暮らしの知恵

年賀状の宛名を手書きで書くのは失礼なの?マナーやコツはある?

年々減ってきているとは言え、年賀状ってまだまだ、日本のお正月向けの

恒例行事ですよね。

なんだか最近は、宛名を印刷する場合が多くなりましたが、年賀状の宛名を

手書きで書くのって失礼なんでしょうか?

その辺りについて、調べてみました。

年賀状の宛名を手書きで書くのは、全く失礼ではありません。

こんなに、印刷の宛名が増えてくると、そもそも、どうあるべきだったかが、

わからなくなってしまうものですが。

もともと、手紙は全て手書きです!当然ながら。

だんだん、企業向けから、家庭向けにプリンターが普及していくとか。

宛名の印刷を比較的安い料金で引き受けてくれる、印刷会社が増えたという経緯があって

宛名を印刷する場合が多くなっているだけです。

年賀状を手書きで書く場合のマナーについて

ボールペンで書くのは場合によっては避けたほうがいい場合がある

最近は文書をパソコンで作ることが多くなって本当に文字を書くことが

少なくなりました。

少なくなった書く機会のなかでも、ボールペンを利用する場合が圧倒的に多いでしょう。

でも、年賀状の宛名をボールペンで書く場合は、相手を選んだ方が良いでしょう。

友達、会社の同僚辺りであれば、まあ、この辺りは気にしなくても良いと思いますが。

ご年配の方や、いわゆる目上の方の中には、ボールペンで年賀状を書くことを、

あまり良く思っていない方もおられます。

望ましい、筆記用具としては、

毛筆→筆ペン→ボールペン→鉛筆(論外!)

といったイメージになりますでしょうか。

利用に際しては、比較的太い筆記具が好まれる傾向があるので、覚えておきましょう。

文字を間違えた年賀状を修正液や、二重線で消すのは好ましくない。

わかります。たくさん年賀状を手書きで書いていると、1枚や2枚、書き損じてしまうことって

ありますよね。

でも、そこで、修正液や二重線で消すのは、ちょっと止めておいたほうが無難でしょう。

それをするくらいであれば、年賀状1枚辺り5円の手数料で、切手や葉書に郵便局で交換できます。

思い切って、新しい年賀状を使いましょう。

書いている側からすると、たくさん書いているうちの1通ですが。

受け取る方からすると、年に1回、1枚だけあなたから受け取る年賀状。

ということになりますので、失笑されるのは避けたいところです。

年賀状の宛名書きのルールについて

せっかく、頑張って手書きで年賀状の宛名書きをチャレンジしても、

ちゃんとルールを守らないと、残念な年賀状になってしまうので、

下に記載した内容については、キチンと確認しておきましょう!

宛名は黒で書く。青なら一応OK、それ以外の色はアウト!

常識のラインの話になりますが、宛名は黒で書きましょう。青色ならば一応、本当に

一応大丈夫かなといったレベルです。それ以外の色はどんな理由があっても、利用するのは

止めましょう。常識を疑われます!

間違えたら新しいハガキを利用しましょう。修正ペンや二重線で消すのはやめましょう。

上の欄にも書きましたが、文字を間違えたら、躊躇せずに、新しいハガキを利用しましょう。

修正ペンとか二重線というのは、止めておいたほうが無難です。

旧字体の扱いに注意。

人の名前とか名字って難しいですよね。

普段使っている文字が実は正式な文字でないとか。よくある話です。

「渡辺」「渡邉」とか、「斎藤」「齋藤」とか、どの文字が正確な名字になるのか

わかっているようであれば、正式な文字を使うことを心がけましょう。

楷書体を用いて、崩し字とか続け字は使わないように

宛名は、基本的に楷書体を使って書きましょう。

字のうまい、下手は致し方ないところがあると思います。

せめて、丁寧にというのは心がけたいところですよね。

株式会社や有限会社を略さない。敬称を間違えない。

ここらへんは、一般常識的な話ですが。

たまに、年賀状でも、株式会社を(株)にされている場合や、有限会社を(有)にされている

場合が、まれに見られます。これ、やっちゃいけないミスですので、注意しましょう。

それから、個人の方に年賀状を出す場合は敬称は、一般的には「様」になります。

団体宛に出す場合の敬称は「御中」になります。

キチンと使い分けましょうね。

年賀状の宛名を手書きで書くのは失礼なのについてのまとめ

最初にも書きましたが、年賀状の宛名を手書きで書くのは、決して失礼になる

訳ではありません。最近少なくなってきているので、ちょっと気になるぐらいじゃないでしょうか。

もちろん、字が上手い、下手ということはあると思います。下手で苦手意識が強いなら、

プリンターを利用するとか、業者さんに宛名印刷からお願いしてしまうというのも

もちろんありでしょう。手書きで書く場合には、丁寧に書くことを意識すれば、

良い年賀状になると思います!

 

 

 

-暮らしの知恵

© 2020 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5