食事

ハンバーグを温め直しても美味しく食べるコツ!解決方法を一挙紹介

子どもから大人まで愛されるメニューの一つ、ハンバーグは食卓によく登場するというご家庭も多いのではないでしょうか。

出来たてのアツアツなら美味しく食べられるのに、温め直したハンバーグは美味しくないという経験をした人も少なくありません。

では、大人気のハンバーグをいつでも美味しく食べられる方法をご紹介します。

ハンバーグを温め直しても美味しく食べる方法

煮込みハンバーグにする

焼くだけのハンバーグよりも水分量を維持しやすいのが煮込みハンバーグです。温め直しも電子レンジではなく、鍋などでソースと一緒に温めれば、パサパサや固くなってしまうことを防げます。

作り置きメニューとしてハンバーグを用意する場合は、ハンバーグは表面を焼いた状態、ソースは別鍋で作っておきましょう。食べる前に、ソースとハンバーグを一緒に煮込んでしまえば、出来たてのような煮込みハンバーグに仕上がります。

 

豆腐を混ぜたハンバーグにする

ハンバーグの水分量をアップさせ、最初からふわふわに作っておけば、温め直した際のパサパサ感を軽くすることができます。

そこで便利なやり方が、豆腐を混ぜてハンバーグを作ることです。

豆腐ハンバーグはふわふわな食感が特徴です。豆腐のもつ水分量がハンバーグのジューシーさやふんわり感をアップしてくれるので、温め直しが必要なときにも豆腐が入っていないハンバーグよりもふわふわに仕上げることができます。

 

ホイルに包んで蒸す

焼いたハンバーグをアルミホイルで軽く包み、水を張ったフライパンで蒸す方法もおすすめです。アルミホイルで包む際には、ハンバーグの上にバターを乗せることもポイントです。

失われた油分を補ってくれるので、ふっくらとジューシーに温め直すことができます。この方法は冷凍してあるハンバーグなどでも利用でき、その場合は、蒸す時間を長めにするなどして時間調整が必要です。

 

電子レンジではなくオーブンで

温め直す際は電子レンジが便利ですが、ハンバーグの場合はオーブンやトースターを利用するようにしましょう。電子レンジではハンバーグに残っていたわずかな水分までをも蒸発させてしまうので、パサパサな食感になってしまいがちです。

オーブンやトースターなら火力などを気にせず温め直すことができます。ソースなども一緒にアルミホイルなどに包んで温めれば、いつでも出来たてのようなハンバーグを味わうことができますよ。

電子レンジで温め直す場合は、ハンバーグにぴったりと沿うようにラップをかけて温めることがポイントです。すき間があると水分などが逃げてしまうので、逃げ場がなくなるようにぴっちりとラップでフタをするようにしましょう。

こちらの記事もオススメです!!

ハンバーグの温めなおし方4選!!正解はレンチン?フライパン?

ハンバーグを温め直すとどうして美味しくないの?!

水分と肉汁が逃げてしまう

ハンバーグの美味しさのポイントとして、ジューシーさが挙げられるのではないでしょうか。出来たてのハンバーグではそのジューシーさを感じることができますが、温め直したハンバーグではどうしてもジューシーさに欠けてしまいます。

その理由は、ハンバーグの中に閉じ込めていた水分や肉汁が時間の経過とともに外に流れ出てしまうためです。

温め直すことでハンバーグ自体は温かくなっても、水分や肉汁までは取り戻せないため、食感がパサパサになってしまうのです。

 

温め方法に問題がある場合も

電子レンジなどでハンバーグを温め直した場合、部分的に固くなってしまった経験はありませんか。

部分的に固くなってしまうのは、出来たてのハンバーグでも焼きすぎてしまうと起こってしまうものです。

それは肉汁が外に逃げてしまうためなので、ハンバーグを温める際に肉汁を逃がさない工夫をすることがポイントです。

また、電子レンジを使用すると固くなりやすいので、温める方法を検討するということも必要になるでしょう。

 

美味しいハンバーグの温め直しをマスターすると便利

 

時間差で食べる家族の夕食メニューに

家族で夕食を食べる時間がバラバラの家庭も珍しくありません。しかし、そのたびにハンバーグを焼いていては、主婦の手間がかかってしまいます。

そこで美味しく仕上がる温め直し方法をマスターしておけば、一度に作ったハンバーグをいつでも美味しく食べることができます。

仕事で帰りが遅くなってしまったお父さんに、部活や塾で一緒に夕食を食べられない子ども達にも作ってあげることができるでしょう。

 

冷凍保存の効く作り置きおかずに

仕事をしている主婦にとって、時短メニューは数多く知っておきたいものです。

子どもから大人まで人気のハンバーグを作り置きおかずとして冷凍保存している人も多いのではないでしょうか。

ふっくらとジューシーに仕上げることができれば、時短メニューとしてハンバーグも大活躍してくれるはずです。

 

 

ハンバーグを温め直して美味しく食べようについてのまとめ

夕食の定番メニューとも言えるハンバーグはいつでも美味しく食べることができます。

時間差で食べるときのために、美味しく温めるコツをマスターしておけば安心ですよね。

温め直しが必要なときでも、ハンバーグをメニューに取り入れてみませんか。

ハンバーグの冷凍食品も今はこんなに進んでいます

俺のフレンチというのは、ご存知の方も多いと思いますが、比較的割安に高級フランス料理を食べさせてくれるお店ですが、

そんなところが、ハンバーグの冷凍食品を取り扱って言うから驚きです。

銀座の行列店~俺のイタリアン・フレンチ~の本格一流料理が
冷凍商品となってご自宅で食べられる!

俺のイタリアン・フレンチは過去にミシュランガイドで

ピブグルマンを獲得したこともある東京銀座の有名店です。
そんな有名店の料理をご自宅で味わえるように冷凍食品にしたといいますから、美味しくないはずがありませんよね。

美味しいポイント

  1. 全商品俺のシリーズの料理長が商品開発!圧倒的な味!
  2. 簡単に食べられる!電子レンジや湯煎ですぐ食べられる
  3. 高コスパ!店舗と同じくコストパフォーマンスにこだわって作っています。


こちらのハンバーグの記事もオススメです!!

ハンバーグの火の通り解決法!!私にもできた理想のハンバーグ

 

ハンバーグをつなぎなしで作るとどうなる?美味しいのか美味しくないのか?

ハンバーグはパン粉なしで作る事が可能?!代用品もご紹介!!

ハンバーグのタネが水っぽい!?原因とその対処法7選‼︎【保存版】

 

 

 

 

-食事

© 2021 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5