暮らしの知恵

アメ横の由来はアメリカそれとも飴のこと?

年末になると、必ず行く年来る年とかで、放送される、アメ横商店街。

でも、アメ横って、地名でもないし、ちょっと変わった名前ですよね。

そのあたりの由来についてまとめました。

アメ横の由来 もともとは飴屋横丁だった!

もともと、アメ横は、終戦直後に誕生した、いわゆる闇市から生まれた

商店街です。

最初は、上野を逆読みした「ノガミ闇市」と呼ばれていて、流れ者や

復員兵が食料品や日曜雑貨などを販売していました。

やがて、この闇市で販売されるようになったのが、サツマイモのデンプンからつくった

「イモ飴」になります。

終戦直後は甘いものがあまりなかった時代ですので、当時の人々の間で大いに

人気を呼ぶことになり、ノガミ闇市には、イモ飴を求める人が次々と増え、

闇市の一体は、飴屋だらけになっていきました。

こうして、「飴屋横丁」と呼ばれるようになっていきました。

アメ横の由来はアメリカ横丁という話。

もともとは、「飴屋横丁」と呼ばれていたわけですが、

実は、この話には続きがあり、後に「アメリカ横丁」と呼ばれるようになっていきます。

終戦後、まだ5年しか経っていない、1950年(昭和25年)に朝鮮戦争が勃発しました。

そして、当時日本に駐留していたアメリカ兵が、小遣い欲しさに様々な品を、飴屋横丁に

横流しするようになりました。まさに、ギブミーチョコレートの世界なわけですが。

横流しが行われた商品は、実に多岐に渡り、洋酒やチョコレート、

衣料品、化粧品、貴金属といった

およそ、当時の日本人が簡単には手に入れることのできない製品が、

数多く出回るようになりました。

ここから、飴屋横丁は、アメリカ製品にちなんで「アメリカ横丁」とも

呼ばれるようになりました。

つまり、アメ横のルーツは「飴」にありますが、いつしか「アメリカ」という

意味も、兼ね備えるようになったということなのです。

 

-暮らしの知恵

© 2020 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5