暮らしの知恵

松茸のぬめりの原因は何?洗い方は?食べても大丈夫?

松茸と言えば、秋の高級食材の代表格のような食材ですよね。あんまり、ひんぱんにお目にかかるものでもなく、せっかくいただくときには、少しでも美味しくいただきたいものです、そんな松茸に、なんだかぬめりが!食べても大丈夫なんでしょうか。今日はその辺についての記事になります。

松茸のぬめりの原因は何?

松茸って、言うまでもなくきのこの一種です。そして、きのこの類は、水分が90%以上となっています。このため、ちょっと、水を多く含むと、なんだか、ヌルヌルしているように思える場合があります。これが、松茸のぬめりの原因です。

よほど、ドロドロになっているなら問題ですが、多少、ヌルヌルしているぬめりがある状態というのは、むしろ正常な状態です。腐っているわけではありませんから、きちんとぬめりを取ってから食べるようにしましょう。

松茸の洗い方でぬめりは取れる?

前述の通り、松茸のぬめりは、腐っているわけではありません。ですから、きちんとぬめりを取れば、美味しくいただけます。では、どのような洗い方でぬめりを取るかという話になりますが、

松茸を洗うときに厳禁なのは、あまりゴシゴシとやらないこと、流水を使わないことが重要です。香りが命の食材ですので、なにかとデリケートです。

松茸の洗い方はどうやる?

松茸を洗うときには、ボールに水をはり、その水に松茸を入れ洗います。流水で洗うのはダメです。ボールに松茸を入れたら、さっと短時間で、指でやさしくこするように洗います。洗った後は、キッチンペーパーやふきんなどで、水気をしっかり拭くようにします。

-暮らしの知恵

© 2020 これちょっと気になる Powered by AFFINGER5