広告

蒸し器の代用としてザルをうまく使う方法や最適なザルをご紹介!

野菜を蒸して調理したいのに、蒸し器がないからって諦めることありませんか?蒸し器があるご家庭って、思ったより少ないんです。
私も家に蒸し器がなく不便に感じることが多くて、買うか悩んでいた時期もありました。
手っ取り早く電子レンジで加熱しても、野菜の芯が残ったり、思ったよりホックリと仕上がらなかったりするのが蒸し野菜の悩みのタネですよね。

時には、「少しおしゃれに、酒蒸しを作りたい!」と思うこともあるでしょう。蒸し器がないからって料理の幅が狭まるのは悲しいですよね。

そんなあなたに朗報です!どのご家庭にもある「鍋」と「ザル」が蒸し器の代用として使えます。
ここで蒸し器の代用としてザルを使うコツをつかんで、今まで諦めていた蒸し料理を手軽に作りましょう!

 

 

蒸し器の代用としてザルをうまく使う方法をご紹介!最適なザルはどれ?

鍋をザルを使って、蒸し器の代用をする方法をご紹介します。

  1. 鍋に底から2~3センチほどのところまで水を入れる
  2. 鍋の中にひとまわり小さいザルを入れる。小さいザルがないときは鍋と同じ直径のザルで構いません。
  3. ザルの中に蒸すものを入れて、鍋のふたをする。
  4. 10分ほど蒸して、出来具合を確認する。蒸し足りないときは、またふたをして蒸す。
  5. 出来上がったら、ザルごと取り出せば完成。

とても簡単ですね!

蒸し器の代用として向いているザルは「金属製の小さめ」のものです。

 

 

蒸し器の代用としてザルを使う時の注意点

ザルを使って蒸す時の注意点が4つあります。

  • プラスチック製のザルは、蒸している途中で溶けてしまう可能性があるため使用を避ける。
  • ザルの中で材料が重なると蒸し度合いにムラができるので、あまりたくさんの材料を入れない。
  • 蒸しパンや小龍包などの、平面で蒸すものには向いていない。生地に網目がついてしまうので、もしもザルを使う時はクッキングシートを敷く。
  • 鍋と同じ直径のザルを使う時は取り出す時にふちのところで引っかかりやすいので、やけどに十分注意する。

ザルが溶けてしまったりやけどをしてしまったりすると、せっかくの蒸し料理も楽しくなくなってしまいます…。
適切な器具と方法で調理を楽しみましょう!

 

 

蒸し器の代用としてザル以外で使えるものはあるの?

 

蒸し器の代用として使える調理器具は、驚くほどたくさんあります。
蒸し器の代用として、不動の人気を誇っているのは「電子レンジ」です。電子レンジはコンロを使っているときでも並行して調理できる上に、スタートボタンさえ押しておけば終了まで放っておいて良いので楽ちんですよね。

電子レンジで蒸し器の代用をする手順を簡単に紹介します。

  1. 耐熱ボウルに食材を入れる。
  2. 水を少し入れます。(霧吹きで吹き付けるとまんべんなく水がかかって仕上がりも良くなりますよ!)
  3. ラップをふんわりとかけてスタートボタンを押す。

蒸し具合を確認した時に蒸し足りないと思ったら、軽く混ぜてからまたスタートしてください。

そして、私のオススメのアイテムはこちらです!

どんな鍋でも蒸し器に早変わり!蒸し器目皿 鍋サイズ(18cm鍋用)

引用:Amazon

お値段は【957円】です。ほかのサイズもあります。ひとつ購入して置いておけば簡単に蒸し料理が作れますよ。

蒸し器は、高温になった水蒸気を材料に当てることによってジワジワと加熱していきます。それと同時に水蒸気が材料に浸透していくので、じっくりと加熱しながら均一に火を通すことができます。
「これは蒸し器の代用品として使えるかな?」と思った時には、蒸し器の仕組みを思い出してみてくださいね。

 

 

蒸し器の代用としてザルをうまく使う方法や最適なザルをご紹介!のまとめ

蒸し器の代用としてザルを使う手順は

  1. 鍋に底から2~3センチほどのところまで水を入れる
  2. 鍋の中にひとまわり小さいザルを入れる。
  3. ザルの中に蒸すものを入れて、鍋のふたをする。
  4. 10分ほど蒸して、出来具合を確認する。蒸し足りないときは、またふたをして蒸す。
  5. 出来上がったら、ザルごと取り出せば完成。

です。最適な「金属製の小さめ」のザルを使いましょう。

ザルを蒸し器の代用として使う時の注意点は

  • プラスチック製のザルは、蒸している途中で溶けてしまう可能性があるため使用を避ける。
  • ザルの中で材料が重なると蒸し度合いにムラができるので、あまりたくさんの材料を入れない。
  • 蒸しパンや小龍包などの、平面で蒸すものには向いていない。生地に網目がついてしまうので、もしもザルを使う時はクッキングシートを敷く。
  • 鍋と同じ直径のザルを使う時は取り出す時にふちのところで引っかかりやすいので、やけどに十分注意する。

この4つです。注意事項を守って安全に調理しましょう。

ザル以外で蒸し器の代用品として使えるものはたくさんありますが、電子レンジと蒸し器皿がオススメです。

市販の冷蔵肉まんも、「蒸し器皿に乗せて蒸す」というひと手間加えるだけでジューシーになります!
蒸し料理は、栄養を効率よく摂ることができると言われています。ぜひ鍋とザルを使って、温野菜サラダのように身体に優しく柔らかくて食べやすい料理をササッと作ってみてくださいね。

© 2022 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5