分から行なってしまい、
偶然それを見た社内の人間にバレてしまう。
といったケースもあります。

 

 

休職中の転職活動は要注意が必要!

上記で説明した通り、休職中の転職活動は
法的に何の問題もありません。

ただし、まだ自分が在籍してる会社との
トラブルや、他のスタッフとの関わりを考えると
正式に退職手続きが終了した後に行なう方が
安心かもしれません。

可能であれば、休職中は
自分の心身を休める事に
時間を費やしましょう。

 

休職中に転職活動を行なうメリット

休職中に転職活動を行なう事には
デメリットがある事を前述しましたが
メリットが無いわけではありません。

最大のメリットは時間がある事です。
在職中、業務をこなしながら転職活動するのは
使える時間が限られています。

ハローワークに行くにも開庁時間内に
通う事が出来る人は限られているでしょう。

又、面接対策のための、情報収集を行なう事も
履歴書や職務暦書の制作にも意外と
時間がかかります。

何より、面接のためにスケジュールを
調節する事が困難になる人も少なくないでしょう。

その分、休職中であれば、
時間に縛られた業務がありません。
ハローワークへ行き、ゆっくり時間をかけて
相談する事や、求人票を閲覧する事が可能です。

ただし、これは転職活動を行なうための
行動が可能な状態にある事が条件です。

休職中という事は
仕事を休まざるを得ない原因があるという事。
つまり、何らかの不調を抱えている可能性が
高いのです。

「具合が悪くなってから、
休職中に転職活動すればいいや」という
事にはならないと考えた方が良いでしょう。

 

 

転職活動を復職してから行なうメリット

では休職から、一度復職した後に転職活動を
行なう場合はどうでしょうか?

この場合、何より大きなメリットは
休職中に行なうよりも堂々と転職活動を
行える
事です。

自分の気持ちとしても
気負いする事が無くなる分、
ストレスが減ります。

忙しい職場であれば、
同じ思いや考えを持っている人も
周囲に居る可能性もあります。

誰かに共感して貰える事で、
自分自身の活力に繋がる場合もあります。

又、転職活動の中でも
「今、休職中です」
と、伝えるより在職中で
現役の社員である場合の方が
相手の企業に対しても
信用を得られるかもしれません。

 

 

転職活動を復職してから行なうデメリット

休職中は、とても強く毎日の様に
「復職したら、転職活動をしよう!」
と思っていたにも関わらず、実際に復職したら
忙しさに追い立てられ、
思う様に行動が取れなくなる可能性があります。

単純に考えれば解る事ですが
休職前の状態に再び戻る。
というイメージです。

復職プランを立てて貰えて、
短時間勤務で業務を再開するなど
職場が環境を整えてくれ、
協力的な場合は別ですが
残念な事に、そのような対応を
してくれる企業は多くありません。

復職と共に、過酷な現場に
逆戻り・・・
というパターンがほとんどの様です。

転職をする予定で復職するのであれば
自分の心構えも
スケジュール管理も
しっかりと整えておく事が必要です。

 

 

転職活動をする最適な時期はあるの?

休職中も、在職中も
「転職したい」
と考えてはいるものの
時間だけが過ぎていく。

いつが一番いい転職活動を始める時期なのか?
が解らない。
そう思っているのは、あなただけではありません。

実際「次のボーナスがでたら」
「今の仕事が一段落したら」
と、思いながら過ごしてる人は
たくさんいます。

企業の採用ニーズには時期がある

3月~4月と9月~10月は企業側の
採用ニーズが高まる時期です。

この時期を目安にして転職活動を
始める事がオススメです。

例えば、社内ルールで
「退職は3ヶ月前までの申告が必要」
と決まっている場合、
新しい職場に4月入社を考えた時、
3ヶ月前の1月には現職に退職の意思を
表明する必要があります。

次の職場が決まってから
退職を伝えるのか?
転職先が決まっていなくても
退職する事を決めて行動するのか?

どちらを選ぶのかにもよりますが
先々に転職を前提として考えるなら
この時期を目安にする事がオススメです。

自分の年齢やキャリアも考えて行動する

大きな企業になればなる程
年齢での採用枠が変わってきます。

一般的には年齢が高くなればなる程に
企業が求めるスキルは高くなり、
新人としての受け入れは難しくなります。

つまり即戦力を求められ、対応出来ない場合は
自分がどんなに希望しても入職出来ない可能性が
出てくるのです。

「転職はしたい。けど、いつにするのかは具体的に
決めていない。」というあなた。
そのまま時間が過ぎ、年齢が上がる程に
希望する現場への転職は難しくなると
考えた方が良いでしょう。

 

キャリアとスキルを持って転職する

ここまでは、転職は年齢とともに
壁が高くなるという話をしましたが
逆を狙う事も実は可能です。

今の現職でたくさんのスキルを身につけ
役職を経て、キャリを積んだ状態で
その経験を活かせる職場に転職という
ケースもあるのです。

主に「管理職としての入職」や
企業がわからのヘッドハンティングが
その部類に入ります。

 

 

休職中の転職活動について|まとめ

  • 休職中に転職活動をしても
    法的に罰せられる事はない。
  • 社内ルールで休職中の転職活動について
    定められている場合がある。
  • 休職中に転職活動をする最大のメリットは
    時間的な余裕がある事。
  • 休職中に転職活動をするデメリットは
    自分の行動に負い目を感じたり、
    活動がバレる事で、人間関係が
    上手く行かなくなる場合がある事。
  • 穏便に退職するなら、復職後に退職してから
    転職活動する方が良い場合が多い。
  • 復職してから転職するメリットは
    現役である事をアピール出来る。
  • 復職してから転職する最大のデメリットは
    時間が取れなくなる事。
  • 復職してからの転職活動は休職中より
    堂々と行える。
  • 転職には適した年齢と時期ある。
    3月~4月と9月~10月は企業側の
    採用ニーズが高まる
  • 現職でキャリアを積んでから転職する
    という方法もある。

いかがでしょうか?
休職に至るまでも、たくさん悩み
転職を考えるには、更にたくさんの
理由があります。

しかし、例え「今すぐにでも転職したい!」と
思ったとしても、突発的な
思いつきで行動してはいけません。

転職活動には時期によっても
様々メリット・デメリットがあります。

自分にあったタイミングを考え
計画的に行なうのがポイントです。

休職中はゆっくりと
今後について考える事が出来る
いいチャンスにもなります。

慎重な行動で、明るい未来を掴みましょう!

-暮らしの知恵

© 2021 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5