お酒

ウイスキーの原料となる穀物の種類について

ウイスキーの原料は、穀物、水、酵母の3つとなっています。使用される穀物についてはウイスキーの種類によって細かい規定があり、例えば、スコッチやジャパニーズウイスキーのモルトウイスキーには、単なる大麦ではなく発芽されたものをつかいます。ここでは、ウイスキーの原料となる穀物の種類について見ていきたいと思います。

ウイスキーの原料となる穀物の種類について

ウイスキーの種類と原料について

生産国 ウイスキーの種類 原料

スコットランド

モルトウイスキー モルト(大麦麦芽)のみ
グレーンウイスキー トウモロコシ、小麦、大麦、モルトなど
アイルランド シングルポットスチルウイスキー モルト、大麦、オート麦など
モルトウイスキー モルトのみ
グレーンウイスキー トウモロコシ、小麦、大麦、モルトなど
アメリカ バーボンウイスキー トウモロコシ51%以上、モルト、ライ麦、小麦など
ライトウイスキー ライ麦51%以上、モルト、小麦など
ホイートウイスキー 小麦51%以上、モルト、ライ麦など
コーンウイスキー トウモロコシ80%以上、モルトなど
カナダ フレーバリングウイスキー ライ麦、トウモロコシ、モルトなど
ベースウイスキー トウモロコシ、ライ麦など
日本 モルトウイスキー モルトのみ
グレーンウイスキー 小麦、トウモロコシ、モルトなど

ウイスキーの原料となる大麦の分類について

大麦は小麦、トウモロコシ、米とともに人類が食用とする重要な穀物です。その歴史は大変古く、人類が利用し始めたのは1万年ほど前を言われています。

大麦は小麦などと比べると、グルテンが少なく、粘り気がないため、粉にしても加工しにくいのが特徴と言われています。そのため、食用として用いられる以外に、ウイスキー、ビール、焼酎などの酒類や、味噌、醤油などの原料としても使われています。

大麦の品種には、二条種と六条種があって、それぞれ特徴が異なります。

 

 

-お酒

© 2021 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5