広告

【カシューナッツの育て方】ベランダでは栽培できないってホント?!

カシューナッツは、お父さんの晩酌のお供や女子のコバラおやつ、中華料理まで幅広い用途で人気のナッツです。

でも、カシューナッツの苗や種を見かけることは、あまりないですよね。カシューナッツの育て方、苗や種の入手方法、栄養成分や美容効果も解説します!

 

 

【カシューナッツの育て方】ベランダ栽培NG?!

香ばしくて、クセがない味で人気のカシューナッツ、おつまみやサラダのトッピング、炒め物など楽しみ方もさまざまです。そんなカシューナッツの育て方を調べてみました。

 

カシューナッツはベランダ栽培NG?!

ジェリービーンズのような曲線が特徴のカシューナッツ、どんな風に生っているかご存じですか?

実は…木に生るんです!!私は、この記事を書くまで、落花生やじゃがいものように、土の中にできるものだと思っていました…。

カシューナッツがとれるカシューは、海外原産の植物ですが、日本でも育てることが可能です。ただし、常緑高木(じょうりょくこうぼく)で、大きく育つ種類のため、ベランダ栽培には向いていません。

広い場所で育てる場合でも毎年、定期的な剪定をして、育ちすぎた枝を手入れしてあげる必要があります。

 

カシューナッツの育て方

カシューナッツは、中南米原産の植物、カシュー果実の種子に入っている「仁」の部分です。

ひまわりや梅干しの種を割ると、中に白い実のようなものが入っていますよね。あの部分です。

育てるには原産地に近い気温、20度以上が適温とされています。10度を下回ると育ちが遅くなり、5度を切るとカシュー自体が壊死してしまうため注意しましょう。

土は植木鉢、路地植どちらの場合も、赤玉土に完熟腐葉土をまぜることを推奨されています。p.h6.5が目安です。

種から発芽まで

  1. 種を水に入れて、丸1日、常温で保管します。
  2. 適当な大きさの植木鉢を用意して、種まき用の柔らかい土の中へ埋めてください。深さは2cm位が適しています。
  3. 発芽するまでは、土の表面が湿った状態を保ってください。約1~4週間で芽が出ます。
  4. 苗の高さが10cmくらいに育ったら、大きめの植木鉢へ移しましょう。高さが20cmくらいになるまでは、室内管理が推奨されています。

高さ20cmまで育ったあと

  1. さらに大きな、深めの植木鉢へ移します。
  2. 一日6時間程度、日光にあてる必要があります。植木鉢を日当たりのよい場所においてください。
  3. 初期の開花までは約3年かかります。それまでは、1年ごとに2周り大きい植木鉢へ移し替えましょう。
  4. 水は、土が乾いたらあげる程度で構いません。植木鉢の受け皿に水を溜めるのは避けましょう。
  5. 肥料は5月と9月の年2回程度、魚粉を与えてください。
  6. カシューの木は上に向かって伸びていきますが、程よく枝も出てくるため、様子をみて剪定してください。
  7. 病害虫は、アブラムシや、カミキリムシに注意が必要です。幹に木くずが落ちていないか、穴が開いていないか、定期的にチェックしましょう。

カシューは、中南米原産でウルシ科カシューナット属の常緑高木です。そのため、湿気や寒さに弱く、適度に雨がふる熱帯地域や亜熱帯地域を好む植物です。

現地で花が咲くのは11月から3月で、雨が少ない時期に開花します。開花後は、だいたい2ヶ月から3か月で実をつけはじめ完熟します。日本の気候だと、4月下旬から5月ごろに開花することが多いとされています。

 

カシューの苗や種子の入手方法

季節限定販売ではないため、在庫があれば原則、園芸店などで扱っています。ITANSEマルシェ青空など、通信販売で扱っている会社もあります。

ただし2022年3月現在、苗も種も販売している園芸店は見つけられず、次の入荷時期も不明とのことでした。参考価格として、種は約2,500円/5粒~、苗は約6,800円~です。

 

 

カシューナッツの栄養成分や実について

カシューナッツは、カシューの偽果(ぎか)にあたる「カシューアップル」の種子内にある「仁」の部分です。

でも、カシューアップルを実際に見たことがある方は、多くないのではないでしょうか。カシューアップルは、鮮やかなビタミンカラーで洋ナシのような形です。

種子はカシューアップルの下に、縦にぶら下がるようについています。そんなカシューナッツの栄養成分について解説します!

 

カシューナッツの栄養成分

「カシューナッツ」と一般的に呼ばれているのは、種子の中にある「仁」です。仁には、その植物が発芽するための栄養が詰まっており、他の部分よりも栄養分が豊富です。

たんぱく質やビタミンB1、ビタミンK、オレイン酸、葉酸、亜鉛などが含まれています。オレイン酸や亜鉛には、アンチエイジングや肌のターンオーバーなど、美容効果が期待できるとされています。

栄養分 はたらき
たんぱく質 筋肉や臓器、皮膚などをつくり、ホルモンや酵素など身体の機能調整もおこなう。
ビタミンB1 疲労回復効果が期待できる。
ビタミンK 出血時に血を固めて出血をおさえたり、丈夫な骨作りに必要な成分。
オレイン酸 血液中の、悪玉コレステロールを下げる効果や、抗酸化作用でアンチエイジング効果が期待できる。
葉酸 赤血球の生産を助けて、貧血予防の効果が期待できる「造血ビタミン」とも呼ばれている。妊娠初期の間食に取り入れることで、胎児の発育もフォローする栄養分。
亜鉛 味覚を感じる、味蕾(みらい)細胞を作るときに必要なミネラル。亜鉛が不足すると味を感じにくくなることがある。また、肌のターンオーバーを助ける効果が期待できる。亜鉛は身体に貯められない栄養素のため、こまめな摂取が必要。

 

カシューナッツのカロリーや摂取量

身体によい栄養素を豊富に含んでいるカシューナッツですが、飽和脂肪酸も多く含まれており、食べすぎると肥満の原因となります。

一日の摂取量は、だいたい10粒(15g)を目安としてください。10粒(15g)で約90kcalとなっており、バナナ約1本分のカロリーと同じです。

 

カシューアップルは食べられる?

カシューアップルの実物は、日本ではなかなかお目にかかりませんが、ベトナムやインドなどでは食べられています。

良く熟した桃のような触感で、南国系フルーツの甘さに加えて、苦みや渋みもある独特な味わいが現地で親しまれているそうです。

品種によって色と形が違っており、黄色の品種はやや細長く、赤色の品種は横に太い形をしています。完熟したカシューアップルの皮は、とても薄く傷みやすいため、生産国内で消費されることが多いのだとか。

海外では、生の果実をそのまま食べるほか、ジャムやチャツネ、ジュースなどの加工食品もあります。

日本だと、楽天市場でカシュージュースの扱いがありました。渋みや苦みが苦手な方は、リンゴジュースとブレンドすると飲みやすくなりますよ。

 

 

カシューナッツは生で食べると毒がある?!

カシューナッツは生の状態では、カルドールやアナカルディウム酸、アミグダリンなどの毒物が含まれており危険です。

生のカシュー種子や、生カシューナッツが手に入った場合も、絶対にそのまま食べないでください。

なお、カシュー自体がウルシ科の樹木でもあり、種子の殻部分に「ウルシオール」という、触れるとかぶれる成分が多いため注意が必要です。

これらの身体に毒となる成分は、高温で加熱し、成分除去することで食べられるようになります。

日本で市販されている食用のカシューナッツは、天日干しして、加熱乾燥した後にドライローストされています。

ドライロースト後、殻をむいて品質を選別してから出荷されているため、安心してくださいね。

 

 

【カシューナッツの育て方】ベランダでは栽培できないってホント?!のまとめ

まとめ

  • カシューナッツが生るカシューの木は常緑高木のため、ベランダ栽培には不向き。
  • 中南米原産の植物のため、育てるには20度以上が適温とされている。
  • カシューナッツはカシュー種子の「仁」にあたる部分。
  • カシューナッツには、たんぱく質やビタミンB1、ビタミンK、オレイン酸、葉酸、亜鉛などが含まれている。
  • カシューナッツは生の状態だと、カルドールやアナカルディウム酸、アミグダリンなどの毒物が含まれており、生食は危険。
  • 日本で市販されているカシューナッツは、加熱乾燥後にドライローストしてあるため、安全。
  • カシューナッツの間食としての摂取量は、一日10粒(15g)が目安。

カシューナッツについて、栄養成分や間食として食べる場合の摂取量、育て方などを紹介しました。

海外原産の植物でもあり、温度管理や日々の水分量など細かい配慮が必要なため、自宅での栽培はちょっと大変かもしれません。

食材としてのカシューナッツ自体は、スーパーやコンビニなど、さまざまな場所で手軽に購入できます。

おいしくて、身体に嬉しい成分が豊富なカシューナッツを、ぜひ生活の中にとりいれてくださいね。

© 2022 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5