広告

ラ・フランスの花言葉って知ってる?食べ頃の見分け方もご紹介!

皆さんの好きなフルーツはなんですか?

イチゴやブドウ・バナナなどたくさんのフルーツがあります。季節によって美味しいものや食べ頃の時期などがあります。

今回はフルーツの中でも、洋梨であるラ・フランスに注目してみました!

私たちがいつもスーパーなどで見かける丸い形をしている梨とは違って少しヒョウタンのような形をしているラ・フランス。

シャリっとかじると同時に口の中に甘味が広がるラ・フランス。そんなラ・フランスの花言葉を皆さんは知っていますか?フルーツにも花言葉があるんですね!

花言葉だけではなく食べ頃の時期や食べ方・販売されている場所などをご紹介します!

 

 

ラ・フランスの花言葉はなに?

丸い梨と違い少し変わった形をしているラ・フランスは小さくて綺麗な白い花を咲かせます。

その花言葉は「愛情」です。とても素敵な花言葉ですよね!

愛情以外にも素敵な花言葉があります。また、花言葉以外にも樹木にも花言葉があります。

樹木にも花言葉があるなんて珍しいですよね!私もはじめて知りました。

洋梨である美味しいラ・フランスは日本では山形県で多く生産されています。山形県の生産量はは日本の8割ほどだそうです。すごいですよね!

ラ・フランスの中にはすごく希少な種類もありますが、今では販売店以外のオンラインでも購入することができます。

花言葉の由来なども含めて一緒にお伝えします。ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

 

ラ・フランスの花言葉すべて

 

ラ・フランスの花言葉の種類

花言葉といっても1つだけではありません。

・愛情
・博愛
・優しい愛

などがあります。

白くて小さな花がたくさん咲いているラ・フランスにはこのような花言葉があるんですね!

どれも素敵な花言葉ばかりで聞くだけでいい気分になりますよね。

 

ラ・フランスの樹木の花言葉

ラ・フランスは、花言葉だけではなく小さく綺麗な白い花をたくさん咲かせたり大きな実を実らせている樹木にも花言葉があります。

・慰め
・癒し

などがあります。

花言葉とは少し違った意味の花言葉になってますね。

 

 

ラ・フランスの花言葉の由来ってなに?

ラ・フランス以外にも、フルーツや花などにはたくさんの花言葉があります。それと同時に花言葉にも由来があります。

私も何個か花言葉の由来を聞いたことなどがありましたが、素敵なお話の内容が由来になっているものもあると知ってトキメキを覚えたことがあります!

中にはシンデレラストーリーのようなおとぎ話のような由来もあるそうです!

ラ・フランスの名前の由来についても合わせてご紹介させていただきます。

 

ラ・フランスの名前の由来

ラ・フランスは1864年の19世紀のフランスでフランス人のClaude Blanchet(クロード・ブランシェ)が発見した梨の品種です。
発見したクロード・ブランシェは、ラ・フランスを見て「我が国を代表するにふさわしい果物だ!」と讃えたことがきっかけで、「ラ・フランス」という名前が誕生しました。

 

ラ・フランスの花言葉の由来

ラ・フランスは、枝先に白く綺麗な花をたくさん咲かせ、たくさんの梨の実を実らせます。

その様子が感謝している・お礼をしているようだと言われるようになったため、花言葉に愛情や博愛といった花言葉がつけられました。

 

 

ラ・フランスの食べ頃の時期と食べ方

素敵な花言葉や由来を聞いてラ・フランスを食べたいと思いませんか?

多くのフルーツには旬の時期や食べ頃の時期などがあります。

ラ・フランスはいつ食べるのがオススメなのか。また、オススメの食べ方などもご紹介していきます。

 

ラ・フランスの食べ頃の時期っていつ?

ラ・フランスは10月頃から収穫されはじめます。

しかし、収穫されたあとすぐに食べられるわけではありません。収穫されたあと2週間から3週間ほど経ってからお店や市場に出回り、皆さんのお手元に届きます。

なぜ、2週間から3週間ほど経ってからなのか気になりますよね。

ラ・フランス以外の梨の多くは食べ頃の時期になると果実の色が変化してきます。これを見て食べ頃だと判断するのですが、ラ・フランスはその色の変化がありません。そのため、食べ頃の判断をするのが難しいと言われています。

そんなラ・フランスの見極め方ですが、まず軸の周りに注目して見てみましょう。

収穫したての頃は軸の周りの実はピンッと張りがあり表面は柔らかくありません。2週間から3週間ほど経ってからその軸の周りの実に触れたり軽く押してみます。

その時にピンッと張っている感覚がなくなり少し凹む感覚があり柔らかくなっていれば食べ頃のサインです。

それと同時にラ・フランスは食べ頃になると美味しそうな香りがします。独特ではありますが、香り高い甘い匂いがします。

 

ラ・フランスの食べ方

食べ頃を迎えたラ・フランスの食べ方についてですが、他の梨やリンゴとほとんど一緒になってきます。

くし切りという食べ方がスタンダードで一番多く食べられている食べ方ではないでしょうか。

【くし切りの手順】

①皮をむかずに縦に半分に切ります。
※切った後は皮の面を下にしましょう。

②4等分に切ります。
☆4等分じゃなくても好きな大きさに切るのもいいですね!

③真ん中の種に向かって左右からV字に切れ込みを入れて種を取り除きます。

④皮をむいたらくし切りの完成です!
※皮は薄くでいいです。皮を全部取りたいときは全部むいてしまってもいいと思ます。

 

そのまま食べるのもいいですが、ケーキやパイなどスイーツにするのもいですし、生ハムと合わせておつまみにしてみるのもいいですね!

 

 

ラ・フランスが売っている場所

美味しいラフランスの売っている場所はどこに売っているのか気になりますよね。

販売店の他にも今ではオンラインでも販売されています。どこのオンラインに売っているかもご紹介させていただきます。購入される際に参考にしてみてくださいね!

 

九州屋plus+オンライン

null

引用:九州屋plus+オンライン 公式

大玉2玉から販売されています。中玉や箱売りもされているので人数などに合わせて購入してみましょう。また、箱だと贈り物にもちょうどいいですよね。

 

清川屋

引用:清川屋 公式

こちらは、訳ありのラ・フランスが販売されています。訳ありのラ・フランス。気になりますよね!ぜひ食べてみたいですね!

 

山形 味の農園

引用:山形 味の農園 公式

山形県から直送のラ・フランスが販売されています。

ゴールドラ・フランスやスーパー・ラフといった希少なラ・フランスも販売されていて種類も豊富です。

食べ比べなどしたい人はいろんな種類を購入してみるのもいいですね。

 

 

ラ・フランスの花言葉って知ってる?食べ頃の見分け方もご紹介!のまとめ

  • ラ・フランスの花言葉は「愛情」・「博愛」・「優しい愛」などがあります。
  • ラ・フランスの樹木の花言葉は「慰め」・「癒し」などがあります。
  • ラ・フランスの名前の由来は、フランス人のClaude Blanchet(クロード・ブランシェ)が称賛し讃えたことで誕生しました。
  • ラ・フランスの花言葉の由来は、枝先に小さな白い花を咲かせてたくさんの実を実らせる様子が感謝しているようにみえたことからきています。
  • 食べ頃の時期は軸の周りが凹み少し柔らかくなるころです。
  • 食べ方はスタンダードなくし切りで多く食べられています。
  • ラ・フランスの中には希少な種類もありますが、今は販売店だけではなくオンラインでも購入することができます。

いかがでしたでしょうか?丸い梨とは少し違うラ・フランス。まさかフルーツに花言葉があるなんて!と思った人は少なくはなかったですよね。

また、樹木にも花言葉がついていて、どれも素敵な花言葉ばかりでした!

このように素敵な花言葉がたくさんあるラ・フランス。皆さん食べてみたいですよね。

ぜひ、食べる際はこの素敵な花言葉たちを思い出しながら食べてみてくださいね!

 

© 2022 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5