広告

ラカントSの糖質は99.8g!?糖質制限できるって本当?

頑張って糖質制限をしているけど続かないということはありませんか?

わかります。私もなかなか続かず、途中で断念したことがあります。

せっかくなら無理なく長く続けられる方法が知りたいですよね。

今回ご紹介するのは、甘味料のラカントSです。普段料理で使っている砂糖をラカントSに置き換えるだけで、糖質制限ができるそうです。

普段使っている調味料を置き換えるだけなら、私にも長く続けられそうです。

そこで調べてみたのですが、ラカントSは糖質99.8gと意外と高めで驚きました。

ラカントSで糖質制限できるというのは本当なのか、ということについてまとめました。ぜひ、参考にしてみてください。

 

 

ラカントSの糖質は99.8g!?糖質制限できるって本当?

結論から言うとラカントSは糖質制限できます

糖質が99.8gもあるのに、どうして糖質制限ができるのか疑問ですよね。

実はこれには、主成分のエリスリトールが関係しています

エリスリトールは、炭水化物・糖質に分類されます。栄養成分表示では、100gあたり炭水化物・糖質99.8gとありますが、これはエリスリトールによるものです。

この成分は体内で吸収されず、ほとんどが尿として排出されるため実際には糖質を摂取したことにはなりません

実際に血糖値も上がらないため糖尿病の方でも使えますし、糖質制限の甘味料としても使えます。

 

 

糖質制限もできてカロリー0!ラカントSとは?

引用:ラカントS HP

ラカントSは羅漢果(ラカンカ)という植物から作られた甘味料です。

お菓子作りや料理をするときに、砂糖の代わりに使うことができます。カロリー0で血糖値も上がらないので、糖質が気になる方におすすめです。

ラカントの魅力をまとめました。

羅漢果(ラカンカ)とは

古くから漢方として親しまれている、中国桂林地方で自生するウリ科の植物です。

人工受粉などの手間が煩雑で、中国政府が”保護植物”として指定し、生の果実を国外に持ち出すことは禁止されています。

 

人工甘味料が一切使われていない

ラカントSは人工甘味料が一切使われていません

最近、ダイエットコーラなどダイエット飲料に関する良くないニュースが多くなってきました。

人工甘味料を摂りすぎると糖尿病のなりやすくなるとか、逆に太るとか。また、人工甘味料の多くに副作用があるのではという話もあります。

1日に何リットルも飲まなければそこまで問題ないという意見もありますが、やはり人工甘味料が使われていないというのは安心ですよね。

 

砂糖の代わりに使うときは同じ量でいい

引用:ラカントS HP

砂糖と同じ甘さなので、面倒な重量換算をする必要がありません。

レシピに書いてある砂糖の量をラカントに置きかえるだけで手軽にカロリーや糖質がオフできます。

 

どうして砂糖と同じ甘さ?

引用:ラカントS HP

ラカントSが砂糖と同じ分量で使えるのには理由があります。

実はこれには、羅漢果という果実から取れる羅漢果エキスと、トウモロコシから取れるエリスリトールという成分が関係してきます。

 

エリスリトールとは?

エリスリトールは天然由来でカロリー0の甘味料ですが、甘味が砂糖と比べると70%ほどしかありません。

エリスリトールを使うときは、砂糖と同じ甘さになるように分量を増やすといった計算が必要になります。

そのためラカントSは、砂糖の300倍の甘さを持っている羅漢果エキスで甘みを補っています。

そのため、ラカントSは砂糖と同じ分量で使用することができます。

 

他の甘味料よりも下痢になりにくい

ラカントSは、他の甘味料に比べて下痢になりにくいです。

ガムのパッケージに「食べ過ぎるとお腹がゆるくなることがあります」と書かれているのを見たことはありませんか?
実はこれは甘味料によるものです

甘味料がダイエットに良いという理由は、砂糖と違って体内に吸収されないからです。

腸で吸収されないと浸透圧が高まり、水分量が増えて下痢になります。

ラカントSに含まれるエリスリトールは、腸で一旦吸収されるため浸透圧による下痢も起こりにくくなります。

 

加熱しても甘さそのまま

ラカントは熱に強く、加熱調理しても甘味が損なわれません。

そのため、煮込み料理やグリル料理、ケーキやクッキーなどの焼き菓子づくりなど、幅広いメニューに使うことができます。

使い勝手が良いので、有名パティシエの方々にも選ばれるほどです。

ちなみに、ラカントは商品の性質上カラメル化をしません。

カラメルを作ることはできませんので、ラカント単体での加熱のし過ぎには注意が必要です。

 

 

ラカントSの危険性は?糖尿病になるって本当!?

ここまでラカントSの魅力をたくさんお伝えしてきました。

ですが、甘味料と聞くと体に良くないイメージを持つ方もいらっしゃると思います。

そこで糖尿病になるという噂妊婦や子供が摂取しても大丈夫かについてまとめました。

 

ラカントSは糖尿病になる?

糖尿病になりやすいという噂は事実ではありません

ラカントに含まれるエリスリトールという成分は、一般的な糖質とは異なり、尿と一緒に排泄されます。

そのため、血中の血糖値やインスリン濃度に影響を及ぼすことはほとんどありません

そもそも、ラカントSは糖尿病患者のために作られた甘味料です。

医師100名のうち99%が推奨する「医師の推奨意向確認済み商品」にも認定されているので、安心ですね。

 

妊婦や子供が摂取しても大丈夫?

妊婦さんやお子さんでも安心して摂取できます。

ラカントSの主成分であるエリスリトールは、単回経口投与、反復経口投与、生殖毒性、変異原性・抗原性試験(アレルギー性試験)、代謝試験などが実施されており、安全性は証明されているそうです

しかし、妊娠中は普段口にされている食品でも体調を崩す場合がありますので、心配な方は担当の医師にご相談されることをおすすめします

さらに、消化器官が未熟な新生児乳幼児に与えることはおすすめされていないとのことですので、注意が必要です。

 

 

ラカントSの糖質は99.8g!?糖質制限できるって本当? まとめ

  • ラカントSは糖質制限できる
  • 糖質は高いが、尿として排出されるため糖質を摂取したことにならない
  • ラカントSは人工甘味料が一切使われていない
  • 加熱調理しても甘さはそのままなので、いろいろな料理に使える
  • 血糖値が上がらないので糖尿病の方でも使える
  • 妊婦さんやお子さんも安心して摂取できる
  • 新生児乳幼児にはおすすめされていないので注意

砂糖をラカントSに置き換えるだけで、糖質制限ができるなんて素敵ですよね。

これならズボラな私でも、継続して糖質制限ができそうです。

© 2022 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5