広告

旨味凝縮無水カレー!デメリットを簡単に解決する方法とは!?

カレーと聞いて皆さんはどんなカレーを想像するでしょうか。特に日本では様々なカレーが存在します。名前は知っていても具体的に説明できない、そんなカレーがあるのではないでしょうか。

例えば、無水カレーはどうでしょうか。私も、一般的なカレーとの違いや、調理方法について詳しく知りませんでした。

カレーは家庭の定番料理としても人気のあるメニューです。ちょっと普段と違うカレーに挑戦しようとしても、コツを知らずに挑戦すると失敗してしまう、というデメリットもあります。

ですが、しっかり特徴や方法を押さえれば、誰でも簡単に手間や失敗などのデメリットも省くことができます。

この記事を読めば、あなたもデメリットを上手く取り除き、無水カレーに挑戦しようと思えるようになるはずです。  

 

 

無水カレーとは?

 

 

「無水カレー」は調理中に水分を加えない、無水調理で作るカレーを指します。

食材そのものの水分を活かして調理するため、凝縮された食材の旨みを強く感じやすく、濃厚なカレーが好きな方にはオススメのカレーです。

入れる具材は、玉ねぎや、トマトなどで、好きな具材をアレンジして入れることができる点も、水を加えて作る一般的なカレーとは変わりません。

 

 

無水カレーの特徴

 

では、一般的なカレーと違う所はどこなのでしょうか。

 

水分を加えない

 

 

まず一番の違いは、調理する工程の中で水を加えて煮込まないということが挙げられます。そのことによって、野菜に含まれるビタミンやミネラルなどの栄養素を逃がしにくいことです。

水を加えないことで、旨みだけではなく、身体に必要な栄養素もしっかり摂れるのは良いことですね。

 

調理器具の違い

 

一般的なカレーは、深みのある普通の鍋で煮込みますが、無水カレーは専用の無水鍋や圧力鍋を使うことが多いです。

 

カレー粉を使う

 

カレールウに頼るのではなく、無水カレーならではの野菜の旨みを活かし、カレー粉を使って美味しいカレーを作ることができます。カレー粉やスパイスを使うことで、自分好みのカレーにアレンジすることもできそうですね。

また、カレールウには誰でも簡単に美味しく作れるように、あらかじめ油脂や小麦粉が含まれています。

カレー粉で作る無水カレーでは、そういったカロリーをカットすることもできますし、油脂が少ないことによって、洗い物も楽に済ませます。

 

 

無水カレーのデメリット

 

一般的なカレーは、野菜を煮込んで、カレールウを入れるだけで誰でもおいしく、かつ手軽に仕上げることができます。しかし、無水カレーはしっかり理解しておかないと失敗してしまいやすいデメリットがあります。

 

使う野菜によって水分が異なる

 

無水カレーでは水分を加えないため、使うのは野菜から出てくる水分だけです。レシピ通りに作っていても、野菜の個体差や鍋による違があります。

思うように水分が出ないことにより、焦げやすく、ずっと鍋の様子を見る手間が掛かります。

逆に水分が多くて困ってしまうなんてこともあるでしょう。

 

専用の調理器具を持っていない

 

無水鍋や圧力鍋で作るカレーですが、一般的などこの家庭にもあるとは言いにくいでしょう。

例えば一人暮らしの私自身も、フライパンや手鍋しか自宅にありません。

思うように野菜に火が通らず、調理時間がかかってしまいます。

 

思うような味にならない

 

いくら、カレー粉だけで作れるといっても、慣れないうちはどのくらいカレー粉を入れればいいのか、迷ってしまします。

野菜からの甘みが強すぎで、辛味のあるカレーにするのが難しかったり、スパイスで辛くしすぎたり、少しハードルが高いと感じてしまうのではないでしょうか。  

 

 

無水カレーを作ろう!

 

様々なデメリットもありますが、そこで諦めるのではなく、実は家でも簡単に作れる方法があります。以下のコツを抑えて、無水カレー作りに挑戦してみませんか?

 

 

トマト缶を使う

 

トマト缶を使うレシピを参考にすれば、分量も決まっているため、レシピと大きく水分量が違うことが少なくなります。

また、水分量が思ったより少ないときは、野菜ジュースを加えてみましょう。

せっかくの凝縮した旨みを損なうことなく、水分を加えることができます。酸味が気になるのであれば、牛乳を加えてみるのもオススメです。

 

特徴で鍋を選ぶ

 

無水鍋や圧力鍋以外にも、無水調理に適した特徴を理解していれば、代用して使える鍋があります。

例えば、蓋が隙間なくしっかり閉まる鍋であれば、水分の蒸発を防ぐことができ、焦げやすいというデメリットも解決できます。

また、鋳物ホーローやステンレス等、厚手の鍋の使用もおすすめです。

熱の伝わり方にムラが少なく、耐熱性に優れているため、熱が通りやすい特徴があります。

他にも、ホットクックやストウブを持っているのであれば、それらの調理器具を使ったレシピもあります。

 

カレールウを使う

 

カレー粉で作るメリットもありますが、やはり難しいという方は、市販のカレールウで作ることもできます。

カレールウ選びには、野菜からの甘味も考え、一番辛味のあるものにするのが良いでしょう。

辛さの度合いを上げれば、より締まった味わいになります。

 

 

旨味凝縮無水カレー!デメリットを簡単に解決する方法とは!?まとめ

 

・無水カレーは栄養素もしっかりとれる、野菜を余すことなく味わうカレー。

・無水カレー作りにはデメリットもある。

・コツを抑えれば、誰でも簡単に挑戦できるカレー。

これらのことが皆さんに伝わったのではないでしょうか。外食が減った今、自宅でご飯を作ることが減り、献立に迷ってきたら、いつもと違うカレーに挑戦してみるのはどうでしょうか。私も今度無水カレーを作ってみようと思います。

 

 

 

 

© 2022 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5