暮らしの知恵

歌舞伎界が梨園と呼ばれるのは何故?

歌舞伎界って梨園と呼ばれますが、どうしてそうなったんでしょう?

1

梨園と言われると何を想像しますか?漢字だけで見てみるとナシを栽培している場所やナシに関連する場所と考えがちです。ですが梨園は果物のナシとは何の関係もなく歌舞伎界のことを指しているのです。そこでなぜ歌舞伎界を梨園というのかについて調べてみました。

梨園ってそもそもどういう意味なんでしょう?

梨園とは中国での宮廷音楽家養成所のことを指していました。ではなぜ宮廷音楽家養成所を梨園というのかですが、養成所の周辺に梨の木がたくさんなっていたからなのです。その場所で教えを乞うていた子供たちを梨の弟子という言葉から梨の園という言葉が生まれました。

その後はその梨園という言葉が広まり、音楽業界や歌舞伎業界では梨園と言われるようになりました。

なぜ歌舞伎界を梨園と呼ぶのでしょうか?

日本の歌舞伎界を梨園と呼ぶ理由は中国の唐の皇帝が大きくかかわっているのです。

唐の玄宗皇帝は世界の3大美人で有名な楊貴妃を寵愛したと有名な皇帝で楊貴妃に出会うまでは国民をとても大切にして政治もしっかりと行っていました。しかし楊貴妃に出会ってからは政治もガタガタになってしまい信頼を失ってしまったことで有名です。

美人に翻弄されてしまう人は昔からたくさんいたということは本当のようですね。

この玄宗皇帝は歌舞伎や音楽などが大好きで中国で梨園を作りました。

中国で梨園という言葉が浸透してから江戸時代になってから日本に歌舞伎や音楽などが

伝えられました。中国から伝えられた当初は歌舞伎だけではなく音楽なども梨園と

呼ばれていたのですが皇帝が歌舞伎を特に愛していたということで歌舞伎を特別視するようになり歌舞伎界だけを梨園と呼ぶようになったのです。

 

どうして梨園と呼ばれるようになったんでしょうね?

唐の皇帝は音楽や歌舞伎などの芸術関係の文化が大好きで達人とも言われていました。皇帝は歌舞伎などを教えるために宮廷から弟子を選んで梨園で芸術を教えていたのです。

そのことから皇帝が教えていた弟子のことを皇帝梨園弟子と呼ばれていました。その皇帝梨園弟子の言葉が広まり、梨園という言葉が広まるようになりました。

なぜ歌舞伎俳優の妻を梨園の妻と呼ぶのか?

歌舞伎役者の奥さんになると歌舞伎界に入って夫を支えるということで自動的に梨園の妻と呼ばれるようになります。

梨園の妻になると歌舞伎役者である夫を支えるために多くの仕事をして行かなければならないのですが並大抵のことではないようです。

では梨園の妻は具体的にはどのようなことをして歌舞伎役者である夫を支えているのかについてみていきたいと思います。

梨園の妻のしきたりやすべきこと

御ひいき先との付き合い

歌舞伎は一か所で演目を行っているわけではなく、日本全国の至る場所で公演を行っていますのでその先々でお世話になっている人々との挨拶などをする必要があります。

ですのでごひいき先の人々の顔を覚えて行かないと巡業で行ったときに失礼を働いてしまいますので覚えておく必要があります。

年賀状やお礼状を手書き

年賀状や季節ごとの挨拶状などをごひいき先や関係各所に送ることも梨園の妻の務めなのです。

梨園の妻はごひいき先へ季節ごとのあいさつや年賀状を手書きで書いていたそうです。御ひいき先の数によっては1000枚を超えてしまう人もいるみたいですが、現在では全てを手書きで書くことはしないようになり、印刷で済ましてしまうこともあるようです。

ですがお礼状は印刷で済ませるわけにはいかずすべてを手書きで送っているのです。

歌舞伎で行う演目をすべて覚える

梨園の妻は演目をすべて覚えることも重要な役目なのです。ではなぜすべての演目を覚えないといけないのかというと演目を見ているときにごひいき先の人と会話をするときに

会話が成り立たなくなってしまうからなのです。一度会話が成り立たなくなってしまうとごひいき先の人によってはあの人は何も知らないと思われてしまい口をきいてもらえなく

なってしまうこともあるため覚えておく必要があるのです。

跡取りの子どもを産む

梨園の妻の職務として一番大切なことは跡取りの子どもを産むということです。

跡取りを生むことが仕事というと時代錯誤だと考える人もいるかと思いますが歌舞伎界ではこのことが最も重要なこととされているのです。

その理由は一族の血を絶やさずに芸を次代につなげていくことが大切と考えているからなのです。

まとめ 

いかがでしたでしょうか。今回は歌舞伎界がなぜ梨園と呼ばれているのか、そして梨園の妻のしきたりやするべきことについてお伝えしました。

歌舞伎界のしきたりなどはもともとの場所である中国の影響を大きく受けていることが理由でした。自国の文化として大きく寝ずいているものでも他国の影響を受けて現在の形になっているものもありますので興味のある文化の背景を調べてみると面白いかもしれません。

-暮らしの知恵

© 2020 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5