広告

耳抜きができない鼻炎や病気は何か!原因と治療方法の調査!

エレベーターや飛行機に乗った時、ダイビング、鼻炎の時にも耳が圧迫された感じや、耳が詰まったような感覚になった事はないですか?

そんな時に耳抜きをすると楽になりますよね!

耳管は普段閉じていますので中耳腔は密封状態ですが、食事や水分をとる時やあくびをする時に開き外の空気と圧力が均等になります。

ダイビングの時は水上から水中へ行くと、周りの圧力は高くなって空気は収縮していきます。

飛行機に乗った時も上空では気圧の変化が起こっていて、中耳腔が陰圧になり鼓膜が内側に凹んで詰まってしまいます。

そこで耳管をしっかり開く動作の換気「耳抜き」が必要になるんですね!

しかし耳抜きができない人、鼻炎などでできない状態や効果のない人がいます。

耳抜きができない鼻炎や病気の原因、辛い状態とは?次でご説明しますね。

 

 

耳抜きができない鼻炎や病気の原因と状態は?

私はトンネルに入って耳が詰まってしまった時には、あくびをしたり水を飲んだりしますが中々治らないんですよね!

気圧の変化で耳がこもり中耳腔が陰圧になり鼓膜が内側に凹んでしまった時は、耳管を開いて上咽頭と中耳腔を通らせて、陰圧がかからないようにします。

その時は耳管をしっかり開く動作の耳抜きをすると良いのですが、できない人や効果のない人がいるんですよ!

 

耳抜きの方法と改善効果とは?

耳抜きをした事はありますか?ダイビングをされる方ならよくわかりますよね!

一般的な耳抜きのバルサルバ法とは、鼻を指でつまんで口を閉じて鼻をかむ要領で鼻から空気を耳へと送り込む方法ですよ。

耳抜きのバルサルバ法をすると、耳管を空気が通り中耳に送り込まれて、鼓膜が外耳道側に膨らみます。

異常がない方は耳管開口部がすぐに閉じますので、鼓膜が膨らんだ状態が維持されてすっきり改善するのですね!

本当は鼻から中耳腔へ空気を入れるので耳に空気入れとでも言うべきでしたが、こもった感じを取るのは、空気を耳から抜く動作なので耳抜きと言われるのですよ。

 

耳抜きのできない病気の耳管狭窄症とは?

耳管が細くなり、通りや耳管の開口部機能が悪くなってしまって開きにくくなります。

すると中耳との空気の圧を調整できなくなり、耳が詰まったり、自分の声が響いたりしてしまいます!つまり耳抜きができない状態になっています。

それではなぜ耳管狭窄症などの病気になってしまったのでしょうか?

それは子供の頃から頻繁に中耳炎を起こした方、鼻炎、副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、花粉症などの方。

又は鼻・喉の風邪、咽頭炎、扁桃炎、腫瘍などがある病気の方もいます。

鼻炎などは鼻をかんだ力で、鼻水や粘液などが中耳まで行ってしまったり鼓膜に鼻水などの粘液がたまってしまって炎症や腫れてしまった。

すると空気を抜く事ができずに耳管の換気が悪くなったりと、耳管開口部周囲に炎症を起こしたり腫れてしまったりします。

それらが原因で耳管機能障害耳管機能不全耳管狭窄症となってしまうのですね!

しかしそれでもほとんどの方の場合、診療、鼻炎などの治療を受ければ耳抜きはできるようになります。

ただ副鼻腔炎がある場合は、治療に数日~数ヶ月、または手術などが必要な場合もあります。

風邪、副鼻腔炎などによる耳管の炎症が原因に挙げられます。鼻の奥の腫瘍が原因となる場合もあるので、必要に応じて鼻の奥を内視鏡で観察します。また、近年では胃食道逆流症(逆流性食道炎)と耳管機能が関係していることが分かってきました。

引用:恩賜財団済生会

 

耳抜きのできない病気の耳管開放症とは?

食べ物を飲み込んだり、あくびをしなくても耳管開口部が開いたままであるため、鼓膜がすぐにしぼんでしまうんですよ!耳抜きができない状態になっています。

それではなぜ耳管開放症という病気になってしまったのでしょうか?

ストレスや体重減少により耳の周りの脂肪が落ちてしまったり、妊娠後のホルモンのバランスが乱れたり変調など。

又は血行不良や激しい運動などにより脱水状態となった場合も、病気を発症する事があります。

体調不良、睡眠不足や顎関節症、中耳炎、三叉神経障害などと原因は多岐に渡りますね!

生まれつきの耳管構造の弱さなどが原因となる場合もあります、そして自律神経と深く関わっていると言われています。

それらが原因で耳管開放症になってしまうんですね!

ついついほおっておいてしまう症状ですが、気になる人は耳鼻咽喉科にてしっかり病気の治療しましょう。

 

 

耳抜きができない鼻炎や病気の治療は?

風邪や鼻炎、副鼻腔炎などで耳管が炎症している方は元を抑えるための病気の治療をします。

鼻水を吸引したり、ネブライザーで薬剤を霧にして吸入する医療機械を使用し炎症を抑えます。

飲み薬や、漢方薬(加味帰脾湯、補中益気湯等)が処方されたり、点鼻薬などの薬物療法もする事がありますよ!

生理食塩水を鼻から耳管に注入して症状を抑えたり血行を良くし水分を補ったりする治療で症状が改善されたりもします。

妊婦さんにも多く症状がでますが、妊娠中にかかった場合は出産後に治ることが多いのです。

体重減少が原因の場合は、栄養と休養をしっかりとって体重を落とさない様にする、気温の高い夏は水分もしっかりとる事が大切ですね!

この症状は自然に治癒することもあります!しかし自然に治るのが一番なんですが、病気の症状を放って置くのはとても危険ですよ。

他には耳管通気を行います。鼻の穴の奥から管を入れて中耳に空気を送り通りを良くします。

効果が現れなくて症状がつづく場合は鼓膜チューブ留置術もあります、チューブを鼓膜に空けた小さい穴に入れて鼓膜チューブを設置することもあります。

必ず勝手に判断をせずに医者の診断を受けて下さいね!

 

 

耳抜きができない人の練習器具オトヴェント!

医師の指示よりこのような器具で改善する方法もあります。

オトヴェントとは自分で行う鼻で風船を膨らませて耳抜きができるようにする耳管通気器具です。

自宅で自分の鼻で風船を膨らませると耳管の通りが良くなり滲出性中耳炎の病気予防改善が期待されますよ。

ダイビングの耳抜きができない、飛行機での耳が詰まりやすい方の耳抜き練習用としても使用されているのですね!

 

耳抜きを安全に行うための自己耳管通気器具です。鼻でバルーンを膨らませることで、鼓膜へ無理な負担をかけずに耳管を開き、中耳内圧と外気圧とを等しくします。滲出性中耳炎の治療のほか、ダイビングの耳抜き練習、飛行機搭乗中の耳痛(航空性中耳炎)の予防、高気圧酸素療法中の耳痛の予防にも役立ちます。

引用 株式会社名優

 

 

耳抜きができない鼻炎や病気は何か!原因と治療方法の調査!のまとめ

耳抜きのできない状態や病気

耳管機能障害  〇耳管機能不全     耳管狭窄症  〇耳管開放症

病気の原因

頻繁に中耳炎を起こした、鼻炎、副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、花粉症、鼻・喉の風邪、咽頭炎、扁桃炎、腫瘍などがある病気。

ストレス、体重減少により耳の周りの脂肪が落ちた、妊娠後のホルモンのバランス乱れ変調。

血行不良や激しい運動などにより脱水状態、体調不良、睡眠不足や顎関節症、中耳炎、三叉神経障害、自律神経の不調。

生まれつきの耳管構造の弱さ。

 

病気の治療風邪や鼻炎、副鼻腔炎を抑えるための病気の治療

鼻水を吸引、ネブライザー、飲み薬、漢方薬、点鼻薬。

生理食塩水を鼻から耳管に注入して症状を抑えたり、血行を良くし、水分を補ったりする治療。

必要な体重を落とさない、水分もとる。自然に治癒する事もある。

耳管通気、鼓膜チューブ留置術など。

 

耳抜きができない事は、鼻炎など色々な病気の症状や生まれつきなどもあるみたいです。

自然に改善したりすることもありますが、やはりこれらの症状が出た場合は、直ぐに病院に行って医師の診察と治療を受けるのが一番ですよね!

 

© 2022 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5