広告

ピュアウォーターって体に悪いって本当?飲むとどうなるの?

ピュアウォーターを日常的に飲み続けると体に悪いという噂を聞いたことはありませんか?

 

え?ピュアウォーターって体にいいから飲んでるんじゃないの?

 

実はピュアウォーターを飲んだからと言って体に悪い!ということはないんです。

 

ピュアウォーターのメリットとデメリットを詳しく紹介していきます。

 

 

ピュアウォーターは体に悪いの?

ピュアウォーターを飲むと「体内のミネラルが奪われてしまう」「肌に触れると、肌トラブルがおき、そこだけ肌がガサガサになってしまう」などといった噂があります。

 

実はそんな事実も根拠もないんです。

 

ピュアウォーターは医療現場や産婦人科などでも使用されているほど安全性の高い水です。

 

しかし、ピュアウォーターには「溶解性」があり、ピュアウォーターの水は溶解性が高いから危険性があると言われています。

溶解性とは?

水の中に入っている様々な物質を溶かす性質のこと。

 

溶解性があるから危険なんですね。

 

溶解性があることによって体のミネラルを溶かしてしますから危険ということもあるそうですが、あくまでも飲みすぎた時の話です。

 

日常的に飲む分にはそんなに影響がないと考えてもよさそうですね。

 

 

そもそもピュアウォーターってなんなの?

ピュアウォーターは、水中にあるほぼ全ての不純物が除去された水のことをいいます。

 

水の味を決めるという、カルシウムやマグネシウムといったミネラルまで取り除かれていて、水分子以外はほぼ含まれていません

 

そういったことから、純水な水という意味のピュアウォーターと呼ばれています。

 

ピュアウォーターには、蒸留水と浄化水とがありますが、大部分を占めるのは逆浸透膜システム(ROシステム)でろ過する逆浸透膜浄化水(RO水)となっています。

引用 クリクラ

なるほど…

水をろ過することで水の中の不純物を取り除くことで「水だけ」になった状態のことをいうんですね。

 

しかも、ピュアウォーターは逆浸透膜システム(ROシステム)でろ過する逆浸透膜浄化水(RO水)となっているんですね。

 

RO水と他の水の違いはあるの?

RO水と純水との違い

純度の高い飲料用のお水で、高性能のROフィルターを通したお水のことを言います。

 

純水とは、純度の高い飲料用のお水を日本語で表したものになります。

 

そのためRO水と純水の違いはROフィルターを通しているかいないかで判断することができます。

 

RO水と浄水器の違い

どちらも水道水を使用しますが、一般的な浄水器との違いは「不純物の除去能力」です。

 

蛇口に取り付けるようなタイプの浄水器では、トリハロメタンや鉄さびなどを吸着して除去するのに対して、ROフィルターは分子レベルの不純物をほぼ全て除去します。

 

そのため、より安全なお水はRO水になります。

 

RO水と水道水の違い

日本の水道水は世界と比較しても、安全性が高いと言われています。

 

浄水場で原水の消毒に投入される塩素によって、大腸菌などの微生物を死滅させることができますが、水中の汚れと反応して、発がん性物質が形成されるとも言われています。

 

水道水は大人の方の場合は特に問題ないかと思いますが、内蔵が未発達な赤ちゃんなどには飲ませない方が良いでしょう。

引用 ちょびライフ

 

ひと口に水といってもいろいろ種類があってどういう風に処理されるかによって特徴が違ってきますね。

 

自分がどの種類の水を使いたいかしっかり調べる必要がありそうですね。

 

ミネラルウォーターと何が違うの?

ミネラルウォーターは、その名の通りカルシウムやナトリウム、マグネシウムといったミネラルを含んだ水のことです。

 

ミネラルウォーターは市販の水というイメージがあるかもしれませんが、水道水や井戸水も多少のミネラルを含んでいるため、ミネラルウォーターと言えます。

 

ミネラルウォーターは、含まれるミネラルの量により硬度が異なります。日本の水道水や天然水のほとんどは硬度が低めの軟水が、海外では硬度が高い硬水もよく飲まれています。

 

日本でも、海外から輸入したお水の中には硬水がありますが、軟水に比べると飲みにくさを感じる人が多いようです。しかし、便秘の解消などの目的で意識的に硬水を飲んでいる人はたくさんいます。

引用 クリクラ

 

水道水もミネラルウォーターに含まれるなんてびっくりですね!

 

ざっくり言うとなにも取り除かれてない水=ミネラルウォーターなんですよね。

RO水の作り方は?

RO水は高性能のROフィルターを通し、ろ過することで雑菌処理を行って作られます。

 

ROフィルターはRO膜とも呼ばれ、水以外の物質を通さないためろ過するだけで有害な物質や雑菌などを取り除いた安心安全のお水を作ることができます。

 

基本的にRO水を取り扱っている所は、安全性が高く評価されているナノテクノロジーを駆使したシステムで、水の不純物や雑味などを徹底的に取り除き、1000万分の1mmまでの不純物までも除去し、水以外の成分をほとんど含まないクリアな水になります。

引用 ちょびライフ

 

RO水のメリット・デメリットは?

RO水のメリット

安全性の高さ

純水でクリアな水以外はほとんど通さない超微細孔フィルターでろ過されているので、RO水は雑菌や不純物がかなり少なく、安全性が高くなっています。

 

その安全性の高さから、医療現場や産婦人科などでも利用されることが多く、大人よりもデリケートな赤ちゃんのミルクや離乳食の利用などにも最適です。

 

RO水はミネラルがほとんど含まれていない、超軟水の水です。

 

そのため、ミネラルの取りすぎによってお腹を下してしまう心配もないです。

 

長期間保存できる

RO水は特殊な超微細なフィルターを使い、極限まで不純物を取り除いているため、天然水や水道水よりも比較的長期間(約12ヶ月)保存することができます。

引用 ちょびライフ 

水道水はすぐに雑菌が発生してしまい、天然水の場合でも賞味期限は6か月ほどですがRO水は比較的長期間保存に向いている水です。

 

RO水を保存しているボトルや保存方法などによって賞味期限が変わってくるので注意が必要です。

 

なぜ天然水とRO水ではこんなにも賞味期限は違うの?

水の中に含まれる物質量が大きく関係していて、水は基本的に外気に触れれば触れるほど、どんどん品質が落ちていきます。

 

さらに、水中に含まれている物質量も多ければ多いほど劣化が早くなるからです。

 

なぜRO水は長期間保存できるの?

RO水は超微細孔の高性能フィルターを使って、不純物を徹底的に取り除いた水です。

 

そのため、水道水や天然水よりもRO水は水の中に含まれている物質量が圧倒的に少ないので長期保存をすることができるんです。

 

天然水よりも安い

RO水は天然水より安く提供されています。

なぜ天然水が高いのか、RO水が安いのかには理由があります。

 

天然水

天然水は採水地から採水して、殺菌処理などを行います

 

時間・工程・設備を要するので全体的に高くなります。

 

RO水

RO水は天然水を使っても、水道水を使っても同じ水を作り出すことができるので、天然水よりも安くなっています。

 

原料の水が安ければ安く提供することが可能です。

 

赤ちゃんのミルクに最適

基本的にウォーターサーバーが無い家庭では、水道水を一度煮沸させて作るのが一般的ですが、ウォーターサーバーで飲めるRO水は煮沸の手間なくそのまま使うことができます。

 

RO水ではなく天然水を使用しても問題はありませんが、水の硬度に注意が必要です。

 

硬度が高い天然水の場合だと、赤ちゃんのミルク作りには適していません。

 

赤ちゃんに飲ませる水は超軟水がいいとされています。

赤ちゃんがミネラル分を摂取しすぎると、内臓の未発達の影響でお腹を壊してしまうことがあるので、使う天然水の硬度を確認してくださいね。

 

軟水とは?

ミネラル含有量が120mg/L以下の水のこと。

 

RO水を使うことにはメリットがたくさんですね!

赤ちゃんのミルクづくりも大変なので簡単・安全に作ることができるのはうれしいですよね!

 

RO水のデメリット

ミネラルが含まれてない分美味しさを感じない

RO水には余分なミネラルが含まれていない純水です。

そのため、飲み口はさっぱりしており、雑味のない柔らかな印象をもたれる方が多くいます。

 

ミネラル分がないと美味しさを感じない!と言われていますが、逆にミネラル分を取りすぎると体調不良の原因になります。

 

また赤ちゃんの場合、ミネラルを摂取し過ぎると内臓が未発達の影響で、お腹を壊してしまう場合があります。

 

開封後は日持ちがしない

開封後のRO水は他のお水と比べてとても痛みやすいです。

 

冷蔵庫などで保存していたとしても、開封した水は日持ちしません。

 

未開封の場合は約12か月保存することができますが、開封した後はできるだけ早めに飲み切りましょう。

 

不純物が入ると雑菌が増えやすい

RO水は不純物が入ると、雑菌が増殖しやすくなります。

 

開封して日にちが経ってしまうとその分雑菌が増えてしまいます。

 

開封してからの賞味期限がかなり短くなってしまうので保存には向かないのはかなりデメリットですよね…

 

どうせ使うなら開封後も賞味期限が長くなってくれたら嬉しいですよね。

RO水はウォーターサーバーを使うのが安全でおすすめですよ。

 

 

ピュアウォーターを飲むと結局どうなるの?

ウォーターサーバーの水でよく使用されるRO水も純水(ピュアウォーター)の一種です。もちろんこのRO水も、飲むことができる水です。

 

純水と超純水は、人体にとって有害な物質が入っているわけではないので、理論上は飲んでも問題ないと考えられています。

 

ただ、純水の溶解性は体に悪影響を及ぼすという指摘もあります。これは、純水に不純物がない分、体が保持しているミネラル分を溶け出させてしまう可能性があるるからです。

 

また、ピュアウォーターばかり飲み続けていると「ナトリウム欠乏症」になっていしまうことがあります。

 

ナトリウム欠乏症とは?

大量の超純水を摂取した場合、粘膜を通じて細胞中・血中のミネラルが流れ出て行きます。

 

その結果、ナトリウムがあるレベルを超えて欠乏してしまうと、浸透圧が維持できなくなり、血圧下降・ショック状態を引き起こします。

 

眠気・錯乱といった症状に続き、筋肉の痙攣、昏迷・昏睡を引き起こし、最悪は死に至るなどを起こす恐れがあります。

 

真夏の屋外での作業やスポーツなどによって大量の汗をかいた場合に同じ状態に陥ります。汗をかいたからと水やお茶ばかりを飲んでいる場合に起こす脱水症(低張性脱水)と同じです。

 

ミネラルが外に流れ出るか、体内で流れ出るかの違いだけです。

引用 水選びなら「どれ水ドットコム」

 

体にどういう影響を及ぼすかについては、現段階でははっきりと明言することはできません。

 

もし心配な場合は、ピュアウォーターではない天然水や、RO水にミネラル成分が添加されている水を選ぶのがおすすめです。

 

また飲料水としてそのまま飲むだけではなくてお茶・コーヒー・料理に使うという方法もあります。

 

飲料水以外にも使える!ピュアウォーターの使い方

料理に使う

ピュアウォーターは雑味がないので、出汁との相性が抜群です。また、食材本来の味を引き立たせてくれて、素材を活かした料理も作りやすいというメリットがあります。

 

出汁をきかせた煮物料理

ピュアウォーターは、素材や出汁の味を引き立たせてくれるので、和食には特にぴったりです。出汁をとる時にもアクが出にくいというメリットがあります。

 

炊飯

お米を炊く時、一番始めに使う水と炊く時のお水が特に重要と言われています。

 

米が吸収する水分の多くは一番初めに使う水なので、一番初めに使う水は早い段階で捨てるのが基本です。

 

この最初の水をピュアウォーターにすると、浸透力の高さからふっくらと炊き上がるそうです。

 

お茶やコーヒー

日本茶・紅茶・コーヒーは、茶葉や豆による味の変化を楽しめますが、使う水によっても味は変わります

 

ミネラルを取り除いたピュアウォーターなら、茶葉や豆本来の味を感じやすくなりそうですね。

 

洗顔や髪のセット

敏感肌の人には、水に含まれる不純物が刺激になる人もいるそうです。ピュアウォーターは、不純物を取り除いているので、刺激が少なく安心です。

 

素肌には、できるだけ刺激の少ないものを使いたいと考えている人におすすめです。

 

また、ピュアウォーターは超軟水なので、髪に浸透しやすいという特徴もあります。スプレーボトルに入れると、簡単に寝癖直しスプレーとして活用できますよ。

 

薬を飲む時

薬は、できるだけ硬度が低い水で飲むのが良いとされています。ミネラルがたっぷり含まれた硬水の場合、大事な成分を変えたり吸収を抑える可能性があるからです。

 

ピュアウォーターなら、そういった心配もないですね。

 

鏡・ガラス掃除

ピュアウォーターは水道水よりもものを溶かす力が強いとされているそうです。これは、不純物の有無の違いによるもので、拭き掃除全般におすすめです。

 

ただし、繊維の残りやすいタオルを使うのではなくて、吸水性の高いマイクロファイバーを使いましょう

 

グラスの洗浄

ガラスのコップ・ワイングラスなど、ピカピカにしておきたい食器はピュアウォーターで洗うのがおすすめです。

 

水道水はミネラルによって水あかが残りやすくなってしまうので、美しい状態を保ちたい場合はピュアウォーターをおすすめします

 

ピュアウォーターはただ飲料水として利用するだけでなくて、料理に使うのはもちろんコーヒーやお茶に混ぜるのもOKです。

 

また美容に使えたり、掃除に使えたりと使い道の幅が広いですよね!

 

飲料水としてのむだけでは、不安!という方はいろいろなものに混ぜてみたり、美容・掃除にぜひ役立ててみてくださいね!

 

 

ピュアウォーターって体に悪いって本当?飲むとどうなるの?のまとめ

  • ピュアウォーターは体に悪くない
  • ただし通常の水に比べて「溶解性」があるので飲みすぎには注意する
  • ピュアウォーターは水中にあるほぼ全ての不純物が除去された水のこと
  • ミネラルウォーターとの違いはミネラルが含まれているかどうか
  • ピュアウォーターはROフィルターを通して作られる
  • ピュアウォーターのメリットは安全性が高い、長期間保存ができる、赤ちゃんのミルクづくりに最適
  • ピュアウォーターのデメリットはミネラルが含まれない分美味しさを感じない、開封後は日持ちしない、不純物が入ると雑菌が増えやすい
  • ピュアウォーターばかり飲みすぎるとナトリウム欠乏症になる
  • ピュアウォーターは料理、炊飯、お茶やコーヒーに混ぜる、洗顔や髪のセット、薬を飲む、鏡・ガラス掃除、グラスの洗浄に使える

ピュアウォーターを飲んだからと言って体に悪いわけではないので上手に使い分けながらピュアウォーターを飲みましょうね!

 

 

 

 

© 2021 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5