暮らしの知恵

寝る前にアリナミンVは睡眠不足になって逆効果!?寝る前に飲むべき栄養ドリンク6選!

栄養ドリンクは、コンビニやドラックストア、スーパーで簡単に購入できますよね。「これって正直どんな効果なの?」「タウリンって聞くと疲れが取れそうなイメージ!」など、効果についてはっきりとはわからないという方も多いのではないでしょうか?今回はそんな栄養ドリンクについてご説明していこうと思います。

寝る前にアリナミンVは睡眠不足になって逆効果!?寝る前に飲むべき栄養ドリンク6選!

栄養ドリンクと一言でいっても種類は豊富です。みなさんが好んで購入している人気の栄養ドリンクについて調べてみました!

  • チオビタ
  • リポビタンD
  • チョコラBB
  • リポビタファイン
  • アリナミンV

これらが人気の商品のようです。一度は耳にしたことあるようなものばかりですね!

基本栄養ドリンクはいつ飲んでも問題はありません。

「疲れたな…」とか「肌荒れが気になる」、「ビタミン不足が気になる」などと感じた時に飲むと効果があります。

しかし、栄養ドリンクによっては効果を発揮しすぎてしまう成分が配合されていることもあるのです!

朝、昼に栄養ドリンクを飲むのは問題ないのですが、夜寝る前に飲む場合には注意が必要です。栄養ドリンクに含まれている内容をしっかり

確認して選ぶことをおすすめします。

 

では、実際に何を確認して選べばよいのかについて説明していきますね。

栄養ドリンクのほとんどに含まれているのが「カフェイン」です。

カフェインと聞くと、コーヒーや紅茶をイメージする人も多いのですよね。そのカフェインが栄養ドリンクにも含まれています。

 

カフェインとは?ちょっと解説

カフェインの効果は、体の交感神経という神経に作用するものです。

簡単に言うと、体の機能を活発にする働きがあるのです!

  • 脳が興奮状態になり元気になった気持ちになる。
  • 眠気が覚める。
  • 脈拍が早くなる。

このように体が一時的に元気になったような作用をあたえてくれるのがカフェインの効果です。

カフェインが含まれている栄養ドリンクを夜寝る前に飲んでしまうと、逆効果になってしまいます!

なので、寝る前に飲む場合には「ノンカフェイン」や「カフェインオフ」と記載のある栄養ドリンクを選ぶようにしましょう。

ノンカフェインの栄養ドリンクは次のような商品がありました

  • リポビタンフィール
  • リポビタンノンカフェイン
  • アリナミンRオフ
  • タフマンV
  • チョコラBB Feチャージ
  • ユンケル黄帝顆粒DCF

 

疲労回復に効果的な成分は、ビタミン類が配合されているものはおすすめです。

栄養ドリンクを飲む場合は、何らかの方法で疲労回復に効果があることを期待していると思いますが、こんな成分が入っている栄養ドリンクが特にオススメです。

  • ビタミンB1

ビタミンB1は普段の食生活でも摂取しやすい栄養素のひとつです。

しかし、このビタミンB1が不足すると体が疲れやすくなったり、だるいなと感じるようになります。

イライラしやすくなったり、集中力も低下しやすくなります。

また、代謝が下がり太りやすくなる傾向もあるようです。

このような症状を感じた際にはビタミンB1が不足している傾向です。

  • ビタミンB2

ビタミンB2のはたらきは皮膚や髪、爪の細胞の再生を助ける働きがあります。

肌が荒れやすくなったときや髪がパサつきやすくなったと感じるときに摂取すると効果的です。

ストレスを感じると体が冷えやすくなったり、ビタミンが不足しやすいので日々の生活で疲れや

ストレスを感じやすいときにもビタミンB2を意識して摂取するといいです。

また、粘膜保護を助ける働きもあるため口内炎にも効果的と言われています。

  • ビタミンB6

ビタミンB6は神経の働きを正常に保つ効果があると言われています。イライラしやすくなったり、

眠りにくかったり、落ち込んだりすると感じた時にはビタミンB6を摂取すると良いでしょう。

感情をコントロールしてくれる作用を助けてくれる効果もあります。

また、エネルギーを作り出す働きもビタミンB6にはあるようです。

  • タウリン

タウリンも栄養ドリンクに多く含まれています。

タウリンが多く含まれていると疲労回復しやすいのでは?

と感じる方も多いと思いますが、実はタウリンには疲労回復効果はありません。

「タウリン配合というドリンクは効果ないの?!」と思うかもしれませんが、効果がないわけではないのです。

タウリンは体の中の細胞を正常状態に保つ働きがあります。体の中の細胞の元気がなくなった時に

元の状態に戻る力を助ける栄養素というと分かりやすいですね。

 

その他の作用は、

  • 肝臓の働きを活発にする。
  • 血中のコレステロールや中性脂肪を減らす
  • 血圧を下げる
  • 膵臓のインスリン分泌を促進し、糖尿病予防や治療に有効的
  • 神経を鎮める

など多くの作用をタウリンは持っているのです。

栄養ドリンクの飲み過ぎはいけません、こんなところに注意してくださいね。

栄養ドリンクにはたくさんの栄養素が含まれていますよね。

でも、ここで良く間違いやすいのが体に良いものは取ればとるほど効果がある!と感じてしまうところです。

体が疲れすぎているからたくさん飲んで早く元気になりたい!

というのは残念ながら間違いです。

たくさんとっても体にため込める量は決まっています。

多く取りすぎてしまった場合には尿として体から出て行ってしますのです。

決められた量を決められた分だけ摂取するようにしましょう。

また、タウリンやカフェインの取り過ぎには特に注意が必要です。

 

タウリンの副作用について

タウリンはたくさんとりすぎてしまうと、行動力が低下してしまうのです。

元気をつけたいのに、逆効果になってしまいますよね。

カフェインの副作用について

栄養ドリンクには思っている以上に、カフェインが多く含まれています。

1日のカフェイン摂取量は200㎎以下です。200㎎でも多い方です。

1日の摂取量を意識してカフェインの量を確認するようにしてみてください。

 

カフェインには興奮させる作用があるので、一時的に疲労感を感じなくさせる作用があります。

しかし、実際に疲労回復効果はないので取りすぎると逆に効果が切れた時に疲れを感じやすくなるという副作用もあります。神経の興奮を高めるので疲労感を悪化させてしまいます。

 

まとめ

 

栄養ドリンクには種類も豊富ですが、含まれている栄養素も多いですよね。

今回は夜寝る前に飲むドリンクを中心に紹介してみました。

寝る前に飲むのにおすすめの栄養ドリンク

夜寝る前に飲む栄養ドリンクはノンカフェイン、カフェインオフのドリンクを選びましょう!

  • リポビタンフィール
  • リポビタンノンカフェイン
  • アリナミンRオフ
  • タフマンV
  • チョコラBB Feチャージ
  • ユンケル黄帝顆粒DCF

 

こんな成分が入っている栄養ドリンクが特にオススメ

疲労回復に効果的な成分は、ビタミン類がオススメ!

タウリンには体を正常な状態にもどすパワーがあります。

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • タウリン

栄養ドリンクの飲み過ぎはいけません、こんなところに注意しましょう

体に蓄積される量は決まっています。多くとっても尿として体の外に出て行って

しまうので適量を摂取するようにしましょうね。

また、タウリンやカフェインの取りすぎは疲労感を増強させてしまう危険性が

ありますので取り過ぎには注意が必要です。

 

栄養ドリンクは毎日飲むのではなく、頑張りたいときに飲むと最も効果を発揮しやすいのです。

日々の疲れは良質な睡眠やバランスの良い食事、心身ともに休む環境をつくることでも

回復することができます。それぞれのバランスを心がけて健康で元気に過ごしましょう。

-暮らしの知恵

© 2020 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5