暮らしの知恵

学級目標を英語にするときの例10選!!小学校・中学校向けを解説

小学校から中学校までどこでもと言っていいほどあるのがクラス目標。

たかが言葉、されど言葉。クラス目標はクラスのみんなが団結するのには欠かせないものです。

 

しかし、いつも同じようなものになってしまいちょっと味気ないなんてことありませんでしたか?

もしお子さんがクラス目標の案で悩んでいらしたらぜひご提案いただきたいのが英語のクラス目標。

どんどんグローバル化が進む中、英語のクラス目標はますます多くなっています。

英語でいい目標を提案し注目を集めちゃいましょう!

 

 

学級目標で使いたい英語の単語10選!!

英語の目標にする際きになるのは、生徒がその目標に思いを込められるかどうかです。

小学校と中学校ではわかる単語のレベルが変わりますが、どっちにも使える単語を紹介します!

 

使いたい英単語一覧

stop = 止まる

never stop などの「止まるな」という意味合いで使えます。

 

grow = 成長する

grow up が熟語で「成長する」という意味。学校にはもってこいの言葉です。

 

future = 未来

make the future は「未来を作る」という意味。小学校で大きな目標を掲げたい時にオススメ。

 

dream = 夢

dream come trueという三単語で「夢は叶う」。日本語でも英語でも素敵な言葉ですね。

 

enjoy = 楽しむ

子供の本分は楽しむこと。楽しく元気にというスローガンにお使いください。

 

happy = 嬉しい

とても簡単な単語なので小学校低学年の目標にはぴったりですね!

 

next = 次

next step などと単語をくっつけることにより、未来の可能性を示すことができます。

 

best = 一番

best effort は「精一杯頑張る」という意味。「努力」という言葉が浸透している日本では使いやすい言葉です。

 

friend = 友達

小中は一生の友を作る場。ぜひとも目標の言葉に入れたいですね。

 

together = 一緒に

団結を重んじる日本の文化にしっくりくる単語。

 

 

学級目標で英語作ろう【小学校向け10選!!】

Failure teaches successes

訳:失敗は成功のもと。

 

訳を聞くと、あ〜!と思う方が多いのはないでしょうか。

日本語ではとても人気のことわざですが、英語になると少し単語が難しくなりますね。

でも日本語の訳が有名だからこそ小学生がfailureとsuccessを覚えるいい機会になりそうです。

 

So many men, so many minds

訳:十人十色

 

みんな違ってみんないいという詩が読まれているほど小学校では多様性が大事。

互いに認め合う大切さを聞き慣れた日本語ではなくて英語にすることで改めて再認識できるのではないでしょうか。

 

hop step jump

訳:ホップステップジャンプ

 

こちらはとても簡単な英文。

元気一杯のクラスにはぴったりの目標かと思います。

 

we can do it!

訳:私たちはできる

 

オバマ大統領の言葉で一躍有名になった言葉。

とても前向きな気持ちになれる目標です。

 

one for all, all for one

訳:一人はみんなのために、みんなは一人のために

 

最後はオーソドックスなものを。

ありふれた文句とはいえ、やはり外れない慣用句です。

 

 

学級目標で英語作ろう【中学校向け10選!!】

God helps those who help themselves

訳:幸いが起きるのを待つのではなく、自分からゴールに向かって努力せよ。

 

中学生の目標ということで少し文字数が多いものを選びました。

どんどん自分から挑戦していきたいという気持ちを込められる目標です。

 

Theres no time like the present

訳:しなければいけないことは今するべきだ。

 

「明日やろうは馬鹿野郎」という言葉が日本では有名ですね。

日本語も渋くて好きですが、英語にすると一気におしゃれにできますよ。

クラスも気にいること間違いなし!

 

You can't judge the book by its cover

訳:外見で物事を判断せず本質をみよ。

 

これは青春期に関わらず大事なことですね。

逆にあまり日本ではこのような目標は見かけません。歯切れが悪いからでしょうか。

英語にすることで洒落た目標にすることができますよ。

 

Honesty is the best policy

訳:嘘はつくな。

 

日本語だとあまりにもむき出しになってしまう言葉。

だからこそ大事なのにあまり目標には選ばれないですね。

でも誠実であることは最初に掲げるべき目標の一つと言えます。

 

Good things come to those who wait

訳:待つものに良いことが訪れる。

 

めまぐるしい中学時代。

そんな中で少し立ち止まり、待つことの重要性を解いてくれることわざ。

一つづつの単語はとても簡単なので中学生にはお勧めしたい目標です。

 

学級目標を英語にして素敵な一年を送りましょう!!

英語の学級目標はいかがだったでしょうか。

簡単なものから少し難解なものまで。また、馴染み深いものから目新しいものまで紹介させていただきました。

ぜひこちらの目標を参考に、英語の目標を作って見てください!

 

  • 単語は有名な熟語にできるものを使うのがお勧め
  • 小学校の目標は単語数を少なく、聞きなじみのなるものに
  • 中学校の目標はあえて日本語では掲げない目標を英語でカッコよく

 

-暮らしの知恵

© 2021 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5