ニュース

カワウの被害が深刻で映画みたい 川での被害や対策についてまとめてみた

カワウと言えば、鵜飼の鳥、滋賀県の長良川を始めとして、

観光資源としても有名ですよね、そんなカワウですが、

琵琶湖がある関西地方での被害が深刻で、発生している状況がまるで

映画のようだといいます。

被害や対策方法についてまとめてみました。

カワウの被害が深刻 川での被害はどうなっている?

アユ1トンが1週間で食べつくされてしまう。

にわかには信じられない話ですが、実際に、滋賀県の大戸川で発生している。

出典:産経デジタル

空に舞っている鳥の他に、枝にもかなり多くの鳥が止まっているのがわかります。

これが、全部カワウということになると、結構大変なことになっていると言えます。

カワウの被害が深刻 その対策はどうなっている

カワウの深刻な被害に対して、いわゆる漁業協同組合の皆さんは

涙ぐましい努力をしています。

・禁漁期間中に川の水面の上に糸を貼ることによって、カワウを近づかせない対策を行った。

アユへの対策ということで言えば、アユが禁漁となっている季節は、川の水面の上に

糸を貼るという対策は、有効に思えますし、実際にある程度の効果があがりました。

しかし、問題はアユ釣りが解禁になっている間、まさか、アユ釣りが解禁になっているのに

釣れない対策は取れないわけで。

アユ釣りが解禁されている間は、毎日午前4時ごろから数時間、組合員数人が川沿いに

1キロ間隔で並び、さらに、時間差で5連発の花火を放ち、カワウを少しずつ上空に遠ざける

という地道な対策を取り続けている。

もう、人海戦術ですね。これは、いつまでも続く対策では無いでしょう。

環境省によると、2007年、カワウを鳥獣保護法に基づく狩猟鳥に指定、

特別な許可がなくても捕獲できるようにした。

鵜飼に使われるカワウ、天然記念物とは言いませんが、もう、保護する対象ではなく

どちらかと言うと駆除する対象になっています。

駆除したカワウを1羽あたり5千円で買い取っている漁協もでてきています。

これは、完全な赤字でしょう、かなり苦しい対策がつづいています。

こういった、カワウの被害について、ネット上では様々な声が上がっています。

増え方が異常です。
以前は川で釣りをする人が多かったので、ある程度の数でした。
釣り人減少、鵜の増加、アユの激減で釣れない川の悪循環です。
全滅した川もあり生態系のバランスが完全に崩れています。
糞で木が枯れて島が崩れ出した竹生島もあります。

引用:ヤフー

そうなんですよね、生態系との問題につきてくるのですが、昔は

お互いにうまい具合に共生していたはずなんですけど、

どうしてこんなことになってしまったのでしょう。

環境保護団体に聞かせてやりたいですね。

しょせん、人間のやっていることは、自然の保護じゃなくて、

人間にとって都合のいい状態を維持することです。

そして、これが人間がやるべき事なのです。

引用:ヤフー

ここまでは言う気は無いんですが、本当に環境保護と、被害の問題は

難しいです。

多分コメントとしては、これが最高なのかと思います。

ブラックバスやブルーギル食べてくれたらいいのに。

引用:ヤフー

そうです、食べられてしまうのが、アユなのが、結構大きな問題なんです。

外来種と呼ばれ、被害が発生している、ブラックバスや、ブルーギルを

食べてくれていたら、カワウも益鳥とか呼ばれたのかもしれません。

そう考えると、人間って結構勝手なのかなあとか思います。。

カワウの被害が深刻 食べることはできるのか?

カワウを食べて死んだという話は聞いたことがなく、

毒を持っているというわけでも無いようです。

ただし、ジビエの一種として考えられ、下処理とかをきちんとしないと

生臭くて食べられたものでは無いようです。

簡単に食べられればよいのですが。

それでも、ジビエとして処理する方法も世の中にはあるので、

きちんとした専門の料理人の方が、美味しいレシピを開発すれば

美味しくいただけるのでは無いかと思うのですが。。。

カワウの被害が深刻 絶滅の危機から大繁殖へ

被害を出しているカワウにも、気の毒なところがあり、

昭和30年代から40年代にかけては、環境汚染や干潟の減少によって

生息数は大幅に激減し、昭和46年には、全国で3000羽にまで、減少し

絶滅の危機にひんしていました。

そう、長良川の鵜飼のニュースを聞いていると、カワウの保護について、

話をしているのを放送していました。それぐらい、絶滅の危機に貧していたのが、

一転して、平成になってからは、ものすごい勢いで生息数が増えています。

これは、河川の回収によって、餌となる魚が隠れる場所がなくなってしまい。

カワウにとっては、大変暮らしやすい環境ができあがってしまったためと

言えるようです。現在は約10万羽のカワウが全国に生息しているといいます。

うーん、環境保護と、動植物との共生というのは、こんなにも難しいもの

なのでしょうか。

そのうち、観光資源の鵜飼の際に、石を投げ込んでくるような輩がでてこないか

大変心配です。

 

 

 

-ニュース

© 2020 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5