お墓参りの花はどんな種類 いくら位のものを どこで買うのが適切?

暮らしの知恵

久しぶりに実家の墓参りに行こうと思ったのですが、あまりに久しぶりなので、

お花とか何を持っていったらわからない。。家の近所に有名なお寺があって

最寄り駅からお寺までは、結構なお花屋さんがあり、お盆が近くなると、

お墓参りの方がたくさんお見えになります。

せっかくなので、お墓参りに持っていくお花の種類、いくらぐらい(金額)、どこで買う、

といったあたりについて調べました。

スポンサーリンク

お墓参りの花はどんな種類が適切?

お墓参りのときに供える花というのは「仏花(ぶっか)」といいます。

このため、お花を選ぶときも、仏花として選んでいく必要があります。

まあ、お寺の近くのお花屋さんで、「墓参りに持っていくんですが?」

と相談してみれば、快く相談に乗ってくれるでしょう。

とはいえ、基本的には、お墓参りに持参するお花にこれでなければ

いけないという決まりはありません。

かといって、なんでも良いかと言うと、そんなこともなく、

お墓参りには、向かないと言われる花は、確かに存在します。

具体的には

・お花に棘(トゲ)がある場合

トゲで有名なバラとか、アザミは避けたほうが良いでしょう。

・お花にツルがある場合

いろんなところに、ツルが伸びていってしまっても困りますので。

・お花に毒がある場合

お墓参り、小さなお子さんとかも、当然家族連れとかでお越しになるでしょう。

お花の毒を触ってしまうといったことが、ありえないとも言えません。

・お花の香りが強すぎる場合

特に、墓参りに持参する事が多い、ユリの花は、意見が分かれるところです。

大変仏花としては人気のあるお花なのですが、香りが少々きついのと、

花粉の取扱が、結構厄介です。

墓石との相性が悪いと、最悪、墓石が変色して、色が落ちないといった

話になりかねません。

このため、ユリの花を持参する際には、お花屋さんで、花粉をよく落としてもらってから

持参するようにしたいものです。

と、ここまで避けたほうが良いお花を見てきましたが。

そうかあ、近所のお花屋さんで売っている、菊の花や、かすみ草って

花粉とか、縁がない感じです。

仏花として選ばれるのには、そんな理由もあるのかもしれません。

スポンサーリンク

お墓参りの花はいくらぐらいが適切?

お花って、生き物ですし、需要と供給の関係から、墓参りに来られる方が

多くなる、お盆の時期は、普段より、少しづつ金額が高くなっていく傾向にあります。

駅前の京急ストアで売っているお花は、もちろん、ボリュームにもよりますが、

1束、500円~700円といったところでしょうか。

お墓参りにお供えするには、左右の花立てに飾るひつようがあるので、

2束必要となります。

近所のお花屋さんの傾向を見ると、1束1000円~1200円といったところです。

高いだけあって、お花の大きさとかもよく揃っていて、さすがはお花屋さんと

思うことも多いです。

スポンサーリンク

お墓参りの花はどこで買う?

お墓参りのお花、まさか、Amazonで買うわけにはいきませんよね。(笑い)

家の近くで買って、電車の中で花束抱えて。。。というわけにもいかないので、

実質的には

・お寺の近所のお花屋さん

・お寺の最寄り駅の量販店(スーパーやホームセンター等)

・お寺(霊園)で購入する

といった話になると思います。

有名なお寺の近所には、たいてい、お花屋さんがたくさんあるものです。

お墓に供えるお花のこともよくわかっている店員さんが多いこともあり、

お寺の近所のお花屋さんで買うのが、個人的には一番オススメです。

確かに、お盆のシーズンになると、お花屋さん大繁盛しています。

1束1000円程度ですので、ちょっと値が張るかなあという気はします。

 

お寺の最寄り駅の量販店という選択肢も、悪い選択肢ではないでしょう。

メリットは、金額が安いということになります。まあ、価格なりといった

ところはあるかもしれません。

 

最後の、お寺(霊園)で購入する場合ですが、これも、とっても無難な

お花を準備していただけそうでおすすめなのです。

なんといっても、荷物を少なくできるというメリットは大きいと思います。

が、お寺によっては用意されていない場合もありますので、必ず事前の確認が必要です、

そこは、くれぐれもお忘れなきように。

スポンサーリンク

お墓参りのお花についてのまとめ

これまで、お墓参りのお花について、いろいろ見てきましたが、

基本的には、故人に対しての思いが大事と言ったところがありますので、

あんまり、堅苦しく考える必要はないと思います。

特に、故人の方が好きだった花があれば、そのお花を供えるのが、一番無難ですし。

なんだかんだ、個人的には、お花屋さん一押しな感じです。さすがは専門家なのかもしれません。

また、暑い夏の盛りに、お花屋さんのお姉さんが打ち水をしながら

お花を売っている姿を見れるのは、ある種、楽しみだったりします。(笑い)

 

コメント